肺を脅かすタバコ病〝COPD〟って?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「肺年齢を若返らせる!」です。予告通り、今回は「タバコ病」〝COPD〟についてお話していただきますよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。COPDというのは、慢性閉塞性肺疾患のことです。まだあまり耳慣れないかもしれませんが、日本人の死亡原因のトップ10にもランクインしているんですよ。

 

 

いし 知りませんでしたー。どんな病気なんですか?

 

 

根来 タバコの煙や大気汚染、粉塵など有害な空気を長期間吸い込むことで、気管支や肺に炎症が起こり、組織が壊れてしまう病気です。
慢性気管支炎や肺気腫を伴うことが多く、息を吸ってもうまく吐き出すことができず、呼吸困難に陥ります。10から15年かけて徐々に症状が増していき、末期になると酸素吸入しても溺れているような苦しさが継続します。

 

 

いし 陸にいるのに溺れているような!?

 

 

根来 はい。患者の9割以上が喫煙者のため、「タバコ病」とも呼ばれます。

 

●COPDチェック
□同世代の人と歩くと自分だけ遅れる
□階段や坂道を上るとひどく息切れがする
□冬になると朝方に咳・痰が出る
□風邪でもないのに痰がからむ
□前かがみになると動悸や息切れがする
□呼吸をするとゼイゼイ・ヒューヒュー音がする
□20年以上、煙草を吸っている、またはかつて吸っていた

 

 

根来 最近、人間ドックなどで「肺年齢」の検査として行われている、「肺機能検査(スパイロメトリー)」は、COPDの早期発見に役立ちます。肺にある空気をどれだけ多く、長く吐き出せるかを調べる簡単な検査で、10分ほどで終わりますよ。上のチェックリストで該当項目がある人は、1度この検査を受けてみるといいですね。

 

 

いし タバコ病というくらいだから、COPDは喫煙者が多い男性に多い?

 

 

根来 そうですね。男性の方が喫煙者は多いこともあり、女性より男性患者の方が2〜3倍以上多いです。ただ、受動喫煙の機会が増えると、COPDや肺がんのリスクが高まることが明らかになっています。

Dr.negoro_Ill

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第84回
肺を脅かすタバコ病〝COPD〟って?/Dr.根来の体内向上プロジェクト


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top