HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/more/264085/

ストレスはどれくらいありますか?またストレスの原因は何ですか?「読者のストレスを大調査」(『データでPON!』 第4回)

〈毎回テーマを決めてOurAge読者にアンケートを実施!集計結果から見えてくる、その生活ぶりとは?〉

今回の『データでPON!』、テーマはストレスです。

 

仕事に家事、子育てや親の世話……毎日フル回転の方が多いOurAge世代。

どれだけの方がストレスを感じているのでしょうか?

またストレスの一番の原因は何でしょう?

 

OurAge読者のみなさんに数回にわたりきいてみた、ストレスについてのアンケート結果を公開!

 

 

Q1 ふだんストレスを感じていますか?〈回答者数1085名〉

 

★「とても感じている」と「少し感じている」が同率1位。程度の差こそあれ、何かしらストレスを感じている方の割合は、合計92%にもなりました。

 

Q2 ストレスの原因は何ですか?〈回答者数1085名〉

1位 将来のこと 11.7%

2位 健康のこと 11.2%

3位 仕事のこと 10.5%

4位 夫、パートナーのこと 8.8%

5位 親、きょうだい、親戚のこと 8.5%

 

★「コロナ禍になる少し前に勤務先が倒産。けれどなかなか新しい職が見つからず、今はアルバイトで食いつないでいます。あちこちの人材派遣会社に登録しても仕事は回ってこず、もうこの先どうしていいかわからない」(59歳・パート・アルバイト)、「老母と二人暮らし。将来はおひとりさま確定です。経済面からも将来が不安です」(57歳・その他)、「年齢によるものだと思うが気力、体力ともに減退。なのに家事も仕事も負担が減るわけでもなく、ストレスです。自分だけがいつも疲れているような気がしています」(52歳・会社員)、「年齢的にも疲れやストレスが溜まるばかり。かといってリフレッシュの時間も上手に持てない。この頃は行動力が鈍り、疲れが抜けきれないためか睡眠の質にも影響」(58歳・会社員)、「コロナでリモートワークになって、時間外でも仕事をダラダラと頼まれる事が多い。同僚にグチをこぼすなどして発散したくても、今はできない状態なので、一人で悶々とする事が多くなった」(47歳・会社員)、「実家の母の介護をしています。大変なことがあっても家族は話も聞きたくなさそうだし、もちろん手伝ってくれない。親戚も手は貸してくれないけど、口は出してくる」(61歳・専業主婦)、「主人との時間がストレス。子どもが独立し、主人と二人暮らしになりました。共働きなので平日はいいのですが、土日の休みは主人とふたりきり。家にいるのが憂鬱です」(55歳・会社員)、「子どもが反抗期でストレスです……」(41歳・専業主婦)

 

 

Q3 自分はストレスと上手につきあえていると思いますか?〈回答者数816名〉

 

★「あまり思わない」と「思わない」と合わせると62%に。とはいってもただストレスフルな生活を嘆くのではなく、「仕事とプライベートのメリハリをつけて、もっと自分の時間を楽しむようにしたい」(49歳・会社員)、「義父の介護をしていますが、正直苦痛です。でも苦痛だ苦痛だとばかり思わず、さらりと受け入けいれられるようになりたい」(58歳・専業主婦)、「仕事と子育てに追われています。職場と家の往復だけで一日が終わってしまう。ささやかなものでいいので、何か気分転換になる趣味をもってみたい」(47歳・会社員)といったように、ストレスとうまくつきあう方法を見つけようという前向きな方が多く見られました。

 

一方、「寝る前にベッドの中でゆっくり読書をしたり、音楽を聴いたり。好きなアロマも焚いてリラックスする時間を持つようにしている」(46歳・その他)、「仕事から帰宅後、夕食をとったら好きな音楽をかけ、コーヒーをのみながら飼っている猫とじゃれあう。心からほっとします」(51歳・その他)、「朝起きたらマインドフルネスをするようにしている。マインドフルネスをやると一日の充実感が違う。焦ることが減り、仕事で何か失敗したとしても自分を責めなくなった」(53歳・会社役員)というように、すでにストレスを手放す、回避する時間をつくっているという方もいました。

Q4 ストレスで体調を崩したことがありますか?〈回答者1070名〉

★約70%の方がストレスで体調に影響が出たというショッキングな結果が。

「会社の同僚のひとりと性格的に合わない。でも仕事だからと割り切って一緒に働いてきたつもりだったが、会社の健康診断で腎臓に問題が見つかり、ストレスのせいではとかなりショックを受けた」(56歳・会社員)、「仕事と子育てのバランスがうまくとれず、体が悲鳴をあげている」(41歳・会社員)、「コロナで夫が在宅ワークに。夫は家事を全くせず、自分が使ったコップひとつ洗わない。私も家に籠もりぱなしでストレスが溜まるばかりで、頭痛と腰痛が……」(48歳・専業主婦)、「子どもの受験を控え、家中がピリピリムードです。先日、美容院に行ったら10円ハゲがありますよと言われ、大ショック」(48歳・パート・アルバイト)

 

第4回目「読者のストレスを大調査」、いかがでしたか?

「データでPON!」、次回もよろしくお願いいたします!

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第3回/生活費の節約方法は? 貯金はどれくらい?……「読者のお金にまつわる生活実感大調査…

次の記事>

次の記事>
第5回/あなたの人生は何点ですか「読者の人生の満足度大調査」(『データでPON!』 第5…

この連載の最新記事

「家庭は壊したくないけど、ときめきは欲しい」(51歳)、「男性と付き合うことで、自分が女性であることを実感できる」(50歳)、「もう恋愛する体力が残っていない気がする」(59歳)『データでPON!』 「40代50代読者の恋愛への関心度」

第20回/「家庭は壊したくないけど、ときめきは欲しい」(51歳)、「男性と付き合うことで、自分が女性であることを実感できる」(50歳)、「もう恋愛する体力が残っていない気がする」(59歳)『データでPON!』 「40代50代読者の恋愛への関心度」

「本音を言うと…したい」(52歳)/ OurAge読者に「セックスレスな女性たちの本音」についてアンケート調査を実施

第19回/「本音を言うと…したい」(52歳)/ OurAge読者に「セックスレスな女性たちの本音」についてアンケート調査を実施

「陰唇がのびていた。どうしたらいい?」(49歳)、「黒ずみが気になる。顔のように美白できるの?」(不明)、「もっと若い頃から見ておけばよかった」(54歳)『データでPON!』 SP「自分の女性器(フェムゾーン、デリケートゾーン)、見ていますか?」

第18回/「陰唇がのびていた。どうしたらいい?」(49歳)、「黒ずみが気になる。顔のように美白できるの?」(不明)、「もっと若い頃から見ておけばよかった」(54歳)『データでPON!』 SP「自分の女性器(フェムゾーン、デリケートゾーン)、見ていますか?」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル