OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/229274/

肺活のために、顔と体の「声のツボ」をほぐす!/オペラ歌手の「肺活メソッド」1

美しい声を響かせるためには大きな呼吸をすることが大切。まずは顔と体をほぐすことから始めましょう。

 

教えてくださるのは

田村麻子さん
Asako Tamura

ソプラノ歌手。国立音楽大学声楽科卒業、東京藝術大学大学院修士課程修了。マネス音楽院(ニューヨーク)首席卒業。国内外のコンクールにて上位入賞。日韓共催FIFAワールドカップの決勝戦前夜祭「3大テノール・コンサート」に共演。2015年には米大リーグ戦にて外国人歌手として初めてアメリカ国歌斉唱の栄誉を得る。メトロポリタン歌劇場管弦楽団、BBC交響楽団など、国内外で多くのオーケストラと共演、また世界各地の歌劇場で主演を務める。田村麻子さんのホームページはこちら

 

※田村麻子さんの提案するさまざまな「肺活」は、OurAgeでも動画で公開中。OurAgeの連載はこちら

 

Step 1 顔と体のストレッチ

 

声は、肺から出る空気が声帯を振動させることで出ます。つまり、肺から一度に出る空気が大量であるほど、大きな声となるわけです。

 

そして声を響かせるために使われるのが、頭蓋骨や胸骨、そして体全体。赤ちゃんが小さい体なのに大きな声で泣けるのは、体が柔らかいから。

 

年をとって体がこり固まっていると、声が響かなくなるのです。自分の体を、音を響かせる楽器だと考えて、声のツボをほぐしていきましょう。

 

 

 

肩回しで体をほぐす

 

声をクリアに出すには肩回しがいちばん効果あり

 

肩甲骨の間を柔らかくするのは、声の共鳴のために大切なこと。まず肩まわりの筋肉をほぐしましょう。朝、起き抜けにこの肩回しをしてみると、声の出方が違うことに気づくはず。

 

ひじを曲げた状態で、肩の付け根から、クルクル回します。前から後ろに10回。次に後ろから前に10回。反対側の肩も同様に

 

 

 

横隔膜マッサージでフレキシブルに

 

呼吸を司る横隔膜をほぐす

 

横隔膜は「膜」と書きますが、実は立派な筋肉です。肋骨の下にドーム状に位置していて、息を吸うときには下がり、息を吐くときには上がり、呼吸を司っています。この横隔膜の下に手を入れてほぐし、柔軟に保つことで、声が出やすくなります。

 

横から見たところ

肋骨の下に両手の指先を差し入れて、横隔膜をほぐしていきます。最初は入りにくいですが、慣れると指が入るようになります

 

みぞおちは触れると苦しいので触れないように注意。肋骨の下から始めて、肋骨に沿って背中のほうまでほぐしていきましょう

 

 

鎖骨ツボ押しでデコルテを柔軟に

 

鎖骨まわりを優しくほぐし声が響く体になる

 

胸骨は、声の共鳴に大事な箇所。胸骨についた胸骨舌骨筋の後ろに声帯があり、この周辺には声をよくするツボがいっぱいあるので、声楽家は本番前に鍼を打つほど。鎖骨に沿ってツボ押しをしましょう。

 

鎖骨の下を、人差し指、中指、薬指の3本で優しくプッシュ。中央から肩に向けて移動しながら、ゆっくりと鎖骨に沿って押します

 

頰骨ツボ押しで血流アップ

 

声のツボに効果的な頰骨を押し上げて

 

顔の骨には、声のツボがいろいろあります。なかでも効果の高いのが、頰骨を上げるように押すこと。筋肉を活性化するためにも、頰骨に沿って耳までツボを押していきます。血流もよくなります。

 

「ワン・ツー・スリー」と3つ数えながら、頰骨を中指の腹で押し上げるようにゆっくりプッシュ。頰骨に沿って、耳まで押します

 

 

イラスト/かくたりかこ 取材・原文/黒部エリ

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/オペラ歌手は80歳でも姿勢がよく元気。声を響かせる「肺活」は、美と健康に役立ちます!…

次の記事>

次の記事>
第3回/舌と口まわりの筋トレ、口まわりの衰えを防止する/オペラ歌手の「肺活メソッド」2…

この連載の最新記事

のどや唇の筋肉を動かす基礎レッスン/オペラ歌手の「肺活メソッド」4

第5回/のどや唇の筋肉を動かす基礎レッスン/オペラ歌手の「肺活メソッド」4

年齢とともに呼吸が浅くなる。肺活量を増やすエクササイズ/オペラ歌手の「肺活メソッド」3

第4回/年齢とともに呼吸が浅くなる。肺活量を増やすエクササイズ/オペラ歌手の「肺活メソッド」3

舌と口まわりの筋トレ、口まわりの衰えを防止する/オペラ歌手の「肺活メソッド」2

第3回/舌と口まわりの筋トレ、口まわりの衰えを防止する/オペラ歌手の「肺活メソッド」2

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル