NYで話題、肉を超えた?!植物性由来の肉①「赤い血が滴る」!植物肉って


植物性のタンパク質といっても大豆由来ではないのが驚き!

肉を超えた「プラントベース」肉が、最大の食トレンドに

 

 

今まで紹介してきたNYの食の話題は、半年から1年後にはいつも日本国内でブームになっているので、今回も必見!
「赤い血が滴る」ような植物性タンパク質の肉の話題を、NY在住のエディター・黒部エリさんにレポートしてもらいました。

 

 

植物由来のタンパク質で作り、
植物性〝ヘム〞で血の色を再現

 

「プラントベース」つまり植物由来の肉というと、大豆ミートを想像するものですが、今アメリカを席巻しているのは文字通り「赤い血が滴る」植物肉。今年の最大の食トレンドとされているプラントベースの肉です。

 

 

その先駆けが「インポッシブル・フーズ」という企業。スタンフォード大学教授がシリコンバレーで起業したベンチャービジネスで、次世代のサステイナブルな食物を開発するため、植物由来の肉をバイオケミカル技術により作り出したのです。原材料は小麦由来およびじゃがいも由来のプロテインで、ふたつを混ぜて肉の食感を再現。そして血の代わりになるのが"ヘム"。血液の赤い色を構成する物質で、これが牛肉の色を出し、肉特有の鉄の味を作る元になります。こんにゃく粉などで粘りを出し、ココナッツオイルと大豆オイルを加えてパテが完成。植物とは思えない味わいに、現在は全米の有名レストランに卸されています。

 

 

またロスを拠点とした「ビヨンド・ミート」は、ビル・ゲイツや動物愛護協会が投資元となったことで話題を集めた企業。えんどう豆のタンパク質を主原料としてココナッツオイルなどが添加された肉は、ホールフーズ・マーケットで買えるために人気です。実際に焼いてみると、ほぼビーフパテと変わらない出来上がりで、ミディアムで焼けば中央部の赤さも残ります。味も牛肉そのものではないにせよ、十分においしくて楽しめる味わい。コレステロールはゼロ。動物愛護やエココンシャスの観点からベジタリアンを選ぶ若者たちと、コレステロールを抑えたい中高年層が利用者となっています。

 

 

 

1 こちらのバーガーは人気レストラン「モモフク・ニシ」で出されているインポッシブ ル・フーズ社のパテ。どう見ても普通のハンバーガーで、味も遜色ありません。インポッシブル・フーズのパテは、「ベアバーガー」や「ウマミバーガー」など多くのレストランに卸されています。NYのレストランではベジタリアンの客に対応できるメニューがマス トハブになっているので、おいしい植物性ミートが増えるのはレストラン業界にとっても歓迎するところなのです。

 

 

 

 

2 焼き上げたインポッシブル・フーズのパテを切ってみると、ちゃんと中央には血の滴るようなレアな部分が残っているのがわかります。

 

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top