OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/food/food-knowledge/228116/

がん治療の権威がおすすめする、ウェルネス『野菜スープ』って?

くみくみ

くみくみ

OurAgeとともに、その姉妹メディア、50代の女性の美と健康に特化した季刊誌MyAgeの記事を主に担当。医師への取材が多く、発刊からウエルネス旅企画も手掛ける。美味しい食と酒を求めて、世界中どこまでも旅するのが趣味。隙あらば、リゾート、ホテル、島、温泉、スパへも出かける。ホリスティックプログラムも好き。OurAgeにて「エナジーチャージ美とりっぷ」を時々連載中。

記事一覧を見る

「サラダよりスープが100倍強力?!」

聞き捨てならない言葉に、どういうことか伺ってみると。

 

「がんをはじめ、ほとんどの病気に関わるのが、活性酸素です。人間の体には、その活性酸素を消去する『スカベンジャー』という抗酸化物質を作る働きがあるのですが、加齢とともに衰えます。

それを外から補わないといけないわけですが、野菜はファイトケミカルという、抗酸化物質の宝庫です。スープで摂れば、これがより効率よく摂れて、生活習慣病などの病気を防ぐことができるのです」

そう話すのは、がんの権威、前田浩先生です。

 

では、どうしてスープの方がいいのでしょう?

 

 

「ファイトケミカルは、野菜の細胞内にあります。でも細胞はセルロースに囲まれているので、人間が野菜をよく噛んだくらいでは、大半の細胞壁は壊れません。

 

ところが、野菜をゆでると、細胞壁はあっという間に壊れ、ファイトケミカルはスープに溶け出します。実験では、生野菜をつぶしたものより、野菜を煮出したスープのほうが、10~100倍も抗酸化作用が高かったのです」

 

 

 

 

前田先生は、熊本大学名誉教授で、がんの治療や予防、フリーラジカル(特に活性酸素と一酸化窒素)の研究をしていらして、『抗がん剤の世界的権威が直伝! 最強の野菜スープ』という著者もある方なのです。

その最強野菜スープの作り方を聞いてみると。

 

 

「作り方は、季節の野菜を中心に6~10種類、30分煮るだけです。炒めてから煮るとコクが出ます。基本のスープには味付けはしませんが、調味料やスパイスを加えて、飽きないようにしてもOKです。昆布やシイタケ、鰹節、鶏肉などで出汁をとってもいいですね。また、野菜が切ったまま入るごろごろスープのほかに、ハンドブレンダーやミキサーでなめらかになるまでかくはんしてポタージュにすると、口当たりもよく、するする飲めます」

 

 

 

「野菜は95~100℃のお湯で5分ほど煮ることによって、細胞壁が壊れ、細胞内の成分の80%がスープに溶け出します。つまり、野菜は加熱してスープにしたほうが、栄養素の体への吸収が格段に高くなるのです」

「また、ビタミンCは加熱すると壊れると言いますが、単体では加熱に弱いけれど、ビタミンEやファイトケミカルなど他の抗酸化物質と共存していると、酸化から守られ、加熱しても分解されずに大半が残ります」

 

家にある残り物の野菜や、好みの野菜を入れてもOK。

煮るとかさも減るからたくさん摂れるのもいいですね!

 

 

 

そんな体にいいことづくめのウェルネス「野菜スープ」。

フードコーディネイターで管理栄養士の美才治(びさいじ)真澄さんは、

「365日飽きずに食べるには、野菜以外の材料や調味料もプラスするといいですよ」と提案しています。

 

「6~10種類の野菜を使いましょうと言った時に、家にある残り野菜でいいという楽な気持ちで作ったほうが、長続きしますよね」

 

確かに、肉や魚介など入れると、1品でバランスおかずになっちゃうし、ある野菜を入れたら、余っているものを無駄にしないでいいですよね。

 

 

そんな美才治さんのレシピをひとつ、ご紹介します!

 

これは、豚肉団子入り野菜スープ。

 

豚肉は、たんぱく質のほか、糖代謝に必要なビタミンB1も多く含有。クレソン、にら、万能ねぎ、香菜には、クロロフィルやビタミンA B Eも。

 

 

作り方は、

1.豚肉150gに酒(大1)と片栗粉(大1)をもみこみ、一口大にざっくり丸める。

2.親指大のショウガは皮ごと細切り、にら(10本)と万能ねぎ(10本)の根元、香菜(1束)の茎は小口切り、香菜の葉、にら、万能ねぎ、クレソンはざく切り。ミニトマト(8個)はへたを取る。

3.鍋にごま油(小1)を入れて熱し、1を転がしながら炒める。両面が色づいたら、ショウガ、にらと万能ねぎの根元、香菜の茎を加えてさらに炒める。

4. 3にかつおだし(400ml)とオイスターソース(小1)を加え、煮立ったらクレソン、残りのにら、万能ねぎ、香菜の葉、ミニトマトを入れ、5分ほど煮る。

 

確かに、これにいろんな野菜を足してもよさそうです。

野菜スープはコンソメ味になりがちですが、かつおだしにオイスターソースが新鮮で美味しい!

 

「ナンプラーやオイスターソース、味噌、バジルペーストなど、出汁に何かを加えて味変すると、飽きずに食べられたりしますよ」

 

 

前田先生のウェルネス「野菜スープ」と、アイデア豊富な美才治さんの、飽きない+食材&調味料のおいしいスープのレシピをいろいろ知りたい方は、

MyAge2020冬号の、ウェルネス「野菜スープ」をチェックしてみてください!

 

MyAge冬号の詳しい内容と試し読みはこちらでチェックを!

 

MyAgeのご購入はお近くの書店にて。HAPPY PLUS STOREでもお買い求めいただけます。

最新号及びバックナンバーの在庫が書店にない場合は、こちらのネット書店でお求めください。

 

撮影/三木麻奈 料理/美才治真澄 スタイリスト/西崎弥沙 取材・原文/和田美穂

 

 

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル