HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/stress-relief/290460/

更年期のイライラや落ち込みは、気の巡りが悪いことが原因? 中医学の心の整え方

中医学では心地よく暮らすための方法を「養生(ようじょう)」といいます。それは心を丈夫にするためにも役立ちます。

 

お話を伺ったのは

櫻井大典さん 国際中医専門員

櫻井大典さん
Daisuke Sakurai

国際中医専門員、日本中医薬研究会会員。年間5000件以上の相談をこなす漢方専門家。アメリカ・カリフォルニア州立大学で心理学や代替医療を、イスクラ中医薬研修塾で中医学を学ぶ。中国で研修を修了し、国際中医専門員A級資格取得。著書多数。公式サイト

 

“気”というエネルギーを体に巡らせることが大事

ストレスの原因は日々の生活の中に、驚くほどたくさん潜んでいます。

 

「特に心がしんどくなりやすい人は、細かいところに気がつく、繊細な人が多いようです。そんな心が揺らぎやすい人でも、心の在り方をコントロールできれば、毎日心地よく生活ができるはずです」(櫻井大典さん)

 

「私たちの体には“”というエネルギーが巡っていて、これが臓器を動かし、感情にも影響を与えています。例えば、気がうまく巡らない状態は“気滞”、気の量が不足すると“気虚”という状態になります。こうなると、外からの刺激に弱くなり、心身に不調が現れると考えられています」

 

呼吸がしづらい、胃腸がうまく動かない(下痢や便秘)、精神面が不安定になる(イライラや落ち込み)といった症状も、気の問題かも。

 

「また、五臓は感情や味覚とも対応しています。例えば、肝は怒りと酸味、肺は悲しみと辛味…といった具合。そんなときは、該当する味覚の食べ物をとる養生法もあります」

 

こうした中医学をもとに、心理学や櫻井さんの経験則も総動員した、“心の整え方”を紹介します。

 

五臓と感情はつながっています

「中医学でいう五臓は、西洋医学の解剖学と共通部分もありますが、まったく別の考え方。『肝、心、脾(ひ)、肺、腎』はそれぞれ感情や味覚と対応しています。

 

最近すぐにイライラする場合は、肝が弱っているのかも。その場合は酸味のある食べ物を意識的にとるなど、その関係性を知っていると“養生”に役立ちます」

五臓と感情はつながっています

●イライラは肝の弱り

血の貯蔵や配給のコントロールを担います。「怒・イライラ」の感情、酸味に対応

●興奮しすぎに注意!

血液を巡らすポンプ役と精神を安定させる臓腑のリーダー。「喜・興奮」、苦味に対応

●脾が弱ると気力が低下

血や潤い、活動力となる「気」をつくり出す場所。「思・クヨクヨ」、甘味に対応

●悲しみは肺に影響します

「気」をつくり出して全身に巡らせ、防衛力を司っています。「悲・メソメソ」、辛味に対応

●恐怖の感情と関係

ホルモン分泌を司り、成長や生殖に関与。「恐・驚き」、鹹味(かんみ/塩味)に対応

更年期は“腎の弱り”。生命力が低下する時期

「中医学では、更年期はホルモンをコントロールして生命力の源となる『腎』の弱りと考えられています。その働きは、女性は28歳、男性は32歳をピークに下降線を描きます。

 

更年期には、栄養を運んで情緒を安定させる血が不足するので、血を補う食事や適度な運動などで、血の巡りをよくする養生が大切です」

 

 

イラスト/midorichan 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/読者1187人(平均50.5歳)に聞いた「あなたのストレス要因」ランキング。僅差の1位2位は?…

次の記事>

次の記事>
第3回/あなたのイライラ&うつはどちら?「気の滞り(気滞)」or「気の不足(気虚)」をチェック!…

この連載の最新記事

中医では「苦味」は不安定な心の安定剤的存在。お茶が役立ちます/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得<4>

第7回/中医では「苦味」は不安定な心の安定剤的存在。お茶が役立ちます/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得<4>

ベッドを整える習慣が心を平穏に保つのに役立ちます/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得<3>

第6回/ベッドを整える習慣が心を平穏に保つのに役立ちます/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得<3>

【笑顔の効果】作り笑顔でも脳がだまされ「気」が穏やかに!/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得<2>

第5回/【笑顔の効果】作り笑顔でも脳がだまされ「気」が穏やかに!/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得<2>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル