重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

腎臓を老けさせる生活習慣の乱れ/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。
今回は、いよいよ腎臓の老化について迫っていきますよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。前回、腎臓は生命維持に大きくかかわる臓器であることをお話ししましたが、その腎臓は、毛細血管に支えられているんですよ。

 

 

いし 出た、毛細血管! 根来教授は常々毛細血管の重要性を力説されていますが、中でも腎臓にはたくさんの毛細血管が集まっているため、腎臓は毛細血管の状態に大きく左右されるとおっしゃっていますよね。

 

 

根来 はい。腎臓の毛細血管は糸球体と呼ばれるところにありますが、この糸球体の働きによって血液から老廃物が取り除かれ、きれいな血液を全身に送り出すことができるのです。

 

Dr.negoro_Ill

 

いし 毛細血管は年とともに劣化したり、減少するんですよね。
糸球体も同じですか?

 

 

根来 はい。とはいえ、糸球体は左右の腎臓でトータル約200万個もあって、この予備のバックアップが十分あるから、腎機能はそうそうダメになることはないんです。

 

 

いし でも水面下ではじわじわと糸球体が劣化したり、減少している?

 

 

根来 ですね。進行すると糸球体の濾過フィルターの目が粗くなったり、詰まったりして、体に必要なものまで漏れ出たり、尿細管の再吸収が上手に
行われなくなってしまいます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第54回
腎臓を老けさせる生活習慣の乱れ/Dr.根来の体内向上プロジェクト


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top