HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/food/more/189873/

健康でいるためには、体だけでなく「食生活を鍛える」必要あり! おいしいジムも開店!?

農林水産省が行った調査によると、外食したり、自宅で食べる時には加工食品を利用するという人が年々増えているそうです。確かに、忙しい現代人にとって1日3食の手作りメニューを考えるのはなかなか大変ですよね。

そこで、美と健康に関わる取り組みをしているファンケルでは【食生活を鍛える=フードトレーニング】を提案!

ファンケルフードトレーニング1

ステージ上に現れたのは、元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈さんと元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬俊朗さん。体を鍛えることに関してはプロフェッショナルなお2人です。

「“鍛える”わけだから、食べるものがすごく強靭になるのかな? 落としても割れないとか…」とのボケ発言でのっけから会場を涌かせた丸山さんですが、正しくは「自身の食に対する意識・食生活自体を見つめ直してより健康な生活を手に入れる」という考え方のこと。

ファンケルフードトレーニング8

健康になれる食として、①主食は栄養価の高い「発芽米」、1食あたり②塩分2g前後 ③野菜量は120g以上 ④食物繊維は6g以上 ⑤もちろん適正カロリーという5つのルールを設定。これを毎日美味しく続けられる4週間単位のトレーニングレシピを開発したのです。

ファンケルフードトレーニング4

レシピは28種類。日仏でレストランを営み、近頃では「うまみ」「減塩」などをテーマにした講演会なども行っている松嶋啓介シェフが監修しています。

ファンケルフードトレーニング3

ステージ上では、そのうちの「発芽米のサーモンロール」「鶏モモ肉入りココナッツカレー」を2人が試食。「玄米はよく食べていたんですけど、発芽米がこんなに食べやすいとは! 嚙むほど美味しいです」とは、廣瀬さん。「味はもちろん、体にもいいとは嬉しいですよね」と絶賛です。

丸山さんも「こんなに食べなくていいのに、自分でも止められない!」と2皿ともペロリ。「口の中が喜ぶ味。インスタ映えもしそうだし、カレーはインド人にも食べて欲しい味」と、これまた会場を沸かせていましたよ。

さて、このレシピを楽しめる場が12月1日(日)までの期間限定でオープンしています。

ファンケルフードトレーニング5

場所は六本木ヒルズヒルサイドB1F。その名も「FANCL FOOD TRAINING GYM(ファンケルフードトレーニングジム)」。ジムというだけあって、体重や体脂肪を計測することも出来るんです。

ファンケルフードトレーニング6ファンケルフードトレーニング7

丸山さんと廣瀬さんが試食した上の写真の「発芽米のサーモンロール」(¥1,485)のほか、下の写真の「2種類のビーツと発芽米のスープ」(¥1,320)など朝食・昼食・夕食タイムごとに日替わりのメニューが用意されています。※「鶏モモ肉入りココナッツカレー」(¥1,595)は11月16日(土)までの終日メニューで、11月17日(日)からは「ケールカレー」(¥1,485)が登場します

ファンケルフードトレーニング2

ファンケルフードトレーニング9

ジムに行けない〜という人にも嬉しい情報を! 「発芽米」と「フードレシピブック」を28日ごとに計3回お届けする『ファンケルフードトレーニングプログラム』(発芽米2kgコース¥5,400、4㎏コース¥10,200/送料無料)を通販限定・3000セット限定で発売中。カロリーや塩分を自分で計算しなくてもOK、しかも松嶋シェフのレシピが作れるとなれば、3食自炊も頑張れるかも♪

食生活を見つめ直し、食に対する意識を高めるフードトレーニング。自身や家族の健康のために、始めてみてはいかが?

「FANCL FOOD TRAINING」

 

取材・文/佐藤素美

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル