OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/229317/

年齢とともに呼吸が浅くなる。肺活量を増やすエクササイズ/オペラ歌手の「肺活メソッド」3

このエクササイズは最初はきついかもしれませんが、練習をすることで必ず肺活量は増えていきます。たくさんの酸素を取り入れる深い呼吸法を身につけて、免疫力強化に繋げましょう。

 

教えてくださるのは

田村麻子さん
Asako Tamura

ソプラノ歌手。国立音楽大学声楽科卒業、東京藝術大学大学院修士課程修了。マネス音楽院(ニューヨーク)首席卒業。国内外のコンクールにて上位入賞。日韓共催FIFAワールドカップの決勝戦前夜祭「3大テノール・コンサート」に共演。2015年には米大リーグ戦にて外国人歌手として初めてアメリカ国歌斉唱の栄誉を得る。メトロポリタン歌劇場管弦楽団、BBC交響楽団など、国内外で多くのオーケストラと共演、また世界各地の歌劇場で主演を務める。田村麻子さんのホームページはコチラ

 

※田村麻子さんの提案するさまざまな「肺活」は、OurAgeでも動画で公開中。OurAgeの連載はこちら

 

 

Step 3 肺活量を増やすエクササイズ

 

オペラ歌手でなくとも、誰でも訓練すれば肺活量を増やすことができます。酸素を取り入れ、二酸化炭素を放出することは、生命活動の根源です。

 

浅い息ではなく、たくさんの酸素を取り入れる深い呼吸法は、血液内の酸素を増やし、血流を促し、健康と免疫力強化につながります。

 

この肺活は、最初はきつくてできない人もいるかもしれませんが、練習することで必ず肺活量が増えます。日頃、浅い呼吸が気になっている人はぜひ!

 

 

 

息を吸う+8カウントキープ!

 

息を吸って8秒止め、さらに5回に分けて息を吸う肺活

 

肺活量を増やすために、息をいっぱい吸って息を止め、8秒数え、さらに息を吸って止めて8秒数え、計約40秒ほど息をホールドする訓練です。肺はどんなに吸ってもまだスペースが残っているので大丈夫! まず胸に息を吸い込み、8秒キープしたら、そのまま上の「肩あたりに息を入れるイメージ」へ。

姿勢を正し、大きく息を吸い込みます。自分がまん丸な雪だるまになったようなイメージで、胸いっぱいに息を吸い込みましょう

息を止めたまま8秒ホールドします。「ワン・ツー・スリー・フォー・ファイブ・シックス・セブン・エイト」と頭の中でカウントを

 

 

肩あたりに息を入れるイメージ

 

次に、肩エリアに空気を入れるように吸い込む

 

すでに胸いっぱいに息を吸っていますが、肺にはまだ空気が入る余地があります。息を吐かずに、そのままさらに肩のあたりに空気を入れるようなイメージで息を吸い込み、キープします。

 

息は吐かないまま、続けて素早く吸い込みます。息を止めて、「ワン・ツー・スリー・フォー・ファイブ・シックス・セブン・エイト」と頭の中でカウントを

 

 

顔に息を入れるイメージ

 

さらに、顔に息を入れるつもりで素早く息を吸い込む

 

すでに肺はいっぱいでしょうが、さらに可能ならば息は吐かないまま、続けて吸い込んでください。あとひと呼吸、吸える空気を増やしてみて。顔に息を入れるイメージで、息を素早く吸い込んで、息を止めます。

 

息を吐かずに、さらに顔に空気を入れるつもりで、パッと空気を吸い込み、8カウントを頭の中で数えながら、息を止め続けます

 

頭の上に息を入れるイメージ

 

最後の最後に、ダメ押しでもうひと息吸い込んで!

 

まだできる人は、息は吐かないまま、最後に頭の上に息を入れるつもりで、息を吸い込んでみましょう。人間の肺にはまだ余地があるので大丈夫! 苦しければ、吸い込まずに息を止めることだけ続けてください。

 

息をパッと吸い込み、また頭の中で8秒カウントして息を止めます。これで肺いっぱいに息を吸い込んで、計約40秒ほど息を止める訓練になります

 

息を吐ききる

 

「しー」っと息を漏らすように吐き、丹田を押すようにして吐ききる

 

息が苦しくなって我慢できなくなったら、息を吐き出します。過酸素で頭がくらくらする人は無理をせず、できる範囲から始めて。エクササイズを重ねると、だんだん息を止められる時間が長くなっていきます。

 

息を吐くときは、口をあけていっぺんに吐くのではなく、「しー」っと音を立てるように歯の間から漏らしていき、ゆっくり吐きます

おへそより指3、4本分下にある「丹田」のツボに力を入れるイメージで、お腹をへこませて、息をすべて吐ききりましょう

 

 

イラスト/かくたりかこ 取材・原文/黒部エリ

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/舌と口まわりの筋トレ、口まわりの衰えを防止する/オペラ歌手の「肺活メソッド」2…

次の記事>

次の記事>
第5回/のどや唇の筋肉を動かす基礎レッスン/オペラ歌手の「肺活メソッド」4…

この連載の最新記事

のどや唇の筋肉を動かす基礎レッスン/オペラ歌手の「肺活メソッド」4

第5回/のどや唇の筋肉を動かす基礎レッスン/オペラ歌手の「肺活メソッド」4

年齢とともに呼吸が浅くなる。肺活量を増やすエクササイズ/オペラ歌手の「肺活メソッド」3

第4回/年齢とともに呼吸が浅くなる。肺活量を増やすエクササイズ/オペラ歌手の「肺活メソッド」3

舌と口まわりの筋トレ、口まわりの衰えを防止する/オペラ歌手の「肺活メソッド」2

第3回/舌と口まわりの筋トレ、口まわりの衰えを防止する/オペラ歌手の「肺活メソッド」2

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル