HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/341687/

垂れたお尻を引き上げる「床バレエ」エクササイズ<うつ伏せ尻トレ>/バレエ王子・竹田純さん

バレエダンサーの竹田純さんが考案した「床バレエ」は、しなやかな筋肉がついて引き締まると評判。うつぶせ寝のまま行う、お尻トレーニングでヒップアップを目指します。

垂れ尻を引き上げる

うつ伏せ尻トレ

膝下を交差させて骨盤を調整してから膝を引き上げる動きで、お尻が鍛えられ垂れ尻がアップ。

 

1~2を15秒

1. うつ伏せで脚を腰幅に開き両膝を曲げる

うつ伏せで脚を腰幅に開き両膝を曲げる

うつ伏せになり、両手をおでこの下に置きます。脚を腰幅に開いて両膝を曲げます

 

2. 膝下を内側に倒して交差させ、元に戻すのを繰り返す

膝下を内側に倒して交差させ、元に戻すのを繰り返す

膝下を内側に倒して交差させます。次に膝下を開いて元に戻します。左右の脚を交互に入れ替えながら交差させます。これをリズミカルに15秒続けます

 

3~4を15秒

3. 股関節の力を抜いて、右の膝を床から少し上げる

股関節の力を抜いて、右の膝を床から少し上げる

脚を腰幅に開いて膝を曲げた状態から、股関節の力を抜いて、右の膝を床から少し上げます。腰骨を床につけたまま、下腹に力を入れて上げるのがポイント

 

4. 右膝を下ろすと同時に左の膝を床から少し上げる

右膝を下ろすと同時に左の膝を床から少し上げる

右膝を下ろすと同時に左膝を床から少し上げます。3〜4の動きを15秒続けます

 

【ここに注意!】

膝を高く上げようとして、腰骨が床から離れてしまうとNG

膝を高く上げようとして、腰骨が床から離れてしまうと、お尻の筋肉にアプローチできないのでNG

腰骨を必ず床につけたまま下腹部を引き上げる

膝は少し浮かせる程度でいいので、腰骨を必ず床につけたまま下腹部を引き上げましょう

 

竹田純
竹田純さん
バレエダンサー・フィットネストレーナー
公式サイトを見る
Instagram Instagram

一般社団法人床バレエ協会代表。パリでクラシックバレエやコンテンポラリーダンスを学んだ後、フランスをはじめヨーロッパのバレエ団で活躍。現在、指導者としてSNSやYouTubeで床バレエの情報を発信。著書『マネしたらやせた! 30秒だけ床バレエ』(講談社)も好評

 

 

撮影/岩谷優一(vale.) ヘア&メイク/金澤美保 取材・原文/和田美穂

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第4回/ウエストのくびれを「床バレエ」で取り戻す!お尻を床につけたままの簡単エクササイズ…

次の記事>

次の記事>
第6回/「床バレエ」で太ももを引き締める!<股関節ストレッチ>/バレエ王子・竹田純さん

この連載の最新記事

二の腕の贅肉を落として筋力を強化!/バレエ王子・竹田純さんの「床バレエ」

第8回/二の腕の贅肉を落として筋力を強化!/バレエ王子・竹田純さんの「床バレエ」

肩まわりの贅肉がすっきり!「床バレエ」の優雅な<白鳥エクササイズ>/バレエ王子・竹田純さん

第7回/肩まわりの贅肉がすっきり!「床バレエ」の優雅な<白鳥エクササイズ>/バレエ王子・竹田純さん

「床バレエ」で太ももを引き締める!<股関節ストレッチ>/バレエ王子・竹田純さん

第6回/「床バレエ」で太ももを引き締める!<股関節ストレッチ>/バレエ王子・竹田純さん

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル