意外と知らない肝臓の働き、教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

根来秀行教授

1967年生まれ。12/5に最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が刊行予定。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。
前回に続き、「肝臓年齢を若く保つ」特集ですよ。
今回は、知っているようで意外と知らない肝臓の働きについて、根来教授にわかりやすく解説していただきます。

 

 

根来 では、まず、下の図を見てください。

Dr.negoro_Ill

いし うわ〜。まるで木の根っこのように、各臓器から肝臓へと血管がつながっていますね〜。

 

 

根来 はい。肝臓には毎分1.5ℓの血液が流れ込んでいるんですよ。

 

 

いし そんなに大量の血液が!?

 

 

根来 その大部分を運んでいるのが「門脈という血管です。

 

 

いし 肝臓を走る太い血管ですね。

 

 

根来 そうです。胃腸で消化吸収された栄養素は門脈から毛細血管を通じて
肝細胞に運ばれ、体にとって最適な形に加工・再合成された後、再び毛細血管を通じて「肝静脈」から心臓へ入り全身へと流れていきます。

 

 

いし ふんふん。

 

 

根来 そして肝臓自身のメンテナンスは、「肝動脈」が運んだ酸素と栄養素によって行われています。

 

 

いし なるほど。大量の血液にのって栄養素や酸素など、体に必要なさまざまな物質が肝臓に運ばれてくるわけですね。
てことは、やっぱり肝臓っていろいろ重要な働きをしているんでしょうね。

 

 

根来 そうなんです。人体の化学工場とも呼ばれる肝臓ファクトリーには、主に3つの働きがあります。

 

 

肝臓の3つの働きとは!? 次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第42回
意外と知らない肝臓の働き、教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top