基本は7時間睡眠。長くても短くても、老ける!

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。
ハーバード大学医学部内科客員教授、ブリュッセル自由大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、ミラノ大学客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。
世界で活躍する気鋭の医学博士。

根来教授タイトル
いし こんにちは。やる気はあるけど根気がないぐうたらライターの

いしまるこです。世界最先端のアンチエイジング情報を根来先生から

根掘り葉掘り聞き出して、皆さんにお伝えしますよ。

記念すべきドクター通信第1回のテーマは睡眠。

「老けない眠り方」についてうかがいます!

ところで先生、いきなりですけど、すごーく背が高いですねぇ。

 

根来  185cmありますよ。子どものころから背の順では後ろの

ほうでした。まあまあ、お茶でもどうぞ。

 

いし あっ、先生自ら恐縮です。ところで、寝る子は育つというけれど、やっぱりよく寝る子でした?

 

根来 はい。成長ホルモンがたくさん出て、おかげさまで

こんなに大きく育ちました。

 

いし さすがは成長ホルモン!

おとなにとっては老化しにくいからだをつくる、

大切なアンチエイジングホルモンの代表格ですよね。

 

根来 そのとおり。成長ホルモンは20歳をピークにどんどん減って、40歳では20歳の半分、60歳では4分の1くらいしか

分泌されなくなるんです。OurAge世代は自分の眠りを見直して、意識的に分泌量を上げる工夫が必要ですよ

 

いし ひぃー。今後は一滴たりともムダにしたくないです!

 

※成長ホルモンとは、全身の細胞を修復し新陳代謝を活性化、免疫力も強化する万能ホルモンです。一日の分泌量の約70パーセントが睡眠中に分泌され、ノンレム睡眠(深い眠り)が訪れる寝入りばなの3時間にピークを迎えます。

では、3時間睡眠を確保すればOKかといえば、答えはNO。睡眠時間が短いとせっかく成長ホルモンが分泌されても、全身に行き渡って修復するための時間がありません。長寿の人の睡眠時間は7時間が最も多く、それより短くても長くても、心臓病の発症率や死亡率が高くなるというデータがあります。

 

 ベッドとまくら

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第1回
基本は7時間睡眠。長くても短くても、老ける!


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top