OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

SOS!こんな時、カラダどうすればいいの ②

こんにちは
漫画家の井上きみどりです。
いつ、どこで、何が起こるかわからない今の時代。
災害と女性とカラダについて
OurAge世代の皆さんと考えたい・・ということで
前回から
「SOS!こんな時、カラダどうすればいいの?」について
書かせて頂いております。

 

 

2回目の今回のテーマは・・・

SOSイラスト

「え?傘袋って、あの傘袋?」
・・・・・そうなんです。
あの傘袋なのです。
では閉じ込められたエレベーターの中で
何をするために必要かというと・・・

 

 

トイレなのです・・・。

 

 

「すぐに救助が来てくれるでしょ?」
「そんな緊急時にトイレなんてガマンできるわよー」
・・と思っていらっしゃる方が多いかもしれませんが
大災害時には

 

「すぐに救助」なんてありえません。

 

 

何が起こっても、せめて2〜3日は
自分の身を自分で守る体力知力が必要です。
しかも災害時はトイレ問題が二の次にされる雰囲気があり
なかなか「トイレ行きたい」とは口に出して言いにくい・・・。
だからって、緊急用の簡易トイレを
いつも持ち運ぶなんてムリ。
そんな時、トイレ代わりになるのが
傘袋に使われているポリエチレン製の袋なのです。

ポリ袋

 

泌尿器科の女医さんのアドバイスによると
「緊急トイレとしては、傘袋は男性用よね(笑)」

・・・ということで
女性用には、同じ素材で
台所用品として売られているポリ袋がおススメ。
スーパーでよく見かける半透明のシャカシャカな、あの袋です。
泌尿器科外来では突然血尿が出た患者さんが
ポリ袋に尿を採取して
病院に持って来られることがあるということですが
患者さんがバッグに入れて持参されても漏れていないそうです。
あとはポケットティッシュがあれば、安心ですね。

ポリ袋使用図イラスト

 

閉じ込められるのはエレベーターだけではありません。
先月の全国的な大雪の日は
私の友人は、近所のトンネルに
24時間閉じ込められるという災難に遭いました。
しかもこの友人、
トンネルに閉じ込められたのは初めてではないそう・・。

 

 

2度あることは3度ある。
災害大国・日本では何度あってもおかしくない。
外出の際は、是非ポリ袋をバッグに忍ばせて下さいね。

 

 

次回は

「SOS! 緊急搬送。そのとき下着、どうする?」
・・・をお届けします。

<前の記事

<前の記事
第1回/SOS!こんな時、カラダどうすればいいの?…

次の記事>

次の記事>
第3回/SOS!こんな時、カラダどうすればいいの ③…

この連載の最新記事

SOS!!「大災害の避難 お金はどうすればいいの…!?」

第8回/SOS!!「大災害の避難 お金はどうすればいいの…!?」

SOS!! 「災害時のトイレ、どう備えておけばいいの?」

第7回/SOS!! 「災害時のトイレ、どう備えておけばいいの?」

SOS!!災害用品 マストなのは化粧品とブラ?

第6回/SOS!!災害用品 マストなのは化粧品とブラ?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル