HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/268107/

あなたには、まだ認知症の症状がない? チェックリスト

老化とともに誰でもなる可能性のある病気の認知症は、日常の小さな変化を見逃さないことが大切です。まずこの認知症チェックリストを試してみて。

 

認知症チェックリスト

  • 今、やろうとしていたことをよく忘れる
  • 身近な知人の名前が思い出せない
  • 以前買ったのを忘れて同じ物を買うことがある
  • 表現したい言葉がすぐに出ない
  • 相手に話を聞き返すことが多い
  • 計画を立てるのが苦手になった
  • うっかりミスが多くなった
  • おつりなど簡単な計算が面倒になった
  • 別々の作業を同時進行するのが苦手
  • 新しい家電の操作が覚えられない
  • すぐ怒ったり、気分が落ち込む
  • 趣味に関心がなくなった

 

ひとつでも当てはまったら要注意。単なる老化現象と思わず、自分の変化を観察していくことが重要。気になる場合は早めに専門医を受診しましょう。

 

監修/新井平伊先生

認知症にならない人の生活習慣イメージイラスト

 

 

「まだ先のこと」は間違い。こんな症状には要注意!

40代~50代の人からしたら、認知症は親の世代のまだ先のこと…と思いがちです。しかし、それは大きな間違いです!

 

「認知症、特にアルツハイマー型認知症は、軽いもの忘れから始まり、自分にしかわからない『主観的認知機能低下』という段階があります。認知症は早期に発見して、早い段階からアクションを起こすことが何より大切です。この段階で気づくことができれば、生活改善などで、発症や進行を抑えることができます」

 

上のチェックリストに思い当たることがひとつでもあったら、脳の老化が始まっています。自分の変化を見逃さないことが大切です。

 

 

教えてくれた人

新井平伊さん 順天堂大学医学部名誉教授

新井平伊さん
Heii Arai

1953年生まれ。順天堂大学医学部名誉教授。アルツハイマー病の基礎と臨床を中心とした老年精神医学が専門。アミロイドPET検査を含む健脳ドックを導入した「アルツクリニック東京」院長。2021年に「健脳カフェ」設立

 

 

イラスト/midorichan 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/認知症の種類は主に4つ。その違いは?…

次の記事>

次の記事>
第5回/認知症予防が40代から必要なワケとは?…

この連載の最新記事

認知機能改善のサプリが続々。各社の本気度が加速!

第13回/認知機能改善のサプリが続々。各社の本気度が加速!

「脳腸相関」で腸内環境を整えることが認知症予防につながる

第12回/「脳腸相関」で腸内環境を整えることが認知症予防につながる

脳を健康に保つための「健脳カフェ」が登場/認知症ニュース

第11回/脳を健康に保つための「健脳カフェ」が登場/認知症ニュース

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル