OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/175178/

甲状腺ホルモンを増やす食べ物、食材とは?

甲状腺ホルモンは、
海藻などのヨウ素が材料

 

甲状腺は海藻などに含まれる栄養素、ヨウ素(ヨードともいう)を取り込み、これを材料に甲状腺ホルモンを作ります。海藻をよく食べる日本人は、材料が不足することはほぼありません。

ヨウ素が血液に乗って甲状腺に取り込まれると、ヨウ素がひとつのMITと、ヨウ素がふたつのDITが作られます。

 

 

 

甲状腺ホルモンは2種類!
ヨウ素3個のT3、ヨウ素4個のT4

甲状腺ホルモンには ヨウ素が3つ結合したT3と、4つ結合したT4の2種類があり、4分の3を占めるT4は、T3の前駆体のようなもの。必要に応じて作用の強いT3に変化して使われます。

 

最終的に働けるのは、タンパク質と結合していない遊離型の甲状腺ホルモンで、これらをF T3(フリーT3)、FT4(フリーT4)と呼びます。

 

 

MIT +DIT =T3(トリヨードサイロニン)

DIT+DIT=T4(サイロキシン)

 

ホルモンの動向を見るには
FT3、FT4を調べるのが一般的

血液検査で調べるF T3の量で甲状腺ホルモンの「作用の程度」がわかり、また、F T4でホルモンを「作る能力」がわかります。

血液中では甲状腺ホルモンの4分の3がT4として存在し、体の各臓器で作用の強いT3に変化して使われます

 

 

タンパク質と結合していない遊離型ホルモンFT3とFT4だけが細胞に入って働くことができるため、これらを測定します

 

甲状腺ホルモンの分泌量を
調整しているのは、実は脳!

血液中の甲状腺ホルモンが多いと脳の指令で分泌量が抑えられ、少ないと分泌量を増やすように働きかけるため、一定の量が保たれています

 

 

 

次回は、甲状腺ホルモンの検査項目についてみていきます。

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/蓮見則子

MyAge購入バナー(正)

<前の記事

<前の記事
第3回/甲状腺ホルモンが多すぎた場合、少なすぎた場合に表れる症状とは!?…

次の記事>

次の記事>
第5回/甲状腺ホルモンの血液検査。結果の数字の見方とは?…

この連載の最新記事

予備軍1000万人!甲状腺ホルモンが気になったときに読む5冊

第9回/予備軍1000万人!甲状腺ホルモンが気になったときに読む5冊

甲状腺ホルモンの素朴な疑問Q&A③バセドウ病になると眼球が飛び出るのはなぜ?ほか

第8回/甲状腺ホルモンの素朴な疑問Q&A③バセドウ病になると眼球が飛び出るのはなぜ?ほか

甲状腺ホルモンの素朴な疑問Q&A②甲状腺ホルモンの病気は遺伝するの?ほか

第7回/甲状腺ホルモンの素朴な疑問Q&A②甲状腺ホルモンの病気は遺伝するの?ほか

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル