OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/diet/250110/

40代50代の「ぽっこりお腹」を確実に凹ませる方法、見つけました!

あさこ

あさこ

何を隠そう、MyAge夏号巻頭特集「ぽっこりお腹凹ませ!完全マニュアル」を2カ月半、実践してお腹まわりが約14㎝も減ったのは私です。つらい筋トレいっさいなし、下半身数か所の筋膜リリースをしてから、呼吸法を意識しながら骨盤底筋をきゅ~っと引き上げる体操。これを寝る前の15分ほど毎日続けるだけ。これ、ホント~に効きますから!(体験者語る)

記事一覧を見る

太っている人もやせている人も、なぜか40代以降になると悩みが深くなるのが「ぽっこりお腹」。そこで…

 

明日、7月1日(木)発売のMyAge 2021 夏号の巻頭特集はズバリ、「ぽっこりお腹凹ませ! 完全マニュアル

 

OurAgeで行なったアンケートによれば、自分の体の見た目についての不満や見た目のダントツ1位が「お腹まわり」。

OurAgeアンケート「自分の体についての不満や悩み」の結果グラフ

 

全体にたっぷりしたお腹や段々腹、下腹だけが出ているなど、人によりタイプはさまざまですが、なぜこの世代はお腹が「出て」しまうのでしょう?

 

「若いうちは女性ホルモンの影響で皮下脂肪がつきやすい一方、内臓脂肪はつきにくいのですが、更年期以降は女性ホルモンが減少し、内臓脂肪が男性なみにつきやすくなります」と言うのは、肝臓専門医の栗原毅先生。つまり、Myage/OurAge世代に多いぽっこりシルエットの“中身”は内臓脂肪なんですね

 

 

閉経をはさんで前後10年間の更年期には、女性ホルモンが急激に低下。と当時に、年齢とともに基礎代謝も下がるので、これまでと同じ生活をしていると脂肪が増えるのはあたりまえ、というわけです。

 

MyAge 夏号では、こうした世代特有の原因を踏まえ、専門家の知恵を結集。40代以降のぽっこりお腹を凹ませるパーフェクトなメソッドを編み出しました!

 

 

MyAge式「ぽっこり撃退マニュアル」とは…

 

ぽっこりお腹に関係するのは、腹部のいちばん奥にあり、姿勢や呼吸のサポートをしている“腹横筋”。腹横筋は骨盤底筋などとともに「インナーユニット」として胴体を支えているため、これらを一緒に動かすトレーニングが大切!

 

MyAge式ぽっこり撃退法は、大きく分けて

①まず筋膜をほぐしてインナーユニットを活性化

②インナーユニットを連動して働かせるために正しい呼吸を覚える

③骨盤底筋を正しく収縮させてインナーユニットを働かせる

という3つのステップが基本。よくある腹筋運動は、おなかの一番外側にある腹直筋を鍛えるものなので、今回はいっさい行いません。

 

ぽっこり撃退STEP 1:下半身の筋膜ほぐし

 

ぽっこり撃退メソッドの構築にご協力いただいたのは、筋膜調整サロン「トリガー」のみなさん。「筋膜は、全身の筋肉を包んでいる1枚仕立ての全身タイツのようなもの。この筋膜の滑りが悪いと、反り腰などのよくない姿勢になったり、骨盤底筋や腹横筋の機能が低下。それがぽっこりお腹の原因になっている人も多いと思います」と言います。

 

今回教えていただいたのは、筋膜が固まりやすい下半身のポイント6カ所と、その刺激の方法。

刺激したとき、鈍い痛みやイタ気持ちいい痛みがあるなら、それは筋肉自体の痛み。ほぐすべき筋膜を的確に刺激すると、ゴリゴリと硬さがあったり、針で刺されたような鋭い痛み、ズキズキする痛みがあるので、それを目安に、痛みがなくなるまで我慢して続けます。

 

ぽっこりお腹凹ませマニュアルのステップ1、筋膜リリース

 

ぽっこり撃退STEP2:骨盤底筋を目覚めさせる呼吸レッスン

 

筋膜をほぐしたら、骨盤底筋などのインナーユニットを連動して動かすための「横隔膜呼吸」をトレーニング。横隔膜がしっかり上下に動いて呼吸できていれば、自然と骨盤底筋も働くようになる…のですが、意外とこれが難しい!

ぽっこりお腹凹ませマニュアルステップ2、呼吸法

 

ぽっこり撃退STEP3:骨盤底筋をしっかり収縮

 

そして要となる骨盤底筋が正しく動かせるようにトレーニング。長年、間違った動かし方をしている人も多いので、ぜひ誌面でご紹介している「骨盤底筋の再教育法」をもとに、正しい動かし方に修正しましょう!

ぽっこりお腹凹ませマニュアルステップ3、骨盤底筋を正しく動かす

 

MyAge夏号では、このメソッドを2カ月実践した40代~60代の女性5人のビフォーアフターもご紹介。全員が見事にぽっこりお腹を解消し、なんと、お腹まわりのサイズが約6センチから最大14センチも減少するという結果に!

効果絶大な完全マニュアルは、お腹まわりのシルエットに悩む大人女性必見です。詳しくはぜひ誌面で! より詳しくメソッドがわかる動画のQRコードも掲載しています。

 

MyAge 2021 夏号表紙 モデルは黒田知永子さん

 

このほか、MyAge夏号は40代50代の女性のキレイと元気を応援する情報が満載です。

 

●Book in Bookは、心と体の不調をセルフケアする「更年期に効く! ゆるツボBOOK」。押す場所も刺激の仕方も、ゆる~くて大丈夫。ホットフラッシュや倦怠感、不眠など更年期の症状ごとに“ゆるツボ”スポットをご紹介。更年期世代必携の保存版です。

 

●筋力低下や骨・関節の劣化が始まる40歳前後は “足の曲がり角”。外反母趾や足底筋膜炎などの足トラブルだけでなく、足アーチのくずれが原因で膝や腰など全身の不調も起きやすくなります。転ばぬ先の「足メンテ」、今すぐ始めましょう!

 

閉経前後に「いつの間にか高血圧」になっている女性が多い理由は? 注目の“血管拡張ガス”NO(一酸化窒素)を増やすコツなど、自分で血圧を下げる方法教えます。

 

 

MyAge 夏号の詳しい内容と試し読みはこちでぜひチェックを!

MyAgeのご購入はお近くの書店にて。HAPPY PLUS STOREでもお買い求めいただけます。

最新号およびバックナンバーはこちらのネット書店でも。

 

 

 

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/レイナ(クリスタリン) モデル/猪原えりこ スタイリスト/鈴木由里香 イラスト/かくたりかこ グラフ作成/ビーワークス 取材・原文/蓮見則子

今すぐチェック!

筋トレしても効果が出ない!50代の「筋肉育て」に必要な“Eルチン”とは?

筋トレしても効果が出ない!50代の「筋肉育て」に必要な“Eルチン”とは?

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル