HAPPY PLUS
https://ourage.jp/otona_beauty/makeup/312362/

40代、50代が品よく軽やかに目ヂカラアップするには「目尻1/3」マスカラ。人気ヘアメイク広瀬あつこさんの、メイクの常識を変える「はずしのテクニック」とは!?

40代、50代の多くが感じている、顔のエイジングの進行と、シミ、シワ、たるみ、くすみといった老化現象の悩み。年齢とともにまつ毛がまばらになり、マスカラをたっぷり塗ってもかえって老けた印象に。多くの指名を受ける人気ヘア&メイクアップアーティスト、広瀬あつこさんが、大人の目元を魅力的に見せるマスカラの塗り方を伝授します。

40代、50代になると、まつげの本数が少なくなり、毛にコシがなくなって寂しい印象に。

 

若い頃のようにマスカラをたっぷり塗っても目がパッチリ見えないばかりか、上まぶたのたるみがまつ毛にかぶさり、マスカラが下まぶたについて黒くにじんでしまいがち。

また、まつげ全体をしっかりカールアップさせると、まつ毛の生え際の粘膜部分が目立ち、目元がぼやけた印象になってしまいます。

 

そこで、MyAge、OurAgeをはじめ、数々の媒体のメイク特集で人気のヘア&メイクアップアーティスト、広瀬あつこさんが「大人のマスカラ」をレッスン。

 

広瀬さんのメイクは、年齢で変化する大人の顔立ちを熟知したうえで、大人をフレッシュにかわいく見せてくれると評判です!

広瀬あつこメイク4-1 本 6807

ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこ さん

 

今回は、広瀬さんが自分で実際に毎日行っている「マスカラの塗り方」を実演していただきました。

まばらなまつ毛がふさふさに見え、ぼやけた印象の目元が自然にくっきり。目に横幅が出て黒目まで大きく見え、目ヂカラが復活します。

 

広瀬あつこ流「はずしのマスカラ」で、貧弱まつ毛を無理なく豊かに。目のフレームを際立たせ、黒目まで濡れたように黒々と見せる塗り方とは!?

 

「私自身40歳を超えた頃から、ビューラーでまつ毛全体をカールし、たっぷりマスカラを塗ると、かえって老けた印象に見えるようになりました。それは、たっぷりのマスカラ液が、まばらになったまつ毛同士をくっつけ、本数を少なく見せてしまうからなんです。また、上まぶたのたるみがまつ毛にかぶさってくると、まつ毛の大半は埋もれてしまいます。せっかくマスカラを塗っても効果的でないばかりか、にじみの原因に。それと、まつ毛を無理に根元から立ち上げてしまうと、まつ毛の生え際の粘膜が目立ち、黒目の印象を邪魔してしまいます」(広瀬さん)

 

大人のマスカラは「目尻1/3だけ」が正解。
目に横幅が出て、黒目まで大きく見えます

左の写真は、マスカラなしで、目尻側1/3の部分にアイラインだけ入っています。

 

右は、目尻側1/3の部分に、アイラインを引いたうえにマスカラを塗った状態。アイラインだけの時より、横にも上下にも幅が広がって目が大きくパッチリ。黒目がより黒々と見え、まなざしが強く、生き生きと見えます。

 

「目尻1/3にマスカラを塗ると、うぶ毛のような細いまつ毛も立派なまつ毛になり、密度がアップ。目尻のフレームがくっきりします。また、加齢などでコシがなくなってきたまつ毛にハリが出て勢いが出るので、先に描いていた目尻1/3のアイラインと重なって、より目幅が強調されて、目がパッチリ見えます。ビューラーは、下向きまつ毛を少しだけ上向かせる程度の、ごく軽いカール感でOK。根元からは立ち上げません。そのほうが、まつ毛の根元から粘膜が見えてしまうのを防げるし、まつ毛が目のフレームを縁取り、自然にアイラインを引いたような効果が出るのです」(広瀬さん)

 

(1) マスカラを塗る前の準備
保存用ラップでマスカラをしごいて、液を調整

広瀬あつこメイク 4-3 本 手元 マスカラ ラップ 

目尻1/3にしかマスカラをつけないので、ブラシを引き抜いたままだと液の量が多すぎます。量が多いと、まつ毛とまつ毛がくっつき、バラけにくくなり、うぶ毛にもなじみにくくなるので、必ず調整するのがポイントです。

 

通常、ボトルの縁でこすり落としたり、ティッシュで拭いたりして調整しますが、広瀬流の調整法は保存用ラップにはさんでしごくやり方。この方法だと、片方の目の目尻1/3を塗るのにちょうどいい量の液がブラシに残り、ティッシュのような紙の繊維がブラシにつくこともありません。

 

ラップに残った液は使えるので、片方の目を塗り終わったら、再びラップでブラシをはさむと、反対側の目の目尻1/3にちょうどいい量の液がブラシに付着します。

 

(2) マスカラの塗り方
ブラシの先端で、まつ毛を下から持ち上げるように塗ります

広瀬あつこメイク4-4 本 6488

マスカラのブラシの先端を、目尻側1/3のまつ毛の根元に押し込み、下から持ち上げながら、毛先に向けてすべらせます。まつ毛とまつ毛の間や目尻に生えている隠れたうぶ毛も、1本1本コーティングされ、立派な存在感あるまつ毛に。

マスカラは、ブラシの先端がゆるやかにカーブしているものが、うぶ毛をキャッチしやすく便利です。

 

●上のメイクで使用したコスメ

 

塗ると瞬時に乾き、汗、涙、皮脂、こすれに強いマスカラ。大人のかぶさりまぶたでもにじまず、仕上がりが長持ち。なぎなた状のブラシのカーブが、目尻1/3に塗りやすい。

 

アイプチ ひとえ・奥ぶたえ用マスカラ ¥1320/イミュ

 

下は、フタをした状態と、容器からブラシを抜いた状態。

「マスカラは、まつ毛をしっかりカールさせて全体に塗り、扇形にバラけさせるのがいいと思っている人も多いのですが、上まぶたがたるんでくる40代、50代の目元には効果的でない場合も。お人形のようにバッチリ上げたまつ毛は、ちょっと無理して若作りしている印象に見えることもあります。加齢とともに、マスカラが下まぶたについてにじみやすくなるため、マスカラをつけることを止めてしまう人もいますが、それはもったいない! 目尻1/3のみのマスカラなら、品よく目ヂカラをアップさせることが可能なので、ぜひ試してみてくださいね」(広瀬さん)

 

しばらくマスカラ離れしていた40代、50代も、これは試してみる価値アリ!

 

無理なく目幅と黒目を強調して、生き生きとした目ヂカラを取り戻しましょう。

 

 

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク・モデル/広瀬あつこ 取材・文/小田ユイコ

 

 

【教えていただいた方】

・広瀬あつこ
・広瀬あつこさん
ヘア&メイクアップアーティスト

大物女優や人気モデル、著名美容家から指名が殺到するほどの人気。さまざまな女性向けメディアの美容企画で、誰でも簡単に真似できて美人になれるメイクテクニックを紹介していて好評。著書に『スマイルメイク』(世界文化社)。

記事一覧を見る

 

イミュ(アイプチ®) 公式ホームページ

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第3回/40代、50代の老けて&疲れて見える目元を「影色シャドウ」でパッチリ印象に!人気…

次の記事>

次の記事>
第5回/40代、50代の老け眉から自然な「抜け感眉」に。人気ヘアメイク広瀬あつこさんの「…

この連載の最新記事

40代、50代に必須。人気ヘアメイク広瀬あつこさんの「中央ハイライト」 で、マスク生活によるむくみ鼻、鼻の下のまのび対策を!

第8回/40代、50代に必須。人気ヘアメイク広瀬あつこさんの「中央ハイライト」 で、マスク生活によるむくみ鼻、鼻の下のまのび対策を!

40代、50代必見。人気ヘアメイク広瀬あつこさんの「かまぼこチーク」で、頰のたるみとフェイスラインのもたつき悩みを解消!

第7回/40代、50代必見。人気ヘアメイク広瀬あつこさんの「かまぼこチーク」で、頰のたるみとフェイスラインのもたつき悩みを解消!

40代、50代の目元老けを解消する「ライムイエロー」のカラーシャドウ。アイメイクの仕上げに「あとのせ」して!

第6回/40代、50代の目元老けを解消する「ライムイエロー」のカラーシャドウ。アイメイクの仕上げに「あとのせ」して!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル