OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/252657/

高血圧の人が、脚を組まないほうがいいワケ/更年期世代の「いつの間にか高血圧」⑫

日常で何気なくしている行動も血圧上昇の原因に…。できるだけ避けたほうがよい行動を高血圧治療の第一人者・市原淳弘先生にお伺いしました。

 

お話を伺ったのは

市原淳弘さん 高血圧・内分泌内科教授

市原淳弘さん
Atsuhiro Ichihara

東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科教授。日本内分泌学会内分泌代謝科専門医。日本高血圧学会理事。高血圧治療の第一人者として、日々患者に向き合う。著書に『食べ方、座り方、眠り方で下がる! 血圧リセット術』(世界文化社)など

 

脚を組まない

椅子に座って脚を組むのはNG。血管が圧迫され、足からの血液の戻りが悪くなってしまうのです。

 

すると、心臓は体の隅々で血液が不足していると錯覚し、心拍数が増えて血圧が上昇。その上昇値は最大で10㎜Hgになることもあります。座っていて疲れたら、脚を組まずに立ち上がって歩きましょう。

脚を組まない

 

朝、すぐに起き上がらない

血圧は、朝起きると上昇し、起床後1時間30分後に最高値がやってきます。そのため、起き抜けに急に体を動かすと血圧が急上昇。

 

日頃から血圧が高い人だと、心筋梗塞、狭心症発作、脳卒中などを引き起こす危険性も。目覚めたら、ゆっくり起き上がりましょう。

 

 

トイレでいきまない

血圧高めの人にとって、トイレは“要注意スポット”。長くいきむと交感神経の活動が活発になり脈拍が上昇、それに伴って血圧も上昇してしまいます。

 

いきむと20㎜Hgほど血圧が上がるという報告も。脳血管障害を起こすこともあるので、いきむなら“10秒以内で、こまめに”を心がけましょう。

 

練り製品は控えめに

塩分を控えることは高血圧対策の第一歩ですが、気をつけたいのが、食品に含まれる塩分。ハムやソーセージなどの加工食品や、さつま揚げなどの練り製品には塩分が多く含まれています。魚の干物も塩分が多いので要注意。

 

 

[参考文献]

『食べ方、座り方、眠り方で下がる! 血圧リセット術』(市原淳弘著/世界文化社)、『「治せる高血圧」を見逃すな!』(市原淳弘著/学研プラス)、『高血圧 最高の治し方大全』(市原淳弘共著/文響社)

 

 

イラスト/寺田久美 取材・原文/安齋喜美子

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第11回/高血圧予防におすすめ! 仕事中の「社長座り」とは?/更年期世代の「いつの間にか高血圧」⑪…

次の記事>

次の記事>
第13回/スマホの見過ぎが高血圧につながる理由/更年期世代の「いつの間にか高血圧」⑬…

この連載の最新記事

高血圧の薬はやめられる?【専門医が解説】/更年期世代の「いつの間にか高血圧」⑭

第14回/高血圧の薬はやめられる?【専門医が解説】/更年期世代の「いつの間にか高血圧」⑭

スマホの見過ぎが高血圧につながる理由/更年期世代の「いつの間にか高血圧」⑬

第13回/スマホの見過ぎが高血圧につながる理由/更年期世代の「いつの間にか高血圧」⑬

高血圧の人が、脚を組まないほうがいいワケ/更年期世代の「いつの間にか高血圧」⑫

第12回/高血圧の人が、脚を組まないほうがいいワケ/更年期世代の「いつの間にか高血圧」⑫

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル