HAPPY PLUS
https://ourage.jp/otona_beauty/126051/

白髪を染める「ヘナ」とは?刺激は?染まり具合は?

髪と頭皮に優しい白髪染めでツヤ髪に!

 

年齢を重ねるごとに頻繁になる白髪染めで、気になるのは髪と頭皮へのダメージ。

悩んでいる人は、今こそ見直すときかもしれません。

 

 

白髪を染める「ヘナ」とは?

 

植物由来のヘアカラーが注目です

昨今のオーガニックブームでヘアカラーにもその波が!
天然成分100%のヘナをはじめ、多彩に登場しているハーブなどを使ったヘアカラーは、試す価値アリです。

 

 

お話を聞いたのは

齋藤 徹さん

(ヘナマイスター、「マシュー広尾」代表)

資生堂美容学校を卒業後、都内のヘアサロン勤務を経て、1996年に「マシュー恵比寿」を開業。ヘナ歴20年の経験をもとに、2017年にヘナ専門サロン「マシュー広尾」をオープン。ヘナ教室も定期的に開講している

 

 

クレオパトラも愛用したと伝わる
ヘナは植物由来ヘアカラーの代表

 

ヘナはインドなどに自生する指甲花という植物の葉を粉末にしたもので、古くからヘアカラーとして使われています。白髪が気になるアワエイジ世代の女性たちの中でも、髪のキレイな女性にヘナをしている人が多いという噂も!

 

「ヘナはヘアカラーだと思っている方がとても多いのですが、実はヘアトリートメントなのです。天然100%のヘナを施すと成分が髪内部に入り込み、オレンジ色に染まります。それと同時にキューティクルの間に付着して髪のハリ・コシを高め、ツヤを与える効果があるのです。このとき、オレンジ色に染まるのは白髪だけ。黒い髪は、ほぼ色は変わらずにツヤ感が高まることになります。

 

通常のヘアカラーは刺激となるケミカル成分によって髪を傷める可能性がありますが、ヘナの場合はダメージがないことが最大の利点。クセやうねりを緩和する効果もあります。色もちもよいので、髪と頭皮に優しい白髪染めとして最適です」(齋藤徹さん)

 

 

 

 

 

次回は、「ヘナ」の染め方について詳しくご紹介します。

 

 

撮影/フルフォード海 イラスト/さとうあゆみ 取材・原文/中込久理 指導&撮影協力/齋藤 徹(マシュー広尾)

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
次の記事>

次の記事>
第2回/「ヘナ」ってどう染めるの?

この連載の最新記事

「白髪隠し」お困りレスキュー②その日だけカバーするタイプ

第13回/「白髪隠し」お困りレスキュー②その日だけカバーするタイプ

「白髪隠し」お困りレスキュー①白髪が染まる一石二鳥タイプ

第12回/「白髪隠し」お困りレスキュー①白髪が染まる一石二鳥タイプ

ホームカラーで簡単「髪の根元」リタッチ

第11回/ホームカラーで簡単「髪の根元」リタッチ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル