OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/206396/

【動画あり】自粛の影響!? マスクの下に「顔たるみ」が!? 撃退エクササイズを50代人気歯科医が動画で公開!!

石井さとこ

石井さとこ

歯科医・ 口もと美容スペシャリスト。

歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。明るく、フレンドリーなキャラクターから「さとこ先生」と呼ばれ親しまれている。
女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口元メイクについてのアドバイスに定評がある。
女優・モデル・タレント・アナウンサーなど、多数のビューティーセレブからの信頼も厚い。最新刊は『美しい口もと』。

略歴
「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。
2005年からミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、
オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。
同年、知花くららさんがミス・ユニバース世界大会第2位。
2007年には森理世さんがミス・ユニバース世界大会で日本人
48年ぶりの優勝を飾る。
また、2008年代表の美馬寛子さん、2009年代表の宮坂絵美里さんや、
2010年代表の板井麻衣子さんも大きな結果を残す。以降2012年まで務める。

OurAgeインタビュー「双子の子育てをしながら訪れた“3つの転機”で、世の女性たちに自信を持たせてくれる専門医に」はこちら

記事一覧を見る

気持ちが落ちると、たるみも進む!?

顔の筋肉を目覚めさせて、顔たるみに活!!

 

緊急事態宣言が全国に発令されて、先の見えない不安感が日本中に浸透していますね。相手は、目に見えない新型のウィルス。その本性が解明されるのは、まだ時間がかかりそうです。

私たちに、出来ることは、手洗いを徹底して行うことや、うがいをすることだけでなく、人との接触を極力避けながら生活する、移動を制限すること・・・etc.

今までの生活とは違う状況に置かれることで、戸惑いを感じたり、気持ちがついて行かなくなったりすることもあります。

当然、気持ちも落ち込みますね。

また、マスク不足においても解消とは程遠い現状・・・。ですが、日本人らしい手先の器用さと、きめの細かい心使いで、ステキな手作りの布マスクがあらゆる所に登場しているのには、目を奪われたり、心を動かされたりします。

 

『コーネンキなんてこわくない』著者の作家・横森理香さんからいただいたマスクは、歯とデンタルケアグッズ柄で心も癒されております♡

 

気持ちが落ちると、顔の筋肉に影響ってあるの?

 

実は顔や口もと周りの筋肉は、気分のアップダウンで変化します。

顔は大小30以上の様々な筋肉の集まる場所です。毎日の何気ない仕草や、使い方のクセが反映されやすいとも言われてます。同時に、緊張感の連続や、不安などの精神状態から来る、強張りを引き寄せてしまうことがあります。

今の時期は、楽しいこと、開放感があることが抑えられていますね。笑顔が少なくなった、口角周りが下がった、という声も耳にします。

また、マスクの装着は感染予防にはほぼ必須の毎日です。このマスク装着の継続は、表情筋を使う様々な筋肉の連動を少なくさせてしまいます。

つまりマスクをしていることで、無表情化も進んでしまうのです。マスクをしていると、瞬きすることが少なくなるのか、目を見開いたりしまいがちになりますね。

これは、おでこの前頭筋に力が入り、目線が強くなり、怖い表情に見えたりします。

さらに口もと周りの筋肉を使う機会が減ることや、人から見られない気持ちの緩みも加わって、口角が下がってくると、顔全体の筋力低下につながります。口もと周りには、顔の筋肉の7割が司っていることを思い出してみましょう。

 

感情筋を図解してみました。初のイラストです。お見苦しい点はご容赦ください。

 

マスク生活で運動不足の顔の筋肉を目覚めさせてあげましょう!

 

室内での自粛勤務や、行動範囲の減少で体が運動不足になりがちな今。一方では、現場で激務を強いられている医療従事者。

深く感謝し、同時に、彼らの負担を減らすために私たちが出来ることは、健康維持に努めることですね。

体の健康維持と同じく、心もなるべく軽やかに維持していきたいと思います。外出先から帰宅して、手洗い、うがい、消毒を果たした後に、マスクの下で凝り固まった表情筋も開放してあげましょう。

ここで、ポイントは、最近使っていない顔の筋肉を自分で大きく動かすこと。

 

エステや、美顔器も良いですが、自分の筋肉を自分で動かすことで道具を使うよりも血流が1.5倍促されます。

同時に、リンパ液の流れも良くなり、顔周りの新陳代謝が良くなります。口もと周りの筋肉も連動するので、唾液も出やすくなりますね。しかも、お金がかかりません。良い連鎖です☺

 

簡単エクササイズで楽しく、心を解放!!

「感情筋エクササイズ」、動画で一緒にやってみましょう。

 

 

緊張感や、不安から来る顔の強張りや、マスクの下で表情筋の一部しか使っていないことでの無表情化は、心も顔も老け込んでしまいます。

楽しい気持ちや、開放感を表す表情筋は、主に笑筋や大頬骨筋。この周囲の筋肉を活躍させてあげることで、笑顔が沸き起こります。

嬉しいとか、楽しい気持ち、良い感動の気持ちの感情を表して、顔の筋肉を大きく動かしてあげることは、顔全体を生き生きとさせるエクササイズ効果があります。

同時に、心も軽やかになります。顔と心って、繋がっているなと感じます。

 

★感情筋エクササイズ★

 

【お家で口もと美容】動画公開!!

では、表情筋の中でも笑筋やその周りの筋肉を鍛え、心も動かす

「感情筋エクササイズ」、やってみましょう!!

ワン・ツーフィニッシュで、簡単ですよ!!

 

 

 

ポイントを説明します。

point①

 

びっくり顔は、縦に大きく!! 5秒キープ!

 

point②

 

膨れ顔は、真ん中に空気を集めるように膨らまして、横に溜める。5秒キープ!

 

 

ワン、ツーともに、なるべく、大きく動かすこと。

楽しい気持ちや、感動したことを思い出しながら、やってみてください。鏡を見ながら行うのもオッケーです。笑顔をお忘れなく!!

心が疲れると、体の不調も引き寄せてしまいます。

ストレスのたまる日々ですが、毎日の中で、小さくても幸せなことを見つけながら、良い感情を目覚めさせてあげましょう。

<前の記事

<前の記事
第24回/新型コロナウィルスに負けない! 50代人気歯科医が実践する感染予防対策…

次の記事>

次の記事>
第26回/忍び寄る「マスク老け」の危機!! その3大兆候とは? 50代人気歯科医が指摘!!①…

この連載の最新記事

【動画あり】「マスク老け」の危機を回避!! 50代人気歯科医が簡単メソッド公開!! ②

第27回/【動画あり】「マスク老け」の危機を回避!! 50代人気歯科医が簡単メソッド公開!! ②

忍び寄る「マスク老け」の危機!! その3大兆候とは?  50代人気歯科医が指摘!!①

第26回/忍び寄る「マスク老け」の危機!! その3大兆候とは? 50代人気歯科医が指摘!!①

【動画あり】自粛の影響!? マスクの下に「顔たるみ」が!? 撃退エクササイズを50代人気歯科医が動画で公開!!

第25回/【動画あり】自粛の影響!? マスクの下に「顔たるみ」が!? 撃退エクササイズを50代人気歯科医が動画で公開!!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル