HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/menopause/278392/

閉経移行期を穏やかにコントロールできる時代に/新しい「閉経」とのつきあい方(前)

閉経へ向かう期間は、女性ホルモンが激しく乱高下しながら減っていきます。個人差が大きく、人と比較できないことだからこそ、信頼できる婦人科医と二人三脚で、閉経を緩やかにコントロールしていくのが理想です。

 

体の状態をきちんと把握してホルモンの波を乗りこなす

閉経とは、卵巣が寿命を迎え、永久に月経がなくなることを指します。閉経年齢は平均で50歳頃となっていますが、実際にはかなり個人差があり、40代前半で閉経する人もいれば50代後半でやっと閉経する人も。

 

しかも閉経にいたるプロセスも千差万別です。月経不順や心身の不調が出はじめると、誰でも閉経が近いのかどうかを知りたくなります。

 

そんなとき、何でも相談できる婦人科医を持っていれば、症状の聞き取りや女性ホルモン値の検査などをして、ある程度判断してくれるものです。

 

「閉経前後はホルモンの揺らぎが大きく、思わぬことが起こります。仕事に行けないほどの月経痛や突然の大出血など。それでも『年だから仕方ない』『これは病気じゃない』などと、婦人科に行くことをためらう人もいます。

 

でももう我慢する時代ではありません。できる治療はたくさんあるんですよ。大きな病気が見つかりやすい時期でもあるので、かかりつけ医を持つことは何より大事です」(八田真理子先生)

 

個人差が大きく、人と比較できないことだからこそ、自分の体のことは自分でしっかり把握して。ホルモンの揺らぎや波を乗りこなし、ゆったり過ごそうという心意気を。

 

 

女性ホルモンと「閉経」「更年期」

女性ホルモンと「閉経」「更年期」表

女性ホルモンの分泌量を軸に、閉経と更年期の時期を表しています(年齢や時期は平均)。月経がこない状態が1年以上続いたとき、1年前を「閉経」といい、その時点の年齢が閉経年齢に当たります。

 

更年期」は閉経を挟んだ前後5年ずつ、10年間のこと。どちらも過去を振り返らないとわからないものです。

 

かかりつけ医であれば、女性ホルモン値「E2」の数字が下がり、ホルモン分泌の指令「FSH」の数値が上がれば更年期という予想もできますが、ホルモンはアップダウンが激しく数値が大きく変動するため、1回の検査数値ではわからない場合もあります。

 

正しく覚える「閉経」の意味

月経が止まって1年後に、「最後に月経がきたとき」を振り返り、その時点を閉経とみなします

「更年期」とは時期の名前です

「閉経を挟んだ前後5年、合計10年間」と定義されています。一方、更年期障害は病気の名前

更年期に注目したいふたつの数値

E2は女性ホルモン「エストロゲン」、FSHは脳の下垂体から分泌される「卵胞刺激ホルモン」

更年期には「ホルモンは減り、指令が増える!」

卵巣の機能が落ちてホルモンを出せなくなればE2は下がり、「もっと出せ」信号FSHは上がります

 

 

お話を伺ったのは

対馬ルリ子先生

対馬ルリ子さん
Ruriko Tsushima

1958年生まれ。対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿理事長。産婦人科医、医学博士。女性の生涯にわたる健康推進活動に積極的。『「閉経」のホントがわかる本 更年期の体と心がラクになる!』(集英社)が大好評。

ホームページはコチラ

 

八田真理子先生

八田真理子さん
Mariko Hatta

産婦人科医。1998年、千葉県松戸市で女性のためのクリニック「ジュノ・ヴェスタクリニック八田」を開業。著書に『産婦人科医が教えるオトナ女子に知っておいてほしい大切なからだの話』 (アスコム) など。

ホームページはコチラ

 

 

グラフ作成/ビーワークス 構成・原文/蓮見則子

 

 

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第5回/10代~70代、年代別「かかりやすい婦人科系の病気」/女性のライフステージと病気(後)…

次の記事>

次の記事>
第7回/不安な閉経移行期、どんな状態なら婦人科に行くべきなの?/新しい「閉経」とのつきあい方(後)…

この連載の最新記事

「子宮脱」って子宮がどうなるの? 臓器脱の種類と治療法は?/更年期からの骨盤臓器脱(後)

第15回/「子宮脱」って子宮がどうなるの? 臓器脱の種類と治療法は?/更年期からの骨盤臓器脱(後)

「骨盤臓器脱」はあなたにも起こる!? その初期症状と原因は?/更年期からの骨盤臓器脱(前)

第14回/「骨盤臓器脱」はあなたにも起こる!? その初期症状と原因は?/更年期からの骨盤臓器脱(前)

フェムゾーンはGSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)になると、具体的にどう変わるの?

第13回/フェムゾーンはGSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)になると、具体的にどう変わるの?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル