OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

不整脈は放っておいてもいいの?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

記事一覧を見る

いし こんにちは。ぐうたらライターいしまるこです。

ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「心臓年齢を若返らせる!」の6回目ですよ。

今回も、不整脈の謎について迫っていきます。なにせ、アワエイジ世代になると、不整脈がある人は多いですからね。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。
不整脈の多くは年齢に伴うものや、体質的なもの
ですから、年をとるにつれて誰でも少しずつ不整脈が増え、中年以上では大抵の人に不整脈が見つかります。

 

 

いし つまり、アワエイジ世代の不整脈の多くは老化現象?

 

 

根来 そうですね。

 

 

いし んー、ほっとするけどちょっと複雑な気分だなあ〜。

 

 

根来 とはいえ、不整脈にはさまざまなタイプがあって、気にする必要のないものから、中には突然死につながる危険性のあるものもあります
理解を深めるために、今回は不整脈の種類についてレクチャーしましょう。

 

 

いし よろしくお願いします!

 

 

根来 不整脈は脈の乱れ方によって、大きく3つのタイプに分けられます。

 

■主な不整脈は3タイプ

 

1 一瞬脈が飛ぶ「期外収縮(きがいしゅうしゅく)」
最も多い不整脈で、心臓を動かす電気信号が本来とは違う場所から早めに出るため、脈が乱れます。
一瞬動悸がして胸に少し痛みを感じる人もいますが、すぐにおさまるのが特徴。自覚のない人も多く、基本的に命の危険はありません。

 

2 1分間に100回を超える「頻脈」
運動や緊張とは関係なく、異常に脈が速くなります。
心臓を動かす電気の通り道(伝導路)に異常が生じて電気信号が空回りしたり、異常に早く電気が作られていると考えられます。
多くの場合、動悸を感じますが、発作的ですぐにおさまれば、あまり心配ありません。しかし頻脈が30秒以上続く場合は、激しい動悸や強いめまいを感じ、意識を失うこともあり、治療が必要になることもあります。

 

3 1分間に60回以下「徐脈」
リズムが遅くなったり、一時的に止まったりします。
心臓を動かす電気が途中で途切れたり、作られなくなっていると考えられます。拍動が極度に遅くなると、心臓から送り出される血液が少なくなってしまい、息切れやだるさがあり、脳貧血からめまいや失神を起こすことも。
また、甲状腺機能低下症が隠れている場合もあります。

 

 

根来 この3つの不整脈のタイプは、さらに細かいタイプに分けられます。

 

 

いし ふぅ〜ん。不整脈の乱れ方もさまざまなんですね。でも、多くは生理的なもので病気ではなく、放っておいて大丈夫なんですよね?

 

<前の記事

<前の記事
第77回/不整脈はどうして起きる?/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第79回/命にかかわる怖い不整脈とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第95回/睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第93回/脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル