HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/305302/

40代からは要注意。あなたの突然死リスクをチェック!

日本では年間約8万人もの人が突然死で亡くなっています。その大きな原因は血管の老化に伴う「血管病」です。肩こり、冷え、むくみがある人は要注意。すでに血管の老化が始まっているのかもしれません。そこで、40歳から気をつけたいことを、血管のスペシャリストである池谷敏郎先生に伺いました。

【教えていただいた方】

池谷敏郎
池谷敏郎さん
医学博士
公式サイトを見る
Instagram Instagram

池谷医院院長。1962年生まれ。東京医科大学医学部卒業後、同大学病院第二内科に入局。1997年に、池谷医院理事長兼院長に就任。専門は内科・循環器科。現在も臨床現場に立つ。心臓、血管、血圧などの循環器系のエキスパート。

 

お肌の曲がり角は、血管の曲がり角!

 

血管の老化…「タバコも吸わないし、肥満でもないから、私は大丈夫!」と思っているあなた! 実は…そうとは限りません!

年齢とともに肌に弾力がなくなるように、血管の弾力も失われていきます。40歳を過ぎた頃から、ガクンと肌が衰えるように、血管の老化も加速する時期なのです。

 

なんとなくだるい、昔のように頑張れなくなった、そんなことが気になっているのなら、それは血管力の低下のサインかもしれません!

 

肩こり、冷え、むくみ…それはすべて血管力の低下が原因!?

 

「血管は“ものを言わぬ臓器”と呼ばれています。血管の老化をはじめ、ほとんどの血管の病気には自覚症状がありません。

血管は血液とともに、生命活動を維持するために必要な栄養や水、酸素を体中の各細胞に運ぶ役割を果たしています(=動脈の働き)。そして、各細胞で発生した老廃物や有害なものは、血液とともに回収されて、無害なものに代謝されたり、体外に排出されます(=静脈の働き)。血液の流れが滞ると、この働きが低下します。これが、さまざまな『ちょっと調子が悪い…なんとなく不調」につながっていくのです』(池谷敏郎先生)

 

こんな症状はありませんか?

肩こり、冷え、むくみ、肌あれ、髪の毛のパサつき、頭痛、胃腸が弱い、便秘、関節痛、朝すっきり起きられない、疲れが取れずに常にだるい…。

これはまさに血管力が低下して、血流が悪くなっているサインかも!?

 

あなたは大丈夫?
血管力の低下で最も怖いのが「突然死」!

 

突然死のイメージイラスト

 

 

こうしたサインを見逃していると、血管はどんどん老化していきます。その先にあるもの…それは「突然死」かも!? 日本人の死因の第2位が「心疾患(心筋梗塞など)」で、年間、約21万人が亡くなっています。第4位が「脳血管疾患(脳卒中など)」で、年間約11万人が亡くなっています。これらはいずれも血管の病気が主な原因です。

 

でも、「そんなのって高齢者の話でしょ?」と思ってしまいますが、「こうした血液病が増えてくるのが30代、40代なのです。特に女性は40代から女性ホルモンが低下してくるので、肌と同じように「血管」の潤いや弾力も急激に失われていきます。実は、女性ホルモンには血管の弾力を司る働きがあるのです。

 

女性ホルモンが元々少ない男性は、血管の老化が早い時期から進みますが、女性ホルモンが急激に減少する更年期頃から、女性もそれに追いついてきます。よって、女性も40代からの血管ケアが重要になってくるのです」。

 

あなたの「脳卒中リスク」は?

10年間で脳卒中を発症する確率 算定表

当てはまるものに〇をつけてください。すべての点数を足した数値が、あなたの「合計点数」となります。

 

年齢(歳):点数

40~44:0

45~49:5

50~54:6

55~59:12

60~64:16

65~69:19

 

性別

男性:6

女性:0

 

タバコを吸っている

男性の場合:4

女性の場合:8

 

肥満度(BMI)

25未満:0

25以上30未満:2

30以上:3

 

※BMIの算出法

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

標準体重=身長(m)×身長(m)×22

 

糖尿病

あり:7

※治療中、または空腹時血糖値126㎎/dL 以上

 

血圧(mmHg)

(降圧薬内服なしの場合)

120未満/80未満: 0

120~129/80~84:3

130~139/85~89:6

140~159/90~99:8

160~179/100~109:11

180以上/110以上:13

 

(降圧薬内服中の場合)

120未満/80未満:10

120~129/80~84:10

130~139/85~89:10

140~159/90~99: 11

160~179/100~109:11

180以上/110以上:15

 

※血圧:収縮期/拡張期(mmHg)

収縮期血圧と拡張期血圧のそれぞれで採点して、点数が高いほうを採用。

 

 

あなたは何点でしたか? 当てはまる点数が発症確率と血管年齢です。

 

10年間で脳卒中を発症する確率

出典/国立がん研究センターによる多目的コホート研究HPより

 

隠れ高血圧や高血糖にも要注意!

そのリスク要因の5大悪がこれ! 喫煙、高血圧、脂質代謝異常、高血糖、肥満。これらが1つ増えるごとに、血管事故を引き起こすリスクがおよそ3倍になります。

 

喫煙/言わずとも知れていますが、ニコチンが体内に入ると血管を著しく収縮させます。これにより、血圧と心拍数を上げ、高血圧や動脈硬化を促進。そして活性酸素が血管内皮細胞を傷つけます。

 

高血圧/血管の壁が、心臓から送り出された血液によって、強く押され続けている状態です。これが続くと、血管内皮細胞が傷つきます。最近は「血圧はやや高めでも問題なし」と言う人もいますが、高血圧は確実に10年、20年後に血管事故を起こすリスクが高まります。

 

脂質代謝異常/悪玉のLDLコレステロールや中性脂肪が多すぎたり、善玉のHDLコレステロールが少ない状態です。これは突然死の大きな原因である動脈硬化を促進します。

 

高血糖/血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のこと。血液中に余った糖がタンパク質と結びつくと、「終末糖化産物=AGEs(エイジス)」という物質に変わります。これが「糖化」という現象で、細胞を老化させる大きな原因といわれています。

 

肥満/BMI値25以上は要注意!

肥満だと高血圧、脂質代謝異常、高血糖を招きやすく、結果、血管の老化を促進します。

BMI 18.5未満/低体重

18.5以上25未満/普通体重

25以上/肥満

 

さらに…、「これらがどれも当てはまらなくても、女性は『60歳以上』というだけで、リスク要因になります! 年齢を止めることはできませんが、せめて、それ以外の要因をつくらないことが最重要! それには40歳からの血管ケアが必須なのです」。

 

あなたの突然死リスクはいかがでしたか?

 

【池谷敏郎先生の著書】
「血管を鍛える」と超健康になる!(三笠書房) ¥649

イラスト/内藤しなこ 取材・文/山村浩子

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
次の記事>

次の記事>
第2回/血管力をセルフチェック。血管年齢=血管力ではありません!…

この連載の最新記事

NO(一酸化窒素)を増やすことが、血管力アップの決め手!

第3回/NO(一酸化窒素)を増やすことが、血管力アップの決め手!

血管力をセルフチェック。血管年齢=血管力ではありません!

第2回/血管力をセルフチェック。血管年齢=血管力ではありません!

40代からは要注意。あなたの突然死リスクをチェック!

第1回/40代からは要注意。あなたの突然死リスクをチェック!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル