大西結花さんのダイエットチャレンジ/オキテ2 健康と栄養の正しい知識を知る


大西結花さんのダイエットチャレンジ2回目は健康と栄養についてご紹介。ただのカロリー制限では脂肪は燃えない、栄養はどれが欠けてもダメなのだとか。効率の良いダイエットのための食事の知識、しっかり身につけましょう!

 

 

アラフィフダイエットの

オキテ2

健康と栄養の正しい
知識を身につける

自分では正しいと思っていた食事も、専門家の目から見ればすぐにNGな点が判明! ご多分に漏れず大西さんも…

大西結花さん 大西さんと麻生先生

「必要な栄養をその日のうちに」がキャッチフレーズ。「昨日お肉を食べたから今日はなくてもいい、なんて考えてました。毎日が大事なんですね」。この日を境に本当に変わりました

 

 

自己流の糖質制限では
痩せなくて当たり前

大西さんは数年前からすでに、低糖質な食事を心がけていました。主食は少なめ、タンパク質をできるだけとる。最近多く見かける、ブランパンなどの低糖質食品もよく利用して。実はそれでもなかなか痩せないことに悩んでいたのです。

 

ダイエット前に、大西さんの食生活をチェックしてくれたのは、管理栄養士の麻生れいみ先生。正しい糖質制限やケトジェニックダイエットの指導で、右に出る者はいません。10日間分の大西さんの食事記録(アラフィフダイエットのオキテ5 ・後日アップ予定)を見た麻生先生。「確かに低糖質ではあるけれど、かなり栄養不足! 食物繊維もビタミン、ミネラルもまったく足りていません。全体的に加工食品に頼りすぎです。タンパク質も炭水化物もなるべく自然のものからとりましょう。栄養はどれが欠けてもダメ。栄養が足りていなければ、いくら低糖質でも脂肪がエネルギーに変わることは永遠にないの。そして重要なことは、低糖質食ではカロリー計算は忘れてね!」

 

マシンガンのように次々に繰り出されるアドバイスに、大西さんタジタジ。麻生先生が指導するのは「脂肪を燃やすための低糖質な食事法」。糖質を控えたうえで、大切なことは大きく3つです。

 

①タンパク質は1日約60g以上(肉や魚に換算して合計300g以上)

②食物繊維は20gを目安に(野菜・きのこ・海藻で400g程度)

③オメガ3脂肪酸を1.6g程度(亜麻仁油やえごま油を大さじ1)

 

大西結花さん 麻生れいみ先生

麻生れいみさん

Reimi Aso

1964年生まれ。管理栄養士。企業の特定保健指導・栄養相談を務めるかたわら、病院の臨床研究において栄養療法を監修。ダイエット指導はこれまで約6,000人以上。その他、飲食店メニュー開発、調理指導、フードコーディネート、講演など活動は多岐にわたり、レシピ本の著書多数

 

大西結花さん パソコン

「ただのカロリー制限では脂肪は燃えない。糖質は控えても栄養はたくさんとる! が正しいの」(麻生先生)

 

 

 

次のページでは1日に必要な野菜の量などをご紹介。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top