梅雨は、女性に多い天気痛に要注意!③なりやすいタイプの人は?

プロフィール写真

佐藤純さん

医師・医学博士。愛知医科大学客員教授。愛知医科大学・学際的痛みセンターにて日本で唯一の天気痛外来を開設。天気痛ドクターとしてメディアでも活躍

雨が降ると、頭が痛くなったり、気分が滅入る感じはしませんか? それは気圧の変化が招く〝天気痛”という症状です。天気痛になりやすいタイプや解決策を専門医が解説していく連載第3回!

 

My Age世代の女性は、天気痛になりやすい! ?

 

その理由は…

 

1 片頭痛になりやすい

「片頭痛ははっきりと原因がわかっていませんが、発症のタイミングや痛みの程度は天気に左右されることがわかっています。日本人の8.4%が片頭痛もち。うち約70%が女性で、40代以上は約4人に1人です」

 

2 首がこりやすい

「首には天気痛と関係の深い自律神経が数多く走っています。なで肩で筋力の弱い女性は、頭の重さを支える首に負担がかかり、こりやすい。筋力は年齢とともに低下するのでMyAge世代はなおさら」

 

3 内耳の感受性が強い

「めまいやメニエール病を患う方の多くは女性。その点から女性のほうが内耳が敏感 だと推測できます。なかでも40代後半~50代の患者が多く、MyAge世代は天気痛になりやすいといえそうです」

 

4 女性ホルモンの変動が激しい

「更年期は、女性ホルモンがアンバランスになり自律神経に影響を与えがち。天気が悪い日は女性ホルモンが分泌されにくいというデータも。天気痛治療とホルモン療法を併用して改善するケースも」

 

次ページにつづきます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top