HAPPY PLUS
https://ourage.jp/otona_beauty/makeup/354252/

【40代、50代】レイナ流メイク/血色カラーを仕込んで「アクティブな顔印象」づくり

40代、50代になると顔色がくすんで快活さが損なわれ、お疲れ顔に。ハッピー感まで目減りして、年齢より老けて見られることも。人気メイクアップアーティストのレイナさんがすすめるのは、ベースメイク後、パーツメイクに移る前に血色を仕込んでしまうこと。アクティブな顔印象を先につくることで、パーツメイクのやりすぎ防止にもなります。

「幸せ美人顔」メイクのカリスマ、レイナさん。
ハッピー感の源は「血色の仕込み」にあり!

 

ベースメイクが終わって鏡を見たとき、肌に血色が感じられないと、なんとか元気で華やかに見せたくなり、眉やアイメイク、リップを頑張ってしまいがち。

それは、ナチュラルな肌色のベースメイクだけだと、せっかくメイクしたのに寂しげで、メイクした満足感が得られないからです。

 

そんな悩みを持つ40代、50代はどんなメイクをしたらいいのでしょう?

同じOurAge世代でもあるレイナさんに、自ら実践するメイク法を教えていただきました。

 

レイナさんは、プロのメイクアップアーティストとして第一線で活躍しながら、自身のプライベートサロンで長年にわたって一般女性にメイクレッスンを行ってきた、美人顔づくりのカリスマ。

 

そのメイク術は、メイクに苦手意識を持つ女性でも簡単に実践でき、見違えるようにイキイキとしてメリハリ感がアップすると評判です。

3-1 レイナ メイク

メイクアップアーティスト レイナさん

 

今回のテーマは「血色仕込み」。
お風呂上がりのような、
上気した顔に整えます

 

レイナさんは、ベースメイクが終わってパーツメイクに入る前に、頰、フェイスラインなどに血色カラーをなじませています。

すると、お風呂上がりみたいな元気な顔に。

 

元気な顔が鏡に映ると、それだけでメイクに前向きになれるし、その後のパーツメイクがナチュラルでも、十分幸せ感と華やぎが手に入ります。

 

「血色感をアップするアイテムといえばチークですよね。

 

皆さんはチークをいつ入れますか?

眉やアイメイク、リップメイクがすべて終わってから、最後にチークという方が多いのでは?

 

メイクの最後にもチークを入れてほしいですが、パーツメイクをする前にも血色カラーを仕込んでおいてほしいのです」とレイナさん。

 

パーツメイクの前に自然な血色感をプラスしておくことで、仕上げのチークはごくナチュラルでOKなのだそう。

 

「大人は厚塗りメイクに見えたとたん、老けて見られがち。

血色仕込みメイクは、そんなやりすぎを防ぐことができるのです」

 

■血色仕込み

「血色を仕込む前」と「血色を仕込んだ後」を比べると…

3-2-1 レイナ メイク ビフォア さしかえ後の本データ

3-2-2 レイナ メイク アフター さしかえ後の本データ

上は、この連載の第2回で紹介した、下地を塗った後、血色を仕込む前のレイナさん。

 

下は、頰、額、まぶた、フェイスラインに、湧き上がるような自然な血色を仕込んだ顔。

よりイキイキ感が増し、まるで微笑んでいるような幸せ顔に見えます。

 

■血色仕込み・プロセス1

ピンクベージュのフェイスカラーを頰に

 血色仕込みのファーストステップは、やはり頰。

クリームタイプのフェイスカラーをなじませることで、もともとあった血色感のように見えます。色は、ハッピー感を上昇させるピンクベージュがおすすめ。

 

「ポイントは、ほのかに血色を感じさせること。フェイスカラーは取る量をほんのわずかにし、つけすぎないように注意しましょう」

3-3 レイナ メイク

3-4 レイナ メイク

中指に、指紋が見える程度にクリームタイプのフェイスカラーをほんの少量取り、黒目の下のやや外側に点で置いて。

その後、こめかみに向かって楕円を描くように、指の腹でポンポンと軽く触るようにして、なじませます。

 

使ったアイテムはこれ

3-5 レイナ メイク ミキモト リップ&チークカラー

PEARL PRECIOUS AURA リップ&チークカラー ピンクベージュ ¥3,850/ミキモト コスメティックス

頰にも唇にも使えるクリームタイプのフェイスカラー。

とろけるようになじんでサラリとし、染め上げるように密着します。

 

レイナさんは、これをアレンジして、顔のいろいろな場所に使っています。

 

■血色仕込み・プロセス2

フェイスライン、額、まぶたにもフェイスカラーを

プロセス1と同じクリームタイプのフェイスカラーを、フェイスライン、額、まぶたにもなじませ、顔全体に上気したような血色感を漂わせます。

 

「フェイスラインや額に入れるのは、初めてだとちょっと抵抗があるかもしれませんが、やってみるとこれがかなり効果的!

 

フェイスラインは、シェーディングを入れるよりも自然に引き締まって見え、額はみずみずしくふっくら、まぶたは落ちくぼみ感を解消しながらいい感じの影になってくれます」

3-6 レイナ メイク

ピンクベージュのクリームカラーを、中指にごく少量取ります。

額の生え際からこめかみ、耳の前を通ってエラ付近まで、すーっと優しくなでるようにのばします。

額の中央、まぶたにもほんのりとなじませて。

 

「ピンクベージュのクリームカラーで統一感を出すことで、顔全体からハッピーオーラが。

メリハリ感とツヤも強調されます」

 

──暗く、場合によっては黄色っぽくくすみがちな大人の肌。

 

ピンクベージュのフェイスカラーを1個準備して、ひと手間加えるだけで、自分でも惚れ惚れするほどの幸せ美肌に。

 

40代、50代になったら、ぜひ取り入れてほしいメイクテクニックです。

 

ミキモト コスメティックス 公式サイト

 

 

【教えていただいた方】

レイナ
レイナさん
メイクアップアーティスト
公式サイトを見る
Instagram Instagram

1978年生まれ。大学卒業後、大手化粧品メーカー勤務を経て独立。その人本来の美しさを引き出すメイクを得意とし、文化人からの指名も多数。女性向け媒体のメイク特集などで活躍するほか、完全予約制のメイクレッスンサロン「Crystalline(クリスタリン)」を主宰。著書も多く、近著に『45歳からの自分を好きになるメイク』(主婦と生活社)などがある。YouTubeの「REINA CHANNEL」でレイナさんが実演するメイクレッスンも必見!

記事一覧を見る

 

撮影/藤澤由加(人物) ヘア&メイク・モデル/レイナ 取材・文/小田ユイコ

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第2回/【40代、50代】レイナ流/メリハリある小顔になれる「下地が主役」のベースメイク

次の記事>

次の記事>
第4回/【40代、50代】レイナ流/ベースメイクにひと手間プラスで「洗練度と美人印象アッ…

この連載の最新記事

【40代、50代】レイナ流/ベースメイクにひと手間プラスで「洗練度と美人印象アップ」

第4回/【40代、50代】レイナ流/ベースメイクにひと手間プラスで「洗練度と美人印象アップ」

【40代、50代】レイナ流メイク/血色カラーを仕込んで「アクティブな顔印象」づくり

第3回/【40代、50代】レイナ流メイク/血色カラーを仕込んで「アクティブな顔印象」づくり

【40代、50代】レイナ流/メリハリある小顔になれる「下地が主役」のベースメイク

第2回/【40代、50代】レイナ流/メリハリある小顔になれる「下地が主役」のベースメイク

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル