HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/282058/

Q.レーシックやフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)で老眼は治るの?/平松類眼科医が解説

レーシックなどの視力矯正手術で老眼は治るのでしょうか? 医学博士の平松類先生がお答えします。

 

Q レーシック、フェイキックIOLで老眼は治る?

デメリットもあるので慎重に!

「レーシックはレーザーで角膜のカーブを変えることで、近視や乱視を治療する手術。これによる老眼治療は片目を遠く、片目を近くと差をつける方法と、角膜を削るときに遠くも近くも見えるようにする方法があります。

 

しかし一度行うと元に戻せないこともあり、あまり実践されていません。また、フェイキックIOLというのは遠近両用のレンズを眼内に入れる手術です。遠くも近くも見えるようになりますが、白内障を進行させる可能性が高まり、その後に白内障になったら、そのレンズを取り出す必要があります。

 

いずれも感染症のリスクや、まだ症例数が少ないので未知数なところがあります。行う場合はデメリットを十分に考慮することが重要です」(平松類先生)

Q.レーシックやフェイキックIOLで老眼は治る?/専門医が解説⑨

 

老眼治療におけるメリット・デメリット

老眼治療におけるメリット・デメリット

●レーシック

  • メリット
    遠くも近くも見えるようになる
  • デメリット
    ドライアイになりやすい。元に戻せない

 

●フェイキックIOL

  • メリット
    遠くも近くも見えるようになる
  • デメリット
    白内障を進行させる可能性がある

 

●レーシック、フェイキックIOL共通のデメリット

  • ●まぶしさを感じることがある
  • ●白内障になり眼内レンズを入れると、意味がなくなる
  • ●感染症のリスク
  • ●症例数が少なく未知数なところがある

 

 

 

答えてくれたのは

平松 類さん 医師、医学博士

平松 類さん
Rui Hiramatsu

医師、医学博士。昭和大学兼任講師、二本松眼科病院副院長。目の健康YouTube「眼科医平松類チャンネル」は登録者数10万人超え。日々、無料で目の健康情報をアップしている

 

 

撮影/塩谷哲平 スタイリスト/程野祐子 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

【お悩み募集】高尾美穂先生が更年期のメンタル悩みに、MyAge秋冬号でお答えします!

【お悩み募集】高尾美穂先生が更年期のメンタル悩みに、MyAge秋冬号でお答えします!

<前の記事

<前の記事
第8回/Q.老眼対策にサプリメントは必要? おすすめの成分は?/平松類眼科医が解説…

この連載の最新記事

Q.レーシックやフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)で老眼は治るの?/平松類眼科医が解説

第9回/Q.レーシックやフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)で老眼は治るの?/平松類眼科医が解説

Q.老眼対策にサプリメントは必要? おすすめの成分は?/平松類眼科医が解説

第8回/Q.老眼対策にサプリメントは必要? おすすめの成分は?/平松類眼科医が解説

Q.目を「温める・冷やす」老眼対策にいいのはどっち?/平松類眼科医が解説

第7回/Q.目を「温める・冷やす」老眼対策にいいのはどっち?/平松類眼科医が解説

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル