HAPPY PLUS
https://ourage.jp/otona_beauty/160442/

全身が粉吹き肌、不快なカサカサなんとかならない?/乾燥老化①

顔や体のカサつきが気になる。ひどいときは粉を吹いたり、かゆみまで…。OurAge世代になると年々深刻化する全身の乾燥。そして、乾燥は肌老化を進ませてしまうという現実も。Part1では、乾燥の原因と対策について、医師や化粧品メーカーの研究員など専門家に話を伺いました。Part2では、保湿の心得と厳選コスメを、Part3では、体・髪・頭皮の乾燥ケア方法についてご紹介していきます。健やかな肌、どうすれば取り戻せる?

 

 

ここがOurAge世代の乾燥ポイント!

カサカサ、かゆかゆ、つっぱり…40代、50代は全身、乾いている!?

 

 

…手触り感も乾燥のサイン

頭皮…実はバリア機能がいちばん脆弱

…個人差がいちばん大きく表れる部位

背中…かきむしりで悪化することも

…見えないからつい油断しがち

手・爪…乾燥&老化が目立ちやすい

太もも…顔に比べて皮脂腺が圧倒的に少ない

…お手入れ不足が如実に表れる

すね…粉吹き悩みを訴える人、多数

かかと…体重を支える負担で角層も分厚く

 

 

編集部に寄せられたアワエイジ世代の乾燥の悩みをご紹介します。

乾燥老化Part1

なんとかならない?
全身の不快なカサカサ、粉吹き、かゆみ!

 

カサカサ、パリパリ、かゆかゆ、粉吹き…。乾燥とそれに伴う不快症状に悩む声が、OurAge世代の女性から編集部に多数寄せられています。あなたも思い当たるのでは?

 

 

顔も体も粉を吹いて困っています。足、背中は、かゆみがひどいです」(40代)

 

「かかと、膝がカサカサ。タイツがひっかかる」(40代)

 

「職場のエアコンで空気が乾燥。夕方になると、顔がパリパリするような痛がゆさが襲ってきます」(50代)

 

腕や脚の乾燥で白く粉を吹き、見るのが嫌になってしまいます」(50代)

 

手指のひび割れがひどくなって痛いです」(50代)

 

「唇にリップクリームを塗らないと、いつも乾燥している。自力で潤うことは絶対に無理」(50代)

 

口角やまぶたの上の部分がカサカサに。ひどいときは割れて出血したりします」(40代)

 

「入浴後にボディクリームをつけても次の日は背中や脇腹がカサカサに」(50代)

 

 

次回は、知っておきたい保湿用語をまとめました。

 

 

イラスト/平松昭子 取材・原文/山崎敦子

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
次の記事>

次の記事>
第2回/乾燥老化②どれだけ知ってる?[保湿]用語集

この連載の最新記事

乾燥老化 ㉘シャンプー後の髪に保湿アイテムをプラス

第28回/乾燥老化 ㉘シャンプー後の髪に保湿アイテムをプラス

乾燥老化  ㉗美髪は頭皮の保湿あってこそ

第27回/乾燥老化 ㉗美髪は頭皮の保湿あってこそ

乾燥老化 ㉖頭皮と髪の乾燥はエイジングを加速!

第26回/乾燥老化 ㉖頭皮と髪の乾燥はエイジングを加速!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル