HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/about-menopause-period/283686/

子宮頸がんと子宮体がんの違い、年齢別罹患率、早期発見のポイントは?

子宮頸がんが増えているのは、先進国では日本だけ! この事実を受け止めて、厚生労働省が子宮頸がんワクチン接種を逃した一定年齢の女性に対し、無料接種をすると決めたことが話題になっています。一方、実は子宮体がんの患者数も右肩上がり。「どちらも検診で予防できるはずのがん」と肝に銘じて!

 

それぞれのがんの特徴を理解し、真剣に予防に取り組みたい

自治体などでも力を入れている「子宮がん検診」といえば、一般的に「子宮頸がん検診」を指すことを知っていますか? これは子宮頸部(入り口)の細胞を取って調べる検査です。

 

子宮がんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」のふたつがあり、体がんのほうは普通の子宮がん検診では見つけられません。子宮内膜にできるので、内膜の検査をする必要があるのです。

 

40代〜50代に多く、閉経前後であれば超音波検診、不正出血があれば子宮内膜の細胞診も行います。

 

●年齢別・子宮頸がんと子宮体がんの罹患率

年齢別・子宮頸がんと子宮体がんの罹患率

国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」(全国がん登録)2018年より

 

ふたつのがんは、できる部位が違うだけでなく、性質がまったく異なることを覚えておきたいもの(下の図を参照)。

 

◆こんなに違う! 子宮頸がん子宮体がん

こんなに違う! 子宮頸がんと子宮体がん

40代に多いのが 子宮頸がん

40代に多いのが子宮頸がん

  • できる場所……子宮頸部(子宮の入り口)
  • 年代……20代から増加(ピークは40代)
  • 初期症状……ほとんどなし
  • 直接の原因……HPV(ヒトパピローマウイルス)感染
  • かかりやすい人……性交相手が多い、喫煙、ワクチンを接種していない、検診を受けていないなど

 

50代に多いのが 子宮体がん

50代に多いのが子宮体がん

  • できる場所……子宮体部(子宮内膜)
  • 年代……40代から増加(ピークは50代)
  • 初期症状……不正出血
  • 直接の原因……女性ホルモン(エストロゲン)による子宮内膜の肥大
  • かかりやすい人……閉経前後、妊娠・出産経験がない、肥満、糖尿病、高血圧、卵巣がん・乳がんの既往など

 

「頸がんはウイルス感染が原因のため、ワクチン接種と検診でほぼ完全に予防できます。それなのに年間2800人が死亡しているという歯がゆい事態。

 

厚生労働省は一時、ワクチン接種の勧奨を差し控えていましたが、いよいよ積極的な姿勢に。2022年4月から10代前半は無料接種が受けられるように、医療体制も変わっています。

 

一方の子宮体がんは、更年期世代に急増していますが、早期の発見で95%近くが治るがん。初期症状には必ずといっていいほど不正出血があるので、気づいたらすぐ受診することが早期発見の要ですね」(対馬ルリ子先生)

 

 

 

お話を伺ったのは

対馬ルリ子先生

対馬ルリ子さん
Ruriko Tsushima

1958年生まれ。対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長。産婦人科医、医学博士。女性の生涯にわたる健康推進活動に積極的。『「閉経」のホントがわかる本 更年期の体と心がラクになる!』(集英社)が大好評。

ホームページはコチラ

 

八田真理子先生

八田真理子さん
Mariko Hatta

産婦人科医。1998年、千葉県松戸市で女性のためのクリニック「ジュノ・ヴェスタクリニック八田」を開業。著書に『産婦人科医が教えるオトナ女子に知っておいてほしい大切なからだの話』 (アスコム) など。

ホームページはコチラ

 

 

イラスト/かくたりかこ グラフ作成/ビーワークス 構成・原文/蓮見則子

 

 

お悩み別の記事を読む

子宮
卵巣
がん
痩せる
セルフケア
筋活

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第2回/40代以降の子宮内膜症は心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上がる!?/子宮内膜症と子宮腺筋症(後)…

次の記事>

次の記事>
第4回/閉経前後に多い「子宮体がん」は食生活や運動習慣が影響するってホント?…

この連載の最新記事

更年期世代なら、人生の全部を共有できる婦人科医をかかりつけ医に/八田真理子医師

第10回/更年期世代なら、人生の全部を共有できる婦人科医をかかりつけ医に/八田真理子医師

膣まわりや骨盤底が冷えてこり固まっている人が多い。子宮や卵巣の老化の要因に!?/対馬ルリ子医師

第9回/膣まわりや骨盤底が冷えてこり固まっている人が多い。子宮や卵巣の老化の要因に!?/対馬ルリ子医師

HBOC(遺伝性乳がん卵巣がん症候群)とは? HBOCチェックリストで自己診断

第8回/HBOC(遺伝性乳がん卵巣がん症候群)とは? HBOCチェックリストで自己診断

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル