OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/210686/

乳がんの治療費はどのぐらい?(まとめ①費用編)/50代。乳がんサバイバーになりました。

hijiri

hijiri

おでかけ女史組メンバー。都内在住の50代。2019年5月に乳がんと診断される。放射線治療、ホルモン治療を受けながら仕事を続けている。

記事一覧を見る

乳がんの治療費ってどのくらい?

乳がんになったら、治療費ってどのくらいかかるの?

乳がんはどんなふうに見つかったの?

周囲に同じ乳がんの人がいるんだけど、どう声をかけたら?

 

乳がんサバイバーであることを公表して、こんな質問を受けることが増えました。この連載の記事でも書いていることもありますが、改めてカテゴリ別にまとめてみたいと思います。私と同じサバイバーの方だけでなく、もしかしたら将来なってしまうかもしれない方、そしてその周囲の方々が困ったとき、悩んだときに、なにかの参考になればこんなに嬉しいことはありません。

 

第一弾は、どなたも気になるだろう費用編です。

乳がんのステージや治療内容によっても変わる

 

まずは、私の乳がんの進行状況(ステージ)、種類、治療方針のおさらいをしたいと思います。

当然、それによってかかる金額も変わるからです。

 

進行状況:ステージII 転移あり(センチネルリンパ節生検0.2mm以下)

乳がんのタイプ:ホルモン受容体陽性乳管浸潤がん

治療方針:左胸患部部分切除手術(3回)と放射線治療、抗がん剤はなし

治療期間:約1年(準備のための検査期間二か月、三か月ごとの手術、放射線治療約一か月)

 

ちなみにステージⅡの定義は、リンパ節に転移はしていないものの、筋肉層を超えて少し浸潤している(広がっている)状態です。

もしくは、がんの腫瘍自体は広がってはいないものの、センチネルリンパ節生検によりリンパ節へ若干の転移が見られた場合もステージⅡに分類されます。

私はリンパへの転移は0.2mm弱でしたので、正確に表現するなら「転移は始まってたけど、このサイズなら全身に転移している可能性は限りなく低いので考えなくてオッケー」という理解でいいと思います。

 

センチネルリンパ節生検については、こちらの記事に詳しく書いてます。

費用総額はざっと50万円

 

以上を前提にして、かかった費用明細はざっとこんな感じです。

 

受診・検査費用:5万円(15万円)

手術&入院費用(三回分):25万円(150万円)

放射線治療(約一ヵ月):15万円(65万円)

 

になります。

ざっくりですがトータル50万円くらいでしょうか。

なお、カッコ内は請求金額の概算です。ざっと200万以上かかっている計算ですね。健康保険を使わない場合、この全てを個人負担で支払うことになります。

 

また、入院費などは、部屋や入院期間の長さによっても異なります。

 

私は病院が徒歩圏で、なにかあればすぐに診察を受けに行ける環境でもあり、全身麻酔の時は手術の前日に入院して三泊四日、局所麻酔の時は手術当日に入院して二泊三日でしたが、術後の患部の状況によっては帰宅が許されないケースもあるようですので、少し余裕をもって準備しておくほうがいいですね。

 

また細かいことですが、電車や車で通院する方はその交通費なんかも想定しておいた方がよいかもしれません。ちりつもでも結構かかると思います。

 

入院の日数だけでなく部屋のランクによっても費用が変わってくるということも忘れてはいけないポイントです。旅行でいうところのホテルのグレードみたいなものです(笑)。

 

私はラッキーなことに三回とも追加料金のかからない集合タイプの一般病棟の部屋で予約できたのですが、混み具合によってはその希望が通らない場合があります。個室だと当然高額です。夜など他人の気配があると寝られない、という人は個室の方が快適だと思うので一概に金額では決められませんが、通院される病院の部屋の種類や設備、価格設定をよく確認して決めるとよいと思います。

 

いのちの代金、高い?安い?

 

どうですか?

想像以上に高かったでしょうか。思ったほどではなかったでしょうか。

 

人によって感じ方は違うと思いますが、私は手術についてはそもそもかなり高いというイメージがあったので、手術や入院はそこまでではないと感じました。

でも、毎日の放射線治療は意外に高く感じましたね。

 

1回換算で約5000円、これを毎日30回。考えてみれば放射線技師さん数人が対応してくださっているわけですから人件費や機材費だけでも安いくらいなのですが、せいぜい10分程度の治療だったのでより高く感じたのかな、と思います。

 

あとは意外と高く感じたのが、診断書の類(たぐい)。有料なのはもちろん、生命保険診断書なんかだと7000円もします。健康保険の適用外なのもあると思いますが、会社に提出するなど意外と必要な機会は多いので、本当に必要なものはどれかチェックしておいた方がよいかもしれません。

 

また、以前も書きましたが、限度額適用認定証を申請しておくと、一ヵ月の支払いが一定額までになるので負担感が減ります。(それ以降はその月内は0円)

 

申請しておかなくても立て替えた分はあとで払い戻しされますが、そもそも高額を立て替える必要がない、というのは気持ちがかなり楽です。

 

いくらまで負担になるかはその人の収入によるので一概には示せないのですが、私の場合で毎月の支払いが10万円を越えることはありませんでした。可能ならぜひ申請しておくことをおすすめします。

 

こうやって実際に見直してみると、色々言われることも多い日本の健康保険ですが、すごく優秀なシステムだと思います。

海外では請求金額230万程がほぼ自費になるケースが大半ですから、考えるだけで恐ろしいですよね(笑)

<前の記事

<前の記事
第21回/岡江久美子さんの件に思うこと/50代。乳がんサバイバーになりました。…

次の記事>

次の記事>
第23回/乳がんの発見から手術、放射線治療まで。約1年の道のりは(まとめ②治療編)/50代。乳がんサバイバーになりました。…

この連載の最新記事

乳がんの発見から手術、放射線治療まで。約1年の道のりは(まとめ②治療編)/50代。乳がんサバイバーになりました。

第23回/乳がんの発見から手術、放射線治療まで。約1年の道のりは(まとめ②治療編)/50代。乳がんサバイバーになりました。

乳がんの治療費はどのぐらい?(まとめ①費用編)/50代。乳がんサバイバーになりました。

第22回/乳がんの治療費はどのぐらい?(まとめ①費用編)/50代。乳がんサバイバーになりました。

岡江久美子さんの件に思うこと/50代。乳がんサバイバーになりました。

第21回/岡江久美子さんの件に思うこと/50代。乳がんサバイバーになりました。

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル