OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

記事一覧を見る

こんにちは小野アムスデン道子です。成田からデルタ航空で直行できるアメリカ北西部のポートランドは、アメリカ人の夫のホームタウンで、そこも私のベース。東京、ポートランド、そして世界へと飛び回っています。

クラフトビールやサスティナブルなライフスタイルで知られている街ですが、そこから車で15分も走れば緑豊かでワイナリー巡りも楽しめる、トゥアラティンバレ―が広がります。のんびりとおいしいワインを味わった、夏休みの思い出の旅をご紹介します。

 

 

ワイナリー巡りに出かけたのは7月初夏の一日。トゥアラティンバレ―では、ラベンダーファームもあちこちありますが、一軒目に訪れた世界的にも知られるワイナリー「ポンジー・ヴァインヤーズ」の入り口にも、美しくラベンダーが咲き誇っていました。ウェルカムワインは、きりっと冷やしたピノ・ノワールのロゼ。

今日、オレゴンワインの代名詞のような“ピノ・ノワール”品種。このブドウでワイン造りを始めたパイオニアとも言えるのが「ポンジー・ヴァインヤーズ」です。1970年にディック&ナンシー夫婦が創立して以来、今や130エーカーもの広さを誇るワイナリーとなりました。

斜面を利用したグラビティフロー(ワインの醸造過程でポンプではなく、重力を利用してブドウやワインを移動させダメージを防ぐ)、醸造所の屋根には太陽光パネルとサスティナブルなワイン造りをしています。100%フレンチオーク樽で熟成されたワインは香り高く、全米でも高評価を得て、ホワイトハウスの晩餐会にもたびたび登場するほど。

ワイナリーツアーは、今も家族経営のワイナリーの歴史やワイン造りへのこだわりを聞きながら、途中に試飲も(ツアー40ドル、試飲のみ20ドル)。最後は美しいブドウ畑を一望するテイスティングルームでも、ピノ・ノワールだけでなくピノ・グリ、シャルドネ、リースリングなどいろいろなブドウのワインを勧めてくれました。

 

ポンジー・ヴァインヤーズ  Ponzi Vineyards

https://www.ponzivineyards.com

<前の記事

<前の記事
第103回/シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分…

次の記事>

次の記事>
第105回/東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート…

この連載の最新記事

東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

第105回/東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

第104回/直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

第103回/シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル