HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/stress-relief/293953/

本当につらいときはその状況や相手から逃げていい/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得

イライラやうつは、中医学の心得で軽くすることができるかもしれません。つらいときや心が折れそうになったとき、逃げる選択や誰かに頼ってみる選択肢を持っておきましょう。

 

本当につらいときには
相手から逃げていい!

何かから逃げる…ということには、どうしてもネガティブな印象がつきまといます。

 

「でもね、目の前に熊が現れたら、あなたは戦いますか?(笑) それと同じことです。ストレスで押しつぶされそうになったら、それを我慢する必要はありません。逃げるのではなく、危機状態からの脱出です。しかも、つらいと思ったときが行動を起こすタイミングです」。

 

嫌な相手や状況から逃げることは恥ずかしいことではなく、選択肢のひとつです。

本当につらいときには相手から逃げていい!

 

心が折れそうなときに
頼れる場所を作っておく

人に弱みを見せたくない、頼るのは苦手…という人もいて、そんなタイプほど一人で悩みを抱えて重症化しがち。

 

「しかし、食事がとれない、逆に過食に走る、眠れない…といった身体的な症状が現れたら赤信号。そうなる前に、家族や友人など素直に話ができる人に甘えるようにしましょう。

 

身近にいない場合は、メンタルケアや法律などの専門家、ボランティア団体など、プロのセーフティネットを利用するという方法もあります」

 

 

お話を伺ったのは

櫻井大典さん 国際中医専門員

櫻井大典さん
Daisuke Sakurai

国際中医専門員、日本中医薬研究会会員。年間5000件以上の相談をこなす漢方専門家。アメリカ・カリフォルニア州立大学で心理学や代替医療を、イスクラ中医薬研修塾で中医学を学ぶ。中国で研修を修了し、国際中医専門員A級資格取得。著書多数

 

 

イラスト/midorichan 構成・原文/山村浩子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第10回/【涙を流す効果】悲しさや悔しさは、涙ですっきり/更年期のイライラ&うつを解消する…

次の記事>

次の記事>
第12回/ストレス発散法の基準は「自分も人も傷つけない」こと!/更年期のイライラ&うつを解…

この連載の最新記事

ストレス発散法の基準は「自分も人も傷つけない」こと!/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得

第12回/ストレス発散法の基準は「自分も人も傷つけない」こと!/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得

本当につらいときはその状況や相手から逃げていい/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得

第11回/本当につらいときはその状況や相手から逃げていい/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得

【涙を流す効果】悲しさや悔しさは、涙ですっきり/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得

第10回/【涙を流す効果】悲しさや悔しさは、涙ですっきり/更年期のイライラ&うつを解消する「中医学」の心得

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル