横森理香『コーネンキなんてこわくない』刊行スペシャル★アンチエイジング旅①「不老ふ死の湯へ」


4月末に発売された横森理香さんの『コーネンキなんてこわくない』。

更年期の心身の不調解決に次々チャレンジしたエッセイは、新聞、女性誌や、ラジオ、テレビなどでも話題に!! 

そんな横森さんが、「コーネンキ」の先にあるものを追い求めて、青森県の、その名も「不老ふ死温泉」へ。

 

 

Ourageで一年半続けた更年期チャレンジ連載コーネンキなんてこわくない』が一冊にまとまった頃、私は閉経を迎えた。たぶん。

 

一年ないと閉経だというが、最後にあったのが二月。その前が11月。だんだん生理周期が伸びているから、ぼちぼち閉経、というところだろうか。

 

体感としては、もうホルモン状態も安定している気がする。体調は常に良く、体力もついて来た。無駄に元気な五十代である。

 

「コーネンキ渦中は大変だけど、やがて終わるから大丈夫」

 

というのが、『コーネンキなんてこわくない』のメッセージだ。その間、色々チャレンジして乗り切ろう!というガイドブックである。ぜひお手元に置いてみてほしい。

 

横森理香青森IMG_2229

4月に出版してからは、新聞・雑誌のインタビューを受けたり、テレビ、ラジオに出演したり。セミナーで大阪や福山にも行き、大忙しでした。さらに青森の高校に講演会に行くことに・・・

 

 

さて、コーネンキが終わり、閉経を迎えたら、どうなるか?  これからは、めくるめく老化との戦いだ(笑)。ここからが、アンチエイジングの「本番」といってもいいだろう。

 

フンドシの紐を締め直していた頃、私と編集者Kは、財団法人一ツ橋文芸教育振興会が主催する「高校生のための文化講演会」で、津軽に派遣された。

 

「五所川原で一講演、鰺ヶ沢で一講演」

 

「って、どこ?」

 

青森は二十年ほど前、秋田に住んでいた母と義父と、私と夫で訪ねたことがある。当時三十代で子宮筋腫と不妊に悩んでいた私は、仏ヶ浦と恐山に行ってみたくて、ゴールデンウィーク、桜満開の青森を旅した。三内丸山遺跡にも行った。秋田からだって、遠かった。

 

「津軽・・・」

 

「津軽、といえばりんご」

 

「不老ふ死の湯があるよ」

 

Kはおもむろにガイドブックを取りだした。見ると、日本海に沈む夕日がひょうたん型の露天風呂から見える、黄金色の温泉だった。

 

横森理香露天不老不死

夕日も温泉も黄金色に染まり、素晴らしい絶景!!
「不老ふ死温泉」の露天風呂に入れば、元気で長生き♡と一目惚れ

 

 

 

「す、素敵✨」

 

日本海ぎりぎりに設えてある露天風呂もそそられるが、ネーミングが良い。

 

「不老ふ死」なんて、アンチエイジングの極みではないか!!

 

青森市内に前泊してから翌朝車で移動の予定だから、二講演終わったあと在来線に乗れば、一時間半で「不老ふ死の湯」近くのウエスパ椿山駅に着く。

 

こんな機会でもなければ、気軽には行けない距離だ。行かないでか!!  若返りのためだ、エイエイオー!

 

 

 

いよいよ「不老ふ死の湯」への旅が始まります!

シェア ツイート LINEで送る
第12回
横森理香『コーネンキなんてこわくない』刊行スペシャル★アンチエイジング旅①「不老ふ死の湯へ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top