慢性腎臓病が増えている!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。
「根来教授の体内向上プロジェクト」の新企画をスタートしますよ。

 

 

根来 ごぶさたしております。根来秀行です。
今回のテーマは「腎臓年齢を若く保つ!」です。
早速ですが、いしまるこさん、腎臓の場所わかりますか?

 

 

いし えっと、腰の少し上あたりですよね?

Dr.negoro_Ill

根来 正解。左右一対で、ソラマメのような形をしています。握りこぶしほどの大きさですが、心臓から送り出される血液の約40%が、常に腎臓に送られてきているんですよ。

 

 

いし へぇ〜。大量の血液ですね。

 

 

根来 はい。腎臓はこの大量の血液から体に必要なものを選別し、不要なものは尿として排出してくれるのです。
血液を濾過して老廃物などを体外に排泄しているのは、腎臓の中の「ネフロン」という組織です。

 

 

いし あ、ネフロン知ってますよー!
ネフロンは毛細血管のかたまりである「糸球体(しきゅうたい)」と「尿細管」から成り、ひとつの腎臓に約100万個も詰まっているんですよね。
『ハーバード&パリ大学根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』で読みました!

 

 

根来 さりげなく宣伝ありがとうございます(笑)。
ネフロンはいつもフル稼働しているわけではなく、かなり予力を蓄えた状態で働いています。ですから、病気や生体腎移植で片方の腎臓を失った場合でも、残りのネフロンが働き、腎機能を保つことができます。

 

 

いし 働き者ですねぇ。見習わないと。
ネフロンのおかげで、腎臓はあまり老けないんですか?

 

 

根来 30〜40代になると腎臓も徐々に老化してきます。
ただ予備能力が高いため、腎機能の低下は無症状のまま水面下で進行します。

 

 

いし 水面下で…。

 

シェア ツイート LINEで送る
第52回
慢性腎臓病が増えている!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top