HAPPY PLUS
https://ourage.jp/popular/169636/

自分を肯定することを心がければ、前向きになれる/細川貂々さんインタビュー

『やっぱり、それでいい。』著者インタビュー

細川貂々さん Tenten Hosokawa

1969年生まれ。漫画家・イラストレーター。セツ・モードセミナーを卒業し、1996年集英社『ぶ~けDX』でデビュー。子どもの頃から周囲 の人を観察するのが好きだった著者のコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』『イグアナの嫁』はドラマや映画化も。ネガティブ思考から脱出し、自分自身を肯定できるようになる方法として近年注目されている「当事者研究」の、体験談をまとめた『生きづらいでしたか? 私の苦労と付き合う当事者研究入門』(平凡社)も、2月発売に

 

著者interview
今の自分を肯定すると、人とのかかわりが癒しに変わる

『ツレがうつになりまして。』や『イグアナの嫁』などのベストセラーを誇る細川貂々さんですが、実は10代の頃からネガティブ思考クイーンだったそう。

「なんとか抜け出したくてSNSでつぶやいたら、それを見たこの本の編集者から紹介されたのが水島先生でした」。水島先生は、「ダメだと思う自分も"今はこれでいい"と認めてあげて。肯定することで初めて人は前に進める」と目からウロコのアドバイス。 日々心がけることで、少しずつ前向きに考えられるようになったのだとか。「いちばん変わったのは、夜の体重測定。それまでは1gでも増えていようものなら、キーッとなるので、家族も『恐怖の時間』とびくびくしていたのですが、だんだんあれも食べたしこれも食べたし、理由があるのだから仕方ない、と思えるように」

 

ネガティブ思考を手放せるようになった貂々さん、2年前からはPTA役員(!)に。「もともと人を観察するのは得意。そういう点で、PTAは観察対象の宝庫です(笑)」人間関係が大変と聞きますが、つらくはないのでしょうか? 「確かにお母さんたちは自己肯定感が低い人が多いので、コミュニケーションのとり方が素直ではないですね。私は水島先生に教わったおかげで、『この人、すごく傷ついているんだ』と、自分の重荷にならない聞き方で聞けるので、大丈夫です」

 

自分を肯定できるようになると、人からも受け入れられるという好循環が生まれ、今では会議が紛糾したときの調整役として、なくてはならない存在に。「以前の私からは考えられない進歩ですよね(笑)。水島先生によると、積極的に人とかかわることがリハビリになるそうで、それは自分でも実感しています」

 

そこまで前向きに変わった貂々さん、これからは何を?「特別な資格がなくてもできる『当事者研究』という活動をやっていこうと。悩みを抱えている人たちの話を聞くことが、自分の癒しになる経験を知ってもらうことができるし、それを体験した私は、悩んでいる人に楽になってもらいたいですから」

 

最後に、毎日が充実していて楽しいと語る貂々さんから、読者の皆さんへ――。

「年をとるにつれてできないことが増えていくのに、自分を肯定できなかったらつらくなるばかり。大丈夫。私も変われたんですから、遅すぎるなんてありません!」

『やっぱり、それでいい。』 細川貂々、水島広子 著/創元社

1,200円

40年以上もずっと人の話を聞くのが苦手で、人との接触が怖かった著者が、精神科医の水島広子氏のカウンセリングを受け、今の自分を肯定 することからスタート。「人は何歳からでも変われる。変わろうとさえすれば!」を地道に実践した著者の姿に、思わず共感。

 

 

そのほかのおすすめの本を、次のページで紹介します。

こちらもおすすめ

 

快適な後半生のために今こそ断捨離のチャンス

『定年後の断捨離 モノを減らして、愉快に生きる』

やましたひでこ 著/大和書房 1,400円

定年は断捨離のチャンス、と著者自ら夫と飼 い犬とともに、長年暮らした石川県から沖縄への移住を実行。必要なモノだけに絞った快適な生活と、その暮らしを実現するための考え方と方法はいつもながらあっぱれ。

 

 

コテコテの大阪出身病理学教授が医療情報の海をナビゲート

『(あまり)病気をしない暮らし』

仲野 徹 著/晶文社 1,600円

とかく博士の書く文章は難解なもの。病理学博士の著者は、コテコテのナニワっ子らしさ全開の語りで、病気の定義からダイエットまで、本当に役立つ健康情報をわかりやすく解説。楽しく正しい知識が身につきます。

 

 

地に足の着いた生き方から伝わる人生の極意

『一切なりゆき  樹木希林のことば』

樹木希林 著/文春新書 800円

その演技力と独特の存在感で名優の名をほしいままにした著者が、折に触れ語った言葉は読む人の心をつかみ、発売後1カ月で60万部を突破。巻末に収録された一人娘、内田也哉子さんによる喪主代理の挨拶も胸を打つ。

 

 

本物の美を手に入れるために知っておきたい8つのこと

『永遠の美を手に入れる8つの物語 エタニティー・ビューティー』

カツア・ワタナベ 著/青春出版社 1,400円

著者はニューヨーク在住のクリエイティブディレクターで、南カリフォルニア大学で加齢学を修了したジェロントロジスト。美と健康を手に入れるために必要なことが小説仕立てで書かれた本書は、物語としても楽しめます。

 

 

撮影/矢部ひとみ〈細川さん〉 取材・原文/佐野美穂

 

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第34回/世界一幸福な国・デンマークから、生き方のヒントを得よう

次の記事>

次の記事>
第36回/疲れたら休む。心が満たされ、初めて人は他者に優しくなれる/玉置妙憂さんインタビュ…

この連載の最新記事

繊細な世界観の中から生への希望を伝えてくれる短編集、西加奈子さん「わたしに会いたい」

第49回/繊細な世界観の中から生への希望を伝えてくれる短編集、西加奈子さん「わたしに会いたい」

朝ドラ「らんまん」のモデル牧野富太郎の熱意や破天荒な生き方がわかる本「らんまんの笑顔『人間・牧野富太郎』伝」

第48回/朝ドラ「らんまん」のモデル牧野富太郎の熱意や破天荒な生き方がわかる本「らんまんの笑顔『人間・牧野富太郎』伝」

ユーミンの6つの名曲に合わせて小池真理子、桐野夏生、江國香織らが紡いだ物語『Yuming Tribute Stories』

第47回/ユーミンの6つの名曲に合わせて小池真理子、桐野夏生、江國香織らが紡いだ物語『Yuming Tribute Stories』

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル