HAPPY PLUS
https://ourage.jp/odekake_joshigumi/336905/

ますます人気! 中東系のレストラン

吉田さらさ

吉田さらさ

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

記事一覧を見る

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

 

わたしはイランやレバノンなど中東の国々の料理が好きで、東京都内やその近郊でお店を探し、あれこれ食べ歩いております。以前はあまり馴染みのない食べ物と思う人も多かったようですが、近年ではその美味しさが広く知られるようになり、新規開店も増えてきたようです。今回は最近オープンした中東系料理レストランをご紹介しましょう。

 

 

Trattoria Tabulé(トラットリア タブレ)

横浜のみなとみらい地区にできた新しい商業ビルLIVING TOWN みなとみらい1Fにあります。こちらはイタリアンと中東料理が融合した新ジャンルのお店。

これまでわたしが食べてきたのはそれぞれの国出身の方がシェフを務めるローカル色が強い店が多かったのですが、それとは少し違う洗練された味わいが魅力です。

明るい光が射しこむ店内 
写真提供/オフィスK2M

 

「La Brianza(ラ ブリアンツァ)」をはじめとするミシュラン掲載店舗を複数店運営するオーナーシェフ 奥野義幸さん(左)と、NYミシュラン12年連続三つ星「Jean-Georges」にて日本人初の副料理長を務め、現在は 都内で紹介制レストラン「No Code」のオーナーシェフを務める米澤文雄さん(右)。

 

日本を代表する若き名シェフのお2人がタッグを組んで、中東イタリアンという新ジャンルのお料理を生み出しました。

 

開店のきっかけはコロナ禍中に遡ります。2021年11月、「食で未来を創る」をコンセプトに、米澤さんと奥野さんがClosetableというオンラインサロンを立ち上げました。

これに参加したさまざまなジャンルの方々のプロジェクトや商品を紹介するオフラインの場として、このレストランをオープンしたとのこと。このようなお話を聞くと少し敷居が高く思えるのですが、レストランは誰でも気軽に利用できます。

 

シグネチャータブレ ヨーグルトのソース(1200円) 
写真提供/オフィスK2M

 

店名にもなっているおすすめの料理。タブレとは中東料理を代表するサラダの名前です。

キヌア、パセリ、さまざまな野菜や果物を水切りヨーグルトとともにいただきます。中東諸国では、ヨーグルトをデザートとして食べるだけでなく、料理にもよく使います。

 

熟成ジャガイモのポテトサラダ
ムール貝とグリーンアリッサ(1500円)
写真提供/オフィスK2M

 

2年間熟成させたメイクイーン種のジャガイモをサラダに。ムール貝とグリーンアリッサ。

アリッサ(ハリッサとも呼ばれる)はモロッコやチェニジアなど北アフリカでよく使われる辛くてスパイシーな調味料で、本来は赤いのですが、こちらでは青唐辛子とハーブで作られているので緑色なのが特徴です。

 

カリフラワーのローストと江戸前ハーブとくるみ
ピーナッツバター&スパイシーソース (2100円・ハーフ1400円)
写真提供/オフィスK2M

 

ローストしたカリフラワーにピーナッツバターとカルダモンなどカレー風味のスパイスを使ったソース。くるみと江戸前ハーブとともに。

江戸前ハーブとは、東京都大田区で栽培されるマイクロハーブで、都内の有名レストランのシェフ達を虜にしているものです。栽培しているのは、オンラインサロンClosetableのメンバーである村田好平さん。

 

バジルとフレッシュケールのジュノベーゼ キッタラ (1800円)
写真提供/オフィスK2M

 

ケールとバジルをベースにしたソース。キッタラとは岡山県の老舗製麺所「冨士麵ず工房」の波夛悠也さんが展開する新ブランド「ハタフレスカ」の生パスタ。この方もオンラインサロンClosetableのメンバーです。

 

チキンシュニッツェル 鶏胸肉のカツレツ サワークリームとアリッサ(1800円)
写真提供/オフィスK2M

 

やわらかく仕上げた鶏胸肉をパン粉焼きにしました。

サワークリームとレモンを絞って、中東らしい食べ方を楽しめます。

 

 

お料理は全体的に軽く、ベジタリアンやビーガンの方も食べられるメニューが多いです。また、それほどエスニック色が強くなく、スパイス使いも控えめなので、中東料理ははじめてという方にもおすすめです。

横浜に遊びに行ったついでにランチからお試しするのもよいですね。

 

 

Trattoria Tabulé(トラットリア タブレ)

神奈川県横浜市西区みなとみらい4−2−1LIVING TOWN みなとみらい1F

045-307-6333

営業時間:

ランチ12:00-15:00 Close(14:00LO))

ディナー17:30-22:30Close (21:00 Food LO / 21:30 Drink LO)

水曜定休日

Tabulé Instagram: @tabule_trattoria

 

 

𠮷田さらさ 公式サイト

http://home.c01.itscom.net/sarasa/

個人Facebook

https://www.facebook.com/yoshidasarasa

イベントのお知らせFacebook

https://www.facebook.com/yoshidasarasa2

 


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第193回/見ているだけでハッピーになれる「横尾忠則 寒山百得」展

次の記事>

次の記事>
第195回/画家が作り出す美しい世界 モネ 連作の情景

この連載の最新記事

織田信長の弟 有楽斎が作り上げた美の境地

第202回/織田信長の弟 有楽斎が作り上げた美の境地

日本美術界最高のマルチアーティスト 本阿弥光悦の大宇宙

第201回/日本美術界最高のマルチアーティスト 本阿弥光悦の大宇宙

大自然に宿る神仏と出会う ネパールの旅《後編》

第200回/大自然に宿る神仏と出会う ネパールの旅《後編》

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル