HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/daily-tweets/320616/

地曳いく子さん新刊『60歳は人生の衣替え』を読んで、50代から「新しい自分」にアップデートしていこう!

スージー

スージー

今年の母の日には、黄色いカーネーションをもらいました。花言葉は「美」と「友情」。母と子が親友のような関係という方に選ばれがちだとか。親友というと聞こえはいいが、最近は子供に相手をしてもらっている感が強い25回目の母の日です(笑)。やぎ座のB型。フルートを吹きます。

記事一覧を見る

アラカン仲間の皆さま。最近、自分、変わったな〜と感じることって何がありますか?

 

私は、体力・気力の衰え、体調の不安定はもちろんですが、物ごとの好みなんかにも変化が訪れている気がしています。

 

このあいだのGWに、お洋服の棚卸しというか、クローゼットから服を全部出してみて、全体像を見てみる(つまり、あまりに多すぎる、洋服が好きすぎるので、減らしていこうキャンペーン)というのを実施。

 

そうしたら、以前は「これからも着る OR もう着ない」で処分を選べたのが、「これからも着たい気持ちはある、BUT もやもやもや〜(心象風景)」という状況に陥るブツが多くなってきて、お片付け基準になにか変化を感じたんですね。

 

好きなもの、着たいものを着るという主義は変わらないとして、毎年変わる気分の変化とは違う、根本的な何か。

 

言ってみれば「もう気持ちのいいものしか着たくない」みたいな。たとえ、どんなに好きなものでも。かわいくって好きなんだから、多少のことには目をつむって着ちゃうも~ん、だったこの私が・・・・・・。

 

そんなアラカンスージーの元に届いたのが、コレです。

60歳は人生の衣替え

 

本日ご紹介するのは、OurAgeでもお馴染み、スタイリスト・地曳いく子さんの新刊『60歳は人生の衣替え』

 

なんと、タイムリーにGWで感じた私の「なんかな〜」に寄り添ってくれた一冊でした。私たちの目の前にある「変化」とどう向き合っていくか、いく子さん流のヒントがてんこ盛り。

 

本の「はじめに」で、いく子さんは言っています。

 

「50代までは、まだ変化に対して、工夫や気力でどうにかこうにかあらがって生きることができた。でも60代からは無理をせず、変化を受け入れて、流行りの言葉で言えば”持続可能”な生き方をすることが、自分にとっても周りにとっても大事なんじゃないだろうか、と。」(『60歳は人生の衣替え』より)

 

私が、まだ着たい洋服に感じた「もやもやもや〜」は、自分にとって”持続可能”じゃないよね~という気づきの信号。そーだったのか~。冒頭で、お悩み一個、解決です。

 

さらに、続けていく子さんは言います。

「季節が移り変わるように、人生も夏から秋、秋から冬へと移り変わっていくのではないでしょうか。季節の移り変わりに逆らうことはできないように、いくら嘆いてみても人生の季節に逆らうことはできません。(中略)季節が変わったら何をすればよいのでしょう? それは、衣替えです。」(『60歳は人生の衣替え』より)

 

じゃあ、どうやって「人生の衣替え」していけばいいですか?

 

その答えが、この一冊に。

 

ではでは、著書の中からスージーの心に特に響いたワードをいくつかご紹介。

 

・ときめくけれど着られない服

・限りあるおしゃれパワーを「自分を上げる」ということだけにそそぐ

・「30年前からタイムスリップしてきた人」になっていませんか?

・ベーシックもの選手交代

 

どんな文脈で、これらが出てきたか、気になるでしょう??

おしゃれだけでなく、メンタルの衣替えについてもアドバイスもらえますよ〜。

 

ぜひ、お手にとってお読みくださいませ。

 

●絶賛発売中!

『60歳は人生の衣替え』 地曳いく子 著 1540円/集英社

 

『60歳は人生の衣替え』(集英社)

 

「歳なんて単なる数字」と粋がっていた著者さえ、還暦を過ぎれば、朝起きれば節々は痛み、女性ホルモンの枯渇からか気分まで鬱々。さらにはコロナ禍の自粛生活で完全なる運動不足に! では、頑張って年齢に抗う? いえいえ、これから必要なのは、季節の移り替わりを受け入れてその季節を楽しむということ。おしゃれも生き方も“衣替え”して、Over60からの「季節」を楽しみませんか?

■詳細はこちら

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第487回/back numberの東京ドーム公演で、あれこれ思い出したこと

次の記事>

次の記事>
第489回/ただ今ブレイク中の「50歳からのごきげんひとり旅」って?

この連載の最新記事

「犬派?猫派?」問題は永遠の課題?あなたはどちら派?

第591回/「犬派?猫派?」問題は永遠の課題?あなたはどちら派?

塩いらず! オイルとビネガーだけで絶品ドレッシング! サラダが変わる、ハマる2本に出会いました!

第590回/塩いらず! オイルとビネガーだけで絶品ドレッシング! サラダが変わる、ハマる2本に出会いました!

【更年期、54歳・編集者の場合】ホットフラッシュを感じてすぐにエクオール検査。HRTで肌の乾燥やかゆみも解消!

第589回/【更年期、54歳・編集者の場合】ホットフラッシュを感じてすぐにエクオール検査。HRTで肌の乾燥やかゆみも解消!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル