OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/210202/

「最初の子宮頸がんでは手術を受け入れられなくて」原千晶さん(前編)/がんサバイバー体験記①

怖い病気だと思う半面、「自分には関係ない」と目をそむけていませんか? でも今や、がんは「万が一ではなく2人に1人」の時代。がんサバイバーである3人の女性たちの体験から、"もしも"のときに大事なことは何かを考えます。

 

がんサバイバーの体験記 CASE 1

原 千晶さん

(タレント)

子宮頸がん 子宮体がん

がんサバイバー 原千晶さん全身

原 千晶さん

Chiaki Hara

女優、タレント。1974年生まれ。’94年に21代目「クラリオンガール」でデビュー。2005年、子宮頸がん、’09年に子宮体がんと診断される。治療後は、がん啓蒙活動をはじめ精力的に活動中。著書に『原千晶39歳 がんと私、明日の私、キレイな私。』(光文社)など

 

 

最初の子宮頸がんでは、
子宮の全摘手術をどうしても
受け入れられなくて…。

 

「2度目の手術から、先日やっと10年を迎えました。私はがんの知識がなく、未熟な決断でがんを悪化させた経験があります。反面教師として多くの方の気づきに役立てればと思っています」

 

と語る原千晶さんは、2度のがんを経験しています。20代の頃から、生理やおりものなど婦人科系に不調が多かったという原さん。2004年の年末、ひどい腹痛とおりものの異変からレディスクリニックを受診。子宮頸部に腫瘍が見つかりました。

 

「大学病院を紹介され、精密検査で詳しく調べると、子宮頸部に13㎜のポリープが確認されたんです。翌年2月に腟からメスを入れて、患部のある子宮頸部を円錐形にくりぬく"円錐切除術"を行いました。30 歳のときでした。当時はがんに対する知識がまったくなく、手術もあっという間に終わり、入院も2~3日程度だったので、患部のポリープさえ取ってしまえば、それで終了と軽い気持ちでいました」

 

ところが2週間後、手術で切除した部分の病理検査の結果、「子宮頸がん」であることが判明。担当した医師からは、「進行が早いタイプで、悪性度が極めて高い可能性がある」と告げられたのです。

 

さらに医師からは、再発や転移などのリスクを回避するため、子宮全摘の再手術をすすめられることに。

 

「もう頭が真っ白になってしまって。先生が何を言っているのかもわからなくなって、谷底に落ちていくような絶望感というか…。母の手を握ることだけで精一杯でした。当時独身で、将来は子どもも欲しいと思っていたので、子宮を取るということが理解できませんでした」

 

しかし主治医は、子宮全摘をすることでこれから元気に過ごすこともできるので、ぜひとも手術し、次の治療に進んでほしいと、丁寧に説明してくれたといいます。

 

両親ともじっくり相談し、主治医の提案を承諾して、4月半ばに子宮全摘出の手術を行うことに。でも、原さんの「子宮全摘」の迷いは想像以上に大きかったのです。

がんサバイバー イラスト

次回はがんサバイバー体験記①/原千晶さんのその後をご紹介します。

 

 

撮影/塩谷哲平(t.cube) ヘア&メイク/田代ゆかり(Happs) イラスト/緒方 環 取材・原文/伊藤まなび

MyAge2020春号 購入アイコン

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
次の記事>

次の記事>
第2回/「経過観察をサボり子宮体がんの発覚が遅れ、生命の危機に」原千晶さん(中編)/がんサバイバー体験記①…

この連載の最新記事

最先端のがん治療を受けたほうがいいの?/あなたの知りたい"がん"の不安に専門医がお答えします(後編)

第16回/最先端のがん治療を受けたほうがいいの?/あなたの知りたい"がん"の不安に専門医がお答えします(後編)

親ががんだと、がんになりますか?/”がん"の不安に専門医がお答えします(中編)

第15回/親ががんだと、がんになりますか?/”がん"の不安に専門医がお答えします(中編)

がんの検査はいつ、どのタイミングでするべき?/"がん"の不安に専門医がお答えします(前編)

第14回/がんの検査はいつ、どのタイミングでするべき?/"がん"の不安に専門医がお答えします(前編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル