HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/lifestyle/312062/

カトノリマルシェができるまで

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、TBS『ふるさとの未来』(水曜深夜0時58分~)にレギュラー出演中。YouTube「加藤紀子畑チャンネル」https://www.youtube.com/c/katonorikoも配信中。

記事一覧を見る

「美味しい」って声はこんなに心を嬉しくさせてくれるんだな・・・を実感したのは、先月末に開催した歌手デビュー30周年記念イベント、“カトノリマルシェ”でご提供したランチプレートを召し上がってくださった方々から頂いた言葉のこと。

「何か私らしさのあるイベントがしたい」と考えていく中、実家や自宅、事務所に残っている過去作品のアーカイブを見ていただくほかに、

「最近の私の活動として外せないもの、知って欲しいものは?」を思った時にふと、ここ数年「ノリちゃんのお野菜食べてみたい」「どこで買える?」といったお声をいただくことが増え、またわずかながらにも育てた野菜の味に自信がついてきたというのもあって、「味わって貰う絶好のチャンスかも!」と、決行することにしました。

 

白菜、大根、人参、里芋が美味しくなる季節のイベントにふさわしいメニューはなんだろう?から始まり、毎年山形で作る味噌も味わって欲しいし、山形つや姫観光大使としてお勧めしたい山形のお米もあるし、地元である鈴鹿で人気の豚肉、

「お豆腐親善大使としてお豆腐の魅力も知ってほしい!」

食べて頂きたいメニューはすぐに決まり、早速準備がスタート。

お米の手配、お肉の発注、お豆腐屋さんへの打診、そしてまだ暑さの残る秋の畑で、種を蒔き、苗を植え・・って、ここからイベントの準備が始まるタレントって少ないだろうなぁなんて思いつつ、クワを。

加藤紀子 畑でクワを

ネギを植えるのには慣れているはずなのに、これまで経験してこなかった「誰かに食べてもらうための野菜作り」となると、背筋がピンとなる思い。

加藤紀子 畑で種まき

さらにお借りしているスペースだけでは足りないかも・・との若師匠のアドバイスにより、お世話になっている農園野菜の場所も借りて育てさせてもらうことにもなり、「人参はこっちに」「オレンジ白菜はあっちに」と、広範囲で準備することに。

また野菜作りと並行して、イベントに向けたオリジナルグッズ制作もと、ワイングラスやTシャツ、レザーステッカー、これまでの自分を振り返ったエッセイなどを書いたZINEの他に、

加藤紀子 畑 オリジナル手袋

畑作業時に脱着しやすく、また野菜の感触も伝わる手袋を、野菜を作ってらっしゃる方、園芸などを楽しまれている方にお勧めしたく、サクラカネヨさんとコラボして作らせて頂きました。

(鹿児島で人気のお醤油屋“サクラカネヨ”さんで数年前に見つけてから、何度も買うほどに気に入っている逸品)

 

 

また、野菜を育ててみたい!という方にもトライしやすい種をと、同じく鹿児島で人気の植物&ライフスタイルショップ『ARAHEAM』さんと一緒にセレクトして『お野菜デビューセット』を作ったり。

加藤紀子 お野菜デビューセット 種の品目

なんて、あれこれ作っている間に日々はあっという間に過ぎ去り、雲一つない気持ちよく晴れた先月の終わり、イベントの日を迎えました。

加藤紀子 デビュー30周年イベント 等身大でないパネル

撮影/衛藤キヨコ

 

(発注ミスで等身大じゃないパネルでお客様をお迎えする奇跡)

 

ギャラリーでは、デビュー曲の衣装の展示や過去作品のアーカイブやトークショーを。

加藤紀子 30周年イベント トークショー

撮影/衛藤キヨコ

 

そして召し上がって頂きたいと育てた野菜を使ってのカトノリプレートは、こんなセットになりました!

加藤紀子 30周年イベント カトノリプレート 豚汁など

撮影/衛藤キヨコ

 

お野菜たっぷり豚汁、つや姫、オレンジ白菜の浅漬け、池袋にある「樋口豆腐店」さんで人気の「とうふ想」のやっこ、畑師匠から差し入れ頂いたウドのナムル!

会場としてお借りした渋谷JINNAN HOUSE内にあるカフェ“茶空”のシェフが、とても丁寧に素材に向き合ってくださったおかげで、育てて良かった!なラインナップに。

さらに召し上がってくださった方々が(その数100名様だったなんて、夢のようです)

どなたもほっこりとした顔で嬉しい言葉をかけてくださり、主催者として、また生産者として、本当に幸せな時間が過ごせました。

 

歌手デビュー30年周年、畑デビューは10周年、これからも私らしい活動を楽しく続けていきたいな・・・と、マイク(長らく持ってはいないけど)やクワをしっかり握って、精一杯頑張って行こうと思います。

イベントにお越しくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

手袋などオリジナルグッズの販売、こちらでもお楽しみいただけます!

 

加藤紀子

YouTube 「加藤紀子畑チャンネル」 https://www.youtube.com/c/katonoriko

公式ブログ 「加藤によだれ」 https://ameblo.jp/katonoriko

インスタグラム @katonoriko

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第73回/畑も人生も、掘り起こしてみたら

次の記事>

次の記事>
第75回/畑エクササイズ、スタート!

この連載の最新記事

ようやく畑も春らんまん!

第85回/ようやく畑も春らんまん!

暖冬の畑が育んでいたのは・・?

第84回/暖冬の畑が育んでいたのは・・?

憧れの先輩主催の朝活イベントでお野菜を!

第83回/憧れの先輩主催の朝活イベントでお野菜を!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル