HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/300267/

タンパク質は動物性2:植物性1で摂るのが理想! 一緒に食べれば両方のイイトコどりが実現

「筋肉など体をつくる栄養素」というイメージが強いタンパク質ですが、実は「心と体の健康を保つ生体機能を整える」働きも担っています。そんな重要な栄養素を効率よくとるために注目したいのが、動物性と植物性のタンパク質を組み合わせて摂取する方法です。一緒に食べることで、その両方のイイトコどりが実現! 脱・タンパク質不足のために、これからは「Wタンパク質摂取」を習慣に!

 

教えていただいたのは

姫野友美
姫野友美さん
心療内科医、医学博士
公式サイトを見る
Instagram

ひめのともみクリニック院長。豊富な心療内科の経験をもとに、オーソモレキュラー医学に基づいた栄養療法を指導。『心療内科に行く前に食事を変えなさい』(青春出版社)ほか著書多数

 

チキンステーキのチリビーンズソース

「チキンステーキのチリビーンズソース」はチキンと豆でWタンパク質を摂取できます

 

免疫力アップ、ホルモン調整にも
動物性×植物性Wタンパク質が効く!

◆動物性 (肉、魚、乳製品、卵)

<メリット>

●含有量が多い
●吸収率が高い
●プロテインスコアが高い

<デメリット>

●肉は部位により脂質が多い

 

◆植物性 (豆類など)

<メリット>

●脂質が少ない
●食物繊維もとれる

<デメリット>

●動物性よりも含有量が少ない
●吸収率が低い

 

動物性2:植物性1が理想の配分

肉はタンパク質量が多く、吸収率も高いですが、部位によっては脂質が高めで、とりすぎると肥満や腸内環境の悪化につながります。一方、植物性タンパク質の代表、大豆はタンパク質量は肉より少なく吸収率も低いのですが、脂質が低く食物繊維が豊富。両方を組み合わせれば理想的に。

 

 

撮影/神林 環 スタイリスト/洲脇佑美 料理/北嶋佳奈 構成・原文/瀬戸由美子

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR

この連載の最新記事

タンパク質は動物性2:植物性1で摂るのが理想! 一緒に食べれば両方のイイトコどりが実現

第1回/タンパク質は動物性2:植物性1で摂るのが理想! 一緒に食べれば両方のイイトコどりが実現

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル