HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/daily-tweets/320749/

back numberの東京ドーム公演で、あれこれ思い出したこと

すぎ

すぎ

趣味は好きなバンドのライブ追っかけをしながら、全国のおいしいものを食べること。
摂生のストレスよりも心の健康を一番に、楽しい! 幸せ! と思える毎日を送りたいと思っています。(ただ自分に甘いだけ……かも?)

記事一覧を見る

こんにちは。東急プラザ渋谷にて5月21日(日)まで開かれているSAI 2022写真展に、あの日の感動が蘇り、胸を熱くしたライブ大好き編集者のすぎです。

SAI2022写真展フラッグ 東急プラザ渋谷 ACIDMAN

入場無料、撮影&拡散OKという太っ腹ぶりも嬉しい限り。

SAI写真展 ミスチル 東急プラザ渋谷

やっぱりステージの上のミュージシャンってカッコイイですね!

SAI写真展 ACIDMAN 東急プラザ渋谷

 

さて、そのSAIにも出演していたback number。

SAI写真展 back number

私がback numberを知ったのは、2015年の3月初旬。新宿の街をふらふら歩いていたときに、西武新宿駅の斜め前にあるユニカビジョンという大型スクリーンから流れてくる音楽に、「なんか好きな感じのバンドかも」と思ったのがきっかけです。

 

見れば横浜アリーナでのライブ映像。「え? そんなに大きな会場でやるほど人気なんだ」なんて思っておりました。ごめんなさい。

 

実はその時、スピッツ味を少し感じて「好きかも」と思った記憶があり、はたしてあの曲はなんだったのかと探ってみたところ、『繋いだ手から』だったのではないかと・・。

 

(「バックナンバー ユニカビジョン」と検索すると、その時期も流れた曲もわかるという、本当に便利な時代になりましたね)

 

声や歌の内容は全然違うのですが、イントロの感じとか、演奏とか曲の展開とか・・スピッツファンの方なら共感してもらえるのではと思うのですが、いかがでしょう?

 

話は脱線しますが、昔々BUMP OF CHICKENにめっちゃハマっていたときに、ファンの人の「バンプとACIDMANが似てる」というネットの書き込みを読み、聴いてみたら「全然ちゃうやん! でもこれはこれで好きかも」と思ったのが、今一番好きなACIDMANとの出会いだったので、「似てる」話に悪意はございません。

 

ドラマ『silent』でも、スピッツが好きな佐倉想君が、耳が聞こえなくなってから仕舞い込んでいたCDの中にback numberのアルバム『ラブストーリー』があって、心密かに「おっ!  好きな音楽のタイプ、共感するわ~」と、にやけていました。

 

 

というわけで2014年に発売されていた4枚目のアルバム『ラブストーリー』をチェック。盛り上がり必至の人気曲『高嶺の花子さん』も、このアルバムに収録されていました。

 

(『高嶺の花子さん』は、ラストの「僕のものに なるわけないか」のオチとともに、「君から見た僕はきっと ただの友達の友達 たかが知人Bにむけられた 笑顔があれならもう 恐ろしい人だ」という最初の歌詞が本当に好きです(笑))

 

気になったらすぐにライブを観てみたくなる私は、2015年6月の幕張メッセ公演に行き、11月には当時所属していたLEE編集部でインタビューをさせてもらいました。

 

ちょうど5枚目のアルバム『シャンデリア』が12月に発売されるタイミングだったのですが、3人ともとても気さくで面白くて、音楽だけでなく人としても大好きになりました。

 

2016年には初のベストアルバム『アンコール』が発売され、2018年には東名阪3カ所5公演のドームツアーを成功させています。

back number 2018東京ドーム フラッグ

そのとき東京ドームで撮っていた写真はこれだけ。ピンボケですみません。

back number CD ユーモア

そして今回、1月に発売された7枚目のアルバム『ユーモア』を引っさげての『in youe humor tour』は、東名阪に札幌、福岡を加えた5大ドームツアーで、全9公演。すべてソールドアウトで38万人を動員したそうです。

 

私は4月16日の東京ドーム公演に参加しました。

back number 東京ドーム2023

ちょうど入場時にゲリラ豪雨に見舞われたため、終演後の夜の写真しかありませんが、ちゃんとフォトブースもありましたよ。

 back number 2023 東京ドーム公演 フォトスポット

1曲目は、朝ドラ『舞い上がれ!』の主題歌『アイラブユー』。昨年の紅白歌合戦と同じ、サビのアカペラで始まるアレンジは、一瞬にして55000人の心を鷲掴み!

そしてロックバンドらしくパワフルな『大不正解』で盛り上げ、back numberの真骨頂ともいえる爽やかな『SISTER』へ。

 

 

「歌詞がいいとか言われてきたのに、今日は『すごい』しか出てこない。語彙力が奪われた」というボーカル清水依与吏(いより)さんのMCに笑い、カッコつけないカッコよさを感じました。

 

ライブの中盤、メンバー3人はたくさんの観客とアイコンタクトを取りながら歩いてドームを半周し、アリーナ後方のサブステージへ。(帰りは反対側をまた半周)。

 

3人が向かい合う形で演奏したのは『ヒロイン』と『手紙』のアコースティックバージョン。

 

「愛されている事に ちゃんと気付いている事 いつか歌にしよう」と、親への気持ちを歌った『手紙』は、アルバム『シャンデリア』の最後に収録されていて、とても好きな曲だったので、個人的には一番の感動シーンでした。

back number メンバー写真

LEEのインタビューの時には「照れくささが限界を突破している曲なので、(親には)これを作ったことも言っていないし、勝手に知ればいい(笑)」と言っていた清水さん。ちなみにドラムの栗原さん(写真右)はお母さんにCDを手渡したそうで、「そんなプレイ、俺はできなかった」と清水さん。ベースの小島さん(写真左)も、親とは「そろそろ就職しろ」的なケンカを相当したとか。

でも全員、一人っ子ではない長男で「愛されがち(笑)」なんて発言もありました。

 

アルバム『ユーモア』からの最新曲(といっても『アイラブユー』や『エメラルド』『ベルベットの詩』『怪盗』などタイアップ曲満載なので、耳慣れた曲が多いのですが)と、彼らの代表曲を絶妙に織り交ぜて、誰もが満足できるようなセットリストの3時間。

 

東京ドームという広い空間にいるのに、とても親密で温かな気持ちになれるのは、back numberならではだなぁと思ったのでした。

東京ドーム内側 back number

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第486回/〈同意の深掘りトーク・後編〉「不同意性交罪」に刑法改正! で、気になる「こんなと…

次の記事>

次の記事>
第488回/地曳いく子さん新刊『60歳は人生の衣替え』を読んで、50代から「新しい自分」にア…

この連載の最新記事

【更年期、54歳・編集者の場合】ホットフラッシュを感じてすぐにエクオール検査。HRTで肌の乾燥やかゆみも解消!

第589回/【更年期、54歳・編集者の場合】ホットフラッシュを感じてすぐにエクオール検査。HRTで肌の乾燥やかゆみも解消!

『ゴールデンカムイ』からのACIDMAN『ゴールデンセットリスト』ツアーを満喫中

第588回/『ゴールデンカムイ』からのACIDMAN『ゴールデンセットリスト』ツアーを満喫中

ブルーレンズのサングラスは、めまい予防のお守りです

第587回/ブルーレンズのサングラスは、めまい予防のお守りです

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル