「がん 」と言われたとき、知っておくといいこと。「乳がん」うつ経験者と、「精神腫瘍科」医師のリアルな言葉。


今や「日本人の2人に1人が罹患する」といわれているがん。OurAge世代は特に、乳がんや婦人科系のがんに注意が必要な世代です。今回は、がんの経験者にご自身の体と心に起きたことを伺いつつ、各分野の専門家の皆さんに疑問や不安に対するアドバイスをいただきました。心のケアはもちろん、がんと前向きに闘うための経済情報などもご紹介します。

「がん」と言われたとき 保坂先生&朝倉さん

「がん」と言われたとき 朝倉匠子さん

朝倉匠子さん

SHOKO ASAKURA

エイジング・スペシャリスト。コマーシャルモデル、テレビ司会などで活躍した後、渡米。NPO法人アンチエイジングネットワーク理事。シニアルネサンス財団理事。日本抗加齢医学会正会員。OurAgeで「キラキラの源」を連載中

 

 

「がん」と言われたとき 保坂隆先生

保坂 隆さん

TAKASHI HOSAKA

慶應義塾大学医学部卒業。聖路加国際病院リエゾンセンター長。同精神腫瘍科部長。聖路加国際大学臨床教授。京都府立医大客員教授。東京医科歯科大学医学部非常勤講師。高野山大学客員教授

 

 

これから自分に起こることを想像して
ネガティブに(朝倉)

朝倉 私は昨年、乳がんを発症しました。幸いにして段階はステージ1。リンパへの転移もなく放射線治療も不要、乳房も温存できるという、非常にラッキーなケースでした。ところが手術前、長年続けてきたHRT(ホルモン補充療法)をホルモン療法(※)のために中止し、女性ホルモンを止める薬を飲みはじめた途端、体調が一変。生活に支障が出るほどの症状に悩まされたのです。

 

保坂 どのような症状が出ましたか?

 

朝倉 まず1週間ほどで肌の乾燥がひどくなり、髪はパサパサ、目もガイコツのように落ちくぼみ…。まるで体中の水分が抜け出ていくような感じでした。唾液も出なくなったせいで口の中が痛み、食事も楽しめない。しかもその薬は、この先5年間も飲み続けなければいけないのです。それが何よりショックで、うつ状態に陥りました。

 

保坂 99.9%の人は、がんと言われたことにショックを受けるのに、匠子さんはホルモンのことで落ち込んだ。

 

朝倉 女性ホルモンの重要性を熟知していただけに、これから自分に起こる事態を想像して、どんどんネガティブになっていったのです。この超ポジティブな性格の私が、気がつくとスマホで「死ぬ方法」を検索していたのですから相当ですよ(笑)。知人の紹介で保坂先生にお会いしたのはちょうどその頃です。がん患者の心のケアを目的とした「精神腫瘍科」があることも、そのとき初めて知りました。この科は全国でもまだまだ少ないですよね?

 

保坂 少ないです。ですが、がん診療連携拠点病院には、心のケアについて相談できる窓口や緩和ケアなどがあります。主治医や看護師に聞けば教えてくれるので、ぜひ利用してください。

 

朝倉 私は保坂先生のカウンセリングで、うつ状態から立ち直りました。心のケアは本当に重要だと思います。

 

保坂 一般的な精神科の医師は、健康な体で「死にたい」と言っている患者さんを生かすのが仕事ですが、精神腫瘍科の医師は、病気の体で「生きたい」と言っている患者さんを助けるのが仕事。方向性が逆なので、当然アプローチの仕方も違ってきます。僕自身、今の部署に来たとき「30年も精神科医をしてきたのだから、そのノウハウをがん患者さんにも生かせばいい」と思っていました。ところが、そんな経験は何の役にも立たなかった。なぜなら、がんには「死」が大きくかかわるから。

 

 

※女性ホルモンであるエストロゲンの分泌や作用をホルモン療法剤で阻害し、乳がんの再発を防ぐ治療法。副作用として、更年期様症状が現れることも

 

 

朝倉さんと保坂先生の対談は次のページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top