HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/239475/

新型コロナにかかりにくい体になるには?/根来教授の特別講座⑧

根来秀行

根来秀行

1967年、東京都生まれ。医師、医学博士。この連載から生まれた『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(いずれも集英社)が好評発売中。ハーバード大学医学部客員教授(Harvard PKD Center Collaborator, Visiting Professor)、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、信州大学特任教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

記事一覧を見る

コロナ禍での生活のなか、なんとなく体の調子が不安定…。新型コロナにかかりにくくするために出来ることって何でしょう? ハーバード&ソルボンヌ大学医学部・根来秀行教授に詳しく伺いました。

 

 

昼と夜の呼吸法を使い分け、自律神経のメリハリをつけて

 

生活習慣を正し、自然免疫が高くなる状態をキープすることで、感染や重症化を一定程度は防ぐことができるはず。何より大事なのは、副交感神経が優位になる状態をできるだけ増やすことです。

 

コロナ禍にいる私たちの体は交感神経が上がりやすい状態で、体内時計が乱れ、副交感神経へのスイッチが入りにくくなっています。そのせいで毛細血管が収縮している時間が長くなり、全身の毛細血管への血流が低下し、体の中心に血液が集中。

 

血流が悪化して全身の細胞に酸素や栄養が行き渡りにくくなり、細胞呼吸の効率が低下。細胞を取り巻く内部環境が悪化しています。

 

この状態が続くと、血圧も高くなり、血管の内皮細胞も傷つき、新型コロナの感染リスク、重症化リスクが高まります。実際、糖尿病や高血圧など、内皮細胞が傷む持病があると新型コロナに感染しやすく、重症化しやすいという報告があります。

 

そこでおすすめしたいのが、昼夜で呼吸法を使い分け、自律神経のメリハリをつける呼吸法。日中は、交感神経の上がりすぎを防ぐ「4・4・8呼吸法」を。これによって毛細血管への血流を増やすことが出来ます。

①ラクな姿勢で腰かけ、お腹の動きに意識を向けやすいように、おへその上に軽く手を置きます。準備として、腹式呼吸を2〜3回繰り返し、鼻から息を吐ききります。

②4秒かけて鼻から息を吸います。

③4秒息を止めます。

④8秒かけて鼻から細く長く息を吐きます。お腹を絞るようなイメージで。②〜④を4回繰り返します。

 

 

 

寝る前には、まずリンパの流れをスムーズにする「リンパ呼吸法」を行います。
お腹の真ん中あたりにある、全身の約8割のリンパ液が通る「乳び槽(にゅうびそう)」が刺激され、どろどろリンパがさらさらに変化します。
精神科医の名越康文さんにご紹介したら、毎晩の習慣にしてとても調子が良くなったそうで、朝の目覚めが全然違うとおっしゃっています(ハーバード大学Dr.根来の体内向上プロジェクト 〈第113回〉)。

 

続けて「10・20呼吸法」を行うことで、深い眠りに誘います。睡眠中の副交感神経をしっかり上げることで、リンパ球が優位になりウイルスやがん細胞を攻撃、自然免疫を向上させて自然治癒力を高めることにつながります。

①まずはリンパ呼吸法。あお向けに寝て膝を立て、「乳び槽」があるお腹の真ん中あたりに手を置きます。鼻から息を軽く吐き出してから、鼻から息を吸い込みます。

②お腹の力を緩め、細く長くゆっくりと同じペースで息を吐いていきます。
①と②をしばらく繰り返すと、乳び槽に程よい圧がかかって、ドロドロだったリンパがサラサラになり流れがスムーズに。

③続いて10・20呼吸法。下腹をゆっくり絞るようにして、鼻から息を吐ききったあと、下腹と肛門の力を抜いてゆっくり10数えながら、下腹を徐々にふくらませ、自然に鼻から息を吸っていきます。

④首から胸にかけて、ゆっくり力を抜いていくと、自然に鼻から息がもれます。
そのまま肛門をやんわり閉じていき、ゆっくり20数えながらさらに鼻から息を吐いていきます。下腹を徐々に絞っていき、最後は息を吐ききります。③・④を20回ほど繰り返します。

 

 

 

皆さん今日も素敵な一日を!

 

Dr.negoro_根来先生写真

根来秀行さん
Hideyuki Negoro

1967年生まれ。医師、医学博士。ハーバード大学医学部PKD Center Visiting Professor、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、信州大学特任教授、事業構想大学院大学理事・教授、社会情報大学理事。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など。最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。本連載から生まれた『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』(ともに集英社)が好評発売中

 

 

撮影/森山竜男 イラスト/浅生ハルミン 取材・原文/石丸久美子

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第127回/新型コロナにかかりやすく重症化しやすい人の共通点は?/根来教授の特別講座⑦…

次の記事>

次の記事>
第129回/免疫を上げるためには、どのような食事がいいの?/根来教授の特別講座⑨…

この連載の最新記事

根来式「ジョグウォーク」の若返り効果とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める③」

第156回/根来式「ジョグウォーク」の若返り効果とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める③」

私たちの免疫システムを支えるミトコンドリアの役割とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める②」

第155回/私たちの免疫システムを支えるミトコンドリアの役割とは?/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める②」

歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

第154回/歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル