HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/252975/

「ぽっこりお腹」解消に重要な4つの筋肉「インナーユニット」とは?/「ぽっこりお腹」凹ませ<理論編④>

ぽっこりお腹をへこませるために腹横筋を働かせるには、骨盤底筋を含む「インナーユニット」と呼ばれる4つの筋肉を攻略する必要があります。スムーズに機能させるための方法とは?

 

お話を伺ったのは

金岡恒治先生 整形外科医

金岡恒治さん
Koji Kaneoka

1962年生まれ。整形外科医。早稲田大学スポーツ科学学術院教授。筑波大学整形外科講師を経て、2007年から早稲田大学にてスポーツ医学、運動療法の教育・研究に携わる。シドニー、アテネ、北京五輪の水泳チームドクターを務め、ロンドン五輪にはJOC本部ドクターとして帯同。日本における体幹深部筋研究の第一人者

 

鍵を握るのは骨盤底筋! 筋トレよりも呼吸が大切

腹横筋は骨盤底筋などとともに「インナーユニット」として胴体を支えているため、協働させるトレーニングが大切。

 

「骨盤底筋を収縮させるとそれがスイッチになり、腹横筋も一緒に働くことは間違いありません。呼吸をすることで骨盤底筋と横隔膜が連動して動きます。とても地味な訓練ですが、呼吸がインナーユニットを動かすポイントになるのです」

 

 

4つの筋肉「インナーユニット」を攻略

インナーユニットは体幹の深部にある4つの筋肉で構成されるもの。上は横隔膜、下は骨盤底筋群、後ろは多裂筋、そして側面を腹横筋が囲んでかごのようになっているとイメージしましょう。

 

このユニットがしっかり機能することで体幹が安定し、正しい姿勢が維持できるのです。意外にも骨盤底筋のスイッチが入ると腹横筋が一緒に働き、ユニットがスムーズに機能します。

4つの筋肉「インナーユニット」

女性にとって重要な骨盤底筋

全世代の女性にとって重要な骨盤底筋は、体型維持においても大事な部位でした。骨盤底筋をうまく使えることが、お腹をへこますキーに!

 

 

骨盤底筋と腹横筋は“呼吸”によって活性化

覚えたいのは、インナーユニットが連動し、骨盤底筋を使えるようにする正しい「呼吸」。まず、息を吐くときは肺がしぼむので横隔膜が上がり、骨盤底筋も腹横筋も収縮します。息を吸うときは肺がふくらみ、肺に押されて横隔膜は下がり、同時に骨盤底筋も腹横筋もリラックス。これが自然な呼吸です。

 

息を吐くとき

息を吐くとき

横隔膜、骨盤底筋が収縮して上がり、腹横筋も締まる。

 

息を吸うとき

息を吸うとき

横隔膜と骨盤底筋が下がり、腹横筋もリラックス!

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/蓮見則子

 

 

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第4回/腹筋運動をしても「ぽっこりお腹」がへこまない理由とは/「ぽっこりお腹」凹ませ<理論編③>…

次の記事>

次の記事>
第6回/筋膜ケアが「ぽっこりお腹」解消の近道になる!?/「ぽっこりお腹」凹ませ<理論編⑤ 筋膜ケア>…

この連載の最新記事

筋膜メソッドと食改善で体脂肪6%減、へそまわりは14cmも減!<50代・A子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑦

第24回/筋膜メソッドと食改善で体脂肪6%減、へそまわりは14cmも減!<50代・A子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑦

腹横筋と食生活改善でへそまわりが-10cmに!<60代・Y子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑥

第23回/腹横筋と食生活改善でへそまわりが-10cmに!<60代・Y子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑥

呼吸筋が使えるときれいにやせる、まさにお手本!<40代・O子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑤

第22回/呼吸筋が使えるときれいにやせる、まさにお手本!<40代・O子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑤

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル