更年期世代の手指の不調。初期症状段階からの治療が始まっています


昨年夏にお届けした全4回の「手の痛み、しびれ、こわばりをなくしたい!」の記事が今もランキング上位に登場するほど、「手の不調」についての情報を求めている人は多いようです。

手指セミナー1

そんな「手の不調」に関するセミナーが開催されると聞きつけ、参加してきました。会場入り口には今後行われる学会案内などがズラリ。実はこの日は、日本手外科学会による医師たちのための学術集会。手外科の最新医療や研究発表などが2日間に渡って行われる場だったのです。

 

 

拝聴したのは、そのうちの1つ「更年期以降の女性の手指の不調」というセミナー。会場は満員で、私たちOurAge世代にも、医師たちにとっても注目度が高いテーマなのだとあらためて感じました。

手指セミナー2

まずは「女性の健康とメノポーズ協会」(メノポーズ=更年期)の理事長を務める三羽良枝さんによる講演です。

 

 

「設立してから22年になる当協会では、女性の生涯を通した健康づくりと、ワーク・ライフ・バランスに関する啓発、推進、サポートに取り組んでいます。活動の1つとして、協会認定の〈女性の健康相談対話士〉が応対する健康電話相談を週2回実施しています」

手指セミナー8

健康電話相談は20年前から始め、5万5千件以上の相談記録ファイルデータがあるのだとか。そんな中で、「手のこわばり」に悩む相談も数多く寄せられているそうです。

手指セミナー3

事務職に就く女性(50歳)からの相談ケースでは、手指のこわばり・痛みで仕事に支障を来しているとのこと。整形外科、皮膚科、内科といろいろ病院を回っても「仕事を変えたら」「気にしすぎ」などの診断しかなく、治療法が見つからないとして電話をかけてこられたそう。

 

 

「離婚していて子育てと母の介護もあるため仕事は辞められない。痛みが治まらない辛さから不安感やパニック感も出てきてしまうほど追い詰められているというご相談でした。内科医からは、神経過敏になっているので精神神経科での受診を勧められたとのこと。健康相談対話士は、エビデンスに基づいた医療・健康情報としてエクオール成分『エクエル』の摂取と、手外科外来・更年期外来の受診を勧めました。

 

 

更年期症状は多様ですから、女性ホルモンの視点を持たないと各科を訪れることになってしまいます。女性が働くようになった現代、長く働き続けるために女性自身はもちろん、男性も職場も、女性特有の健康課題についてもっと知識を持っていただきたいと願っています」

 

 

次のページで、手外科の専門医による講演についてご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント(2)

    指の不調は、何気ない日常の動作が不自由になってしまうこともあって、おつらいですね。どうぞお大事にしてください。

    ourage-editor - 2018年7月6日 19:21

    ヘバーデンで悩んでます。指はまっすぐでしたが、ゼリー状?のものみたいなのがプクッとできたので手術をして、中がすり減っ変形してる第一関節からはみ出た骨を削りました。手術前は痛みもなく水ぶくれがあるぐらいでそれを出してもらうだけのつもりでした。手術の後、第一関節が腫れ前に曲がってます。
    悩んでいる方が多いというので早く良い治療法ができればうれしいです。
    痛みがありつらいですが、今どうしていいかわかりません。。。

    paty - 2018年6月20日 23:11
    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top