重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。6月にシンガポールで開催された著名なグルメアワードである「The World’s 50 Best Restaurants」の授賞式出席もかねて、シンガポールへ。都市リゾートと国際経済の先端を走るビジネスマンの気分とちょっとしたミラクルを味わう旅をしてきました。

 

 

2019年は、近代シンガポール建国の父と言われる英国のラッフルズ卿の上陸からちょうど200年です。イギリスの植民地時代からのコロニアル様式の建物が、白亜にお化粧直しされて美術館や博物館など活用されているラッフレイズ・プレイス。ヴィクトリア・シアター&コンサートホールの前にはラッフルズ卿の銅像が立って、今日のシンガポールを見つめています。

 

瞳の先には、シンガポールの象徴“マーライオン”が立つマリーナ・ベイが広がります。そんな眺めを一望できる「マンダリン オリエンタル シンガポール」が今回の滞在先です。ビジネスにもバカンスにも最高の時間を提供してくれるホテルとして評価が高く、ホテル、スパ共に米「フォーブス・トラベル・ガイド」誌で2019年に5ツ星に格付けされています。

 

 

出発は、日本で仕事を終えて夜中に羽田から出るシンガポール航空の直行便で。今回はプレミアムエコノミー(プレエコ)を利用したので、チェックインはビジネスクラスと一緒の列でスムーズ。

東京発のプレエコ利用女性向けサービス「なごみ+」に事前登録しておくと、チェックイン時にこんなかわいいポーチがもらえます。中には、天然水使用ノンアルコールウェットティッシュや“蒸気でホットアイマスク”、白いオーキッドのバスペタルなどシンガポール航空日本地区の女性チームが選んだといううれしいアメニティが入っています。

 

 

飛行時間は、約7時間。一眠りして、到着は朝。今回は、授賞式出席や現地メディアとの打ち合わせなど仕事もあるので、まずはチェックインの前にマリーナ・ベイを一望する眺めの素晴らしいプールエリアにある「ザ・スパ」でリフレッシュ。

1時間30分のオリエンタルエッセンストリートメントにセラピストが選んでくれたのはフランキンセンス、ユーカリプス、パインなどをブレンドしたオイル。ほかにも、ゲスト一人一人のニーズに合わせたトリートメントをカスタムメイドで作る「シグニチャー・トリートメント タイムリチュアルTM」や、頭、首、目などを中心にケアしてデジタルデバイスによる疲れを癒す1時間半の「デジタル・ウェルネス・エスケープ」、1時間の「ジェット・ラグ」など疲労回復のためのメニューも揃っています。

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第103回
シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top