HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/324266/

「甘酒ヨーグルト」「レモンのモヒート風」甘酒や炭酸で腸を動かすドリンクレシピ

朝のぜん動運動を刺激する炭酸、マイルドに腸を動かす甘酒などを利用した美腸ドリンクです。

甘酒ヨーグルトとレモンのモヒート風

炭酸×ミントの香り×レモンのクエン酸で腸のぜん動運動を刺激します
レモンのモヒート風(左)

●作り方

  • ミントをたたいてグラスに入れ、適当な大きさに切ったレモン(またはライム)、氷を入れて、炭酸水適量を注ぐ。

 

 

朝の目覚めドリンクとしてもおすすめ。マイルドに腸を動かしてくれます
甘酒ヨーグルト(右)

●作り方

  • プレーンヨーグルトと米麹甘酒を1:1で割る。

 

スイーツは砂糖オフで罪悪感なく楽しむ

●砂糖控えめで善玉菌を意識した美腸スイーツ

砂糖、特に精製された白砂糖のとりすぎには要注意。悪玉菌のエサとなって腸内腐敗の原因になります。甘いものが食べたいときは、砂糖の代わりになる甘酒やアガベシロップ、ラカンカ、オリゴ糖などを使用したものがおすすめです。さらに美腸を意識するなら、乳酸菌やビフィズス菌が直接とれるヨーグルト、食物繊維が豊富な果物など、腸の働きをよくする食材をとるといいでしょう。「スイーツでも腸活」を40歳からの新習慣に。

 

腸が喜ぶ成分たっぷりのスイーツ食材

乳酸菌やビフィズス菌を増やしてくれるヨーグルトや甘酒、食物繊維豊富なアガー、ビタミンやミネラルもとれる果物やナッツがおすすめ。炭酸の程よい刺激も腸を動かします。
腸が喜ぶ成分たっぷりのスイーツ食材

●ヨーグルト

乳酸菌やビフィズス菌の宝庫。甘味は砂糖ではなく上記のような甘味料を。

●米麹甘酒

ノンアルコール。食物繊維やビタミンB群、アミノ酸を多く含む。

●アガー

海藻とマメ科の種子が原料で食物繊維豊富な凝固剤。プルンとした食感。

●果物

マンゴーやいちご、ラズベリー、りんご、キウイは特に食物繊維が豊富。

●ナッツ

アーモンド、ピスタチオ、くるみなどナッツ全般は食物繊維が豊富。

●炭酸

腸管を刺激して、便の排出を促す働きが。甘味料不使用のものを選んで。

 

乳酸菌とビフィズス菌、どちらも腸活に役立つ善玉菌ですが、乳酸菌の活動場所はおもに小腸。健康の要、大腸の調子を整えているのはビフィズス菌です。またビフィズス菌は乳酸だけでなく、高い腸活効果で注目の短鎖脂肪酸を産生します。ヨーグルトを選ぶ際はビフィズス菌入りがおすすめです。

 

レシピを教えていただいたのは

大島菊枝
大島菊枝さん
フードコーディネーター
公式サイトを見る

東京農業大学卒業。管理栄養士専攻。研究職(大豆イソフラボン研究)に就いた後、飲食店勤務を経て独立。ヘルシーかつおしゃれなレシピが人気。著書に『朝ごはんはすごい 一生太らない食べ方習慣』(ワニブックス)ほか

 

 

撮影/神林 環 スタイリスト/洲脇佑美 料理/大島菊枝 監修/川本 徹 構成・原文/瀬戸由美子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第4回/「ココナッツマンゴーアイス」腸にやさしいココナッツミルクレシピ

次の記事>

次の記事>
第6回/「ラズベリー&ビーツのアガー」食物繊維と抗酸化成分豊富なフルーツおやつレシピ

この連載の最新記事

「干ししいたけと豆腐、卵のスープ」腸のぜん動運動を促す朝スープレシピ

第21回/「干ししいたけと豆腐、卵のスープ」腸のぜん動運動を促す朝スープレシピ

「梅ごぼうオートミール粥」おいしく短鎖脂肪酸を育てる腸活レシピ

第20回/「梅ごぼうオートミール粥」おいしく短鎖脂肪酸を育てる腸活レシピ

「丸ごと玉ねぎのコンソメスープ」腸のぜん動運動を促す朝スープレシピ

第19回/「丸ごと玉ねぎのコンソメスープ」腸のぜん動運動を促す朝スープレシピ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル