OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/menopause/242927/

【朝】朝食はトリプトファンを含む食品を!/自律神経を整える生活習慣②

気持ちよく目覚めた後は、体のリズムを整えるためにしっかりと朝ごはんを取りましょう。トリプトファンを含む食品で夜の睡眠の質を高める効果も!

 

お話を伺ったのは

梶本修身さん 医学博士

梶本修身さん
Osami Kajimoto

1962年生まれ。東京疲労・睡眠クリニック院長。医学博士。医師。大阪大学大学院医学研究科博士課程修了。2003年より産官学連携「疲労定量化および抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者を務める。著書に『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)シリーズなど

 

7:30

朝ごはんは抜かずにとって体のリズムを整える

 

忙しくても朝ごはんは抜かずにとるのが正解。

 

「太陽光を浴びることと同様に、朝食をとることも生体リズムを正しくリセットする効果があり、このふたつのアクションはとても重要。

 

主食とおかずをしっかりとるのが理想的ですが、時間がないときはフルーツだけでもいいので、朝は何かしら食べましょう」

 

 

7:30 朝食でトリプトファンを含む食品をとり夜の睡眠の質を高める

朝食でトリプトファンを含む食品をとり夜の睡眠の質を高める

 

朝食におすすめなのが、トリプトファンを含む食品。

 

「トリプトファンは必須アミノ酸の一種でセロトニンの材料になります。セロトニンは夜になると睡眠を促すメラトニンに変化。ですから朝にとるならトリプトファンを含む食品がおすすめです。

 

トリプトファンは、チーズや牛乳などの乳製品や、大豆食品、バナナ、そばなどに多く含まれています」

 

 

7:30

自律神経が完全に目覚めていない朝の散歩やジョギングはNG

 

朝起きてすぐの散歩やジョギングは、おすすめできない習慣。

 

「朝早い時間は自律神経がまだ十分に目覚めておらず、正しく働ける状態になっていません。そんなときに運動をすると、心拍や血圧のコントロールが追いつかず、心筋梗塞などを招く危険も。

 

朝は運動は避け、起床時に布団の中で軽く体を伸ばす程度で十分です」

 

 

イラスト/いいあい 構成・原文/和田美穂

 

 

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第3回/【朝】スムーズに交感神経に切り替えるため、目覚ましの音を変える!/自律神経を整える生活習慣①…

次の記事>

次の記事>
第5回/【日中】サングラスで紫外線対策が、自律神経の疲労を防ぐ!/自律神経を整える生活習慣③…

この連載の最新記事

57歳読者がトライ!「自律神経」機能年齢が70歳から52歳に!/自律神経を整える一日の最強の過ごし方⑦

第9回/57歳読者がトライ!「自律神経」機能年齢が70歳から52歳に!/自律神経を整える一日の最強の過ごし方⑦

【夜】脳をクールダウンさせる呼吸法は?就寝前の飲み物は?/自律神経を整える生活習慣⑥

第8回/【夜】脳をクールダウンさせる呼吸法は?就寝前の飲み物は?/自律神経を整える生活習慣⑥

【夜】副交感神経を優位にする「筋弛緩法」とは?/自律神経を整える生活習慣⑤

第7回/【夜】副交感神経を優位にする「筋弛緩法」とは?/自律神経を整える生活習慣⑤

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル