HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/209728/

【動画あり】オペラ歌手・田村麻子さん直伝の「肺活」!“声のツボ”を刺激して老け声を予防する

NYを拠点に活躍する世界的オペラ歌手、田村笹子さん秘伝の「肺活」。免疫力アップや美姿勢にも効果のあるレッスンの第2回は、いい声を出すために効く“声のツボ”をご紹介します

こんにちは! オペラ歌手の田村麻子です。

 

よい声を出すために効く「ツボ」が、じつはいろいろと存在します。

 

私が自分の経験と、さまざまなレッスンや整体の施術から「これは声に効果がある」と感じて、自分なりのメソッドを編み出したツボをご紹介しましょう。

どこの声楽科の教科書にも載ってない秘訣です。

 

田村麻子さん(たむらあさこ・ソプラノ歌手)

国立音楽大学声楽科、東京藝術大学大学院、マネス音楽院(米)首席修了。国内外のコンクールにて上位入賞。日韓共催ワールドカップの前夜祭3大テナーコンサートでは故・パヴァロッティ等と共演。2015年には米大リーグのナショナルズに招聘され、対ヤンキース戦にて外国人歌手として初めてアメリカ国歌斉唱の栄誉を得る。メトロポリタン歌劇場管弦楽 、BBC交響楽団等、国内外で多くのオーケストラと共演、また世界各地の歌劇場で主演を務める。www.asakotamura.com

 

 

 

第1回でもご説明したとおり、声とは肺から出す空気がのどを通るときに、声帯を振動させることで音になるもの。「肺」の力がすべてを制します。

 

そして声を共鳴させて大きく響きわたらせるのが、頭蓋骨や胸骨、あるいは体全体です。

ご自分の体を、美しく音を響かせる楽器だと考えて、これからお教えするツボをほぐしてみましょう。

 

 

Lesson4:を軽く叩きましょう

 

まず手ぐしで、こめかみの生えぎわのあたりから後ろに流すようにします。こめかみにはリンパが流れているので、手ぐしでかきあげることですっきりとします。

 

それから頭を軽く叩いて、頭蓋骨をゆるめていきましょう。頭蓋骨をゆるめると、声が共鳴しやすくなります。

決して強くたたかず、ぽんぽん、と軽く手のひらでたたいて下さい。頭全体を、50回ほどたたくのがおすすめです。

 

 

 

Lesson5:頬骨に沿ってツボを押しましょう

 

顔の骨には、声を出すためによいツボがいろいろとあります。フェイスマッサージのつもりで押してみましょう。

 

まず大切なのが、頬骨です。

人差し指・中指・薬指の三本で、「1,2.3」と3つ数えながら、頬骨を押してください。そこから頬骨の輪郭に沿って耳にいたるまで少しずつ移動しながら、1回ごとに「1,2,3」と数えながら押していきましょう。

 

 

Lesson6:鼻のまわりを押してみましょう

 

つぎに鼻のまわりも。三本の指を使って、「1,2.3」と数えながら、鼻筋から小鼻のまわり、そして鼻の下もゆっくり押していきます。

 

 

 

Lesson7:頭の後ろをマッサージしましょう

 

ちょうど目の奥からまっすぐ頭の後ろに当たる部分を、三本の指を使って、中央から左右に広げるようにマッサージしてみましょう。

ここには6枚の筋肉があるのですが、それをほぐしていくイメージです。

 

 

 

オペラを学ぶ人たちも、こうした基礎の基礎から始めて、歌うよりも前に、まず「声の出し方」を学んでいくのです。

ぜひこれらのツボを押して、より響く声にしてみましょう!

 

次回、第3回はのどまわりのツボを刺激していい声になる「のどトレ」をご紹介します!

 

 

 

◆◇発語発声講座 スピーキングボイスレッスン

<麻子メソッド> ~美声で健康を~◇◆

 

田村麻子さんが、プロの声楽家にしか伝授してこなかったメソッドを応用して、一般の方も参加できるオンラインのクラスを開催しています。

参加しやすい大人数のクラス$10(1,100円)、ひとりずつのフォームをしっかりチェックしてもらえるセミプライベートレッスン$35(3,700円)をご用意。日本からも、世界のどこからでもご参加できます。

開催日時などのお問い合わせは<asakolesson@gmail.com> まで

※声楽家を目指す人のためのオンライン声楽講座(全20回)はこちらから申し込めます。

 

 

取材・文/黒部エリ

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/【動画あり】世界的オペラ歌手が教える秘密の「肺活」で、元気な声と体を手に入れる!…

次の記事>

次の記事>
第3回/【動画あり】のどには美声のツボがあるんです! オペラ歌手・田村麻子さんの「肺活」レッスン…

この連載の最新記事

【動画あり】 “肺活”のかなめ、オペラ歌手直伝の「腹式呼吸」で肺活量を増やす!

第5回/【動画あり】 “肺活”のかなめ、オペラ歌手直伝の「腹式呼吸」で肺活量を増やす!

【動画あり】 年齢とともに衰えがちな「舌と口」を筋トレ! オペラ歌手・田村麻子さんの「肺活」レッスン

第4回/【動画あり】 年齢とともに衰えがちな「舌と口」を筋トレ! オペラ歌手・田村麻子さんの「肺活」レッスン

【動画あり】のどには美声のツボがあるんです! オペラ歌手・田村麻子さんの「肺活」レッスン

第3回/【動画あり】のどには美声のツボがあるんです! オペラ歌手・田村麻子さんの「肺活」レッスン

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

脂肪とお腹が気になってきたら! これだけ! 5カ条プログラム

PR

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

【動画】身近な事からSDGsに貢献しませんか? 今、「つめかえ」が進化しています。

歩く習慣がミトコンドリアを増やして免疫機能を高めます/根来秀行教授「免疫機能は歩いて高める①」

根来秀行根来秀行

今週の新着記事【ランキングトップ10】更年期、疲れがとれない、太る、眠れないなら「甲状腺」を疑って/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル