HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/249926/

鍋ひとつでOK! 気になる骨活にも! とうもろこしときゅうり&ささみのミルクスープ

山脇りこ

山脇りこ

料理家。週に6日は家で晩ごはんを食べる夫とふたり暮らし。50歳を過ぎてからは日々のごはんの7割が野菜に。旬の食材や、だし、調味料にこだわりつつ、忙しい人にも作りやすい家庭料理を伝えている。「3分クッキング」や「あさイチ」などのテレビや、雑誌でも活躍中。『明日から、料理上手』『野菜のたのしみ』『いとしの自家製』など、著書多数。台湾好きで台湾のガイド本『食べて、笑って、歩いて好きになる大人のごほうび台湾』も。最新刊は、『疲れていてもこれならできそう、毎日食べたいかんたん3×3レシピ』
代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰。教室情報はインスタグラムやFBで。instagram : yamawakiriko ブログ:rikoskitchen.com   FB:山脇りこ

ご紹介するのは、牛乳ベースのスープ。カンタンで日々の献立に取り入れやすいので、骨活を意識し始めた人にもおすすめです。

 

とうもろこしときゅうり&ささみのミルクスープ

 

40代まであまり意識してこなかったカルシウム。50代になり「骨の老化は、気づきにくい。症状が出たら、すでに骨粗しょう症で、薬を飲むようになった・・と言うケースが多いよ」と友人の医師に言われて、やっと意識するようになりました。骨が弱ると、骨折しやすくなるといった直接的な症状だけでなく、疲れやすい、めまいがする、など理由を突き止めにくい症状が現れるという研究もあるそうです。

そこで、カルシウム。身近で、含有量も多く、身体への吸収率も高いのが牛乳ですよね。牛乳には賛否両論あり、冷たい牛乳を腰に手をあててぐいぐい飲むなんてことはもうなくなりましたが、50代になったらちょっと見直してもいいかもしれません。

 

牛乳に、旬のとうもろこし、きゅうりと、うま味がありヘルシーなタンパク質・ささ身を加えました。ささみのうま味と牛乳のコクに、味噌をほんのり効かせた、飲みやすいスープになっています。

 

 

材料(2人分)

ささみ2本

塩 ふたつまみ

酒 小さじ2

片栗粉 小さじ2

とうもろこし 1本

きゅうり 1本

*牛乳 400ml

*水 200ml

味噌 大さじ1

 

 

1.ささみは、1センチ幅に斜めにそぎ切りにして、酒と塩をもみこみ、片栗粉をまぶす(まだらでよい)

 

 

2.とうもろこしは実をこそげとり、実も芯も鍋に入れる。きゅうりは上下を落とし、縞目に皮をむいて縦に半分に切ってから斜め薄切り、鍋に入れる。

 

3.2に*を入れて中火にかけ、ふつふつとわいてきたら、1を加えて、かるくまぜて、再び沸いて、ささみに火が通ったら味噌を溶き入れる。味を見て足りなければ塩で整える。お好みで胡椒をふって。

※ぐらぐらと沸騰させないように火加減してください。

 

 

 

簡単美味しい一品で、おうちごはんをより楽しく!

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第32回/ポリ袋で! 体と脳の疲労回復に! 甘辛だれの鶏つくね…

次の記事>

次の記事>
第34回/ボウルひとつでOK! 酸化防止&疲労回復に 夏野菜のポテトサラダ…

この連載の最新記事

【鍋ひとつでOK!】風邪予防にビタミンCチャージ!ダブル白菜と豚、春雨の熱々スープ煮

第73回/【鍋ひとつでOK!】風邪予防にビタミンCチャージ!ダブル白菜と豚、春雨の熱々スープ煮

【耐熱皿1つでOK!】正月疲れの胃腸を軽やかに整える! 生ハムと柿、アボカドのヨーグルトグラタン

第72回/【耐熱皿1つでOK!】正月疲れの胃腸を軽やかに整える! 生ハムと柿、アボカドのヨーグルトグラタン

【ボウルひとつでOK!】年末年始に疲労回復と、コレステロール吸収に歯止めを! 牡蠣のフレンチドレッシング蒸しオイル漬

第71回/【ボウルひとつでOK!】年末年始に疲労回復と、コレステロール吸収に歯止めを! 牡蠣のフレンチドレッシング蒸しオイル漬

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル